法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

近現代

日系人収容所の歴史小説が米国の学校から排除されたことは問題だが、それをつたえるツイートへのリプライにも頭をかかえる

NPOサルタック*1の畠山勝太氏が、米国の学校で「焚書」がおこなわれている問題のひとつとして、日系人収容所の歴史も隠されようとしているとツイートしていた。 アメリカの学校で焚書の嵐が吹き荒れているけど、第二次大戦中の日系アメリカ人の強制収用を描…

南京事件について「そもそも東中野氏だって専門家なんです」と反駁するとか、藤栄道彦氏は本当にそういうとこだぞ

漫画家の藤栄道彦氏が、またツイッターで商業作家らしからぬ「引用」の基準を見せていた - 法華狼の日記 「ナチスは良いこともした」という逆張り その根底にある二つの欲求:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASQ5S4HFPQ5SUPQJ001.html …い…

漫画家の藤栄道彦氏が、またツイッターで商業作家らしからぬ「引用」の基準を見せていた

数年前、藤栄氏のツイートや作品が話題になったことを受けて、該当するコマを引用してエントリを書いたことがある。 接客を題材にした漫画『コンシェルジュ』の作者による、誤解しようのないオモテナシ - 法華狼の日記 しばしば作者の政治性を稚拙に反映させ…

『ソローキンの見た桜』

愛媛県の松山市に、日露戦争で捕虜となり亡くなったロシア人たちの墓地がある。慰霊と清掃がつづいている現代、ひとりの記録と墓碑が不整合をきたしている謎が注目される。その捕虜の名前こそソローキン。現地松山の看護師、武田ゆいと愛をはぐくんだ男…… 日…

『太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」』

太平洋戦争より前、艦船の保有率が、米英日で十対十対七と決められた軍縮条約。それに不満をもつ海軍は、日本に不利な軍縮がつづかないよう、頑迷な山本五十六を予備交渉の場に送りこむ。しかし山本は国力に見あった軍縮は必要と考え、駐英大使と協力する腹…

過去の日本による植民地支配を正当化する内容でさえあれば、情報源がカルト宗教でも気にしない人が多すぎる

まったく関係ない話題へのリプライとして*1、下記ツイートが引用リツイートされているところを見かけた。 日本統治時代の真実——やっぱり、昔の日本統治時代を生きた人たちの実際の声をきくのが一番ですよ。昔のことを知らない今の人たちが歴史について云々語…

自民党参議員の山田宏氏が弾圧しようとしている百科事典ポプラディアの記述は、おおむね歴史学的には妥当と思われる

ツイッターで情報提供されたことを受けて、山田氏が「酷い」と評して「対応策を検討」すると表明していた。 ありがとうございます。早速確認しました。酷い「百科事典」ですね。対応策を検討します。 https://t.co/XX0oDJJuLX pic.twitter.com/JGv0iq19AK— …

ひきこもり専門家の上山和樹氏は、表現の自由を攻撃して誹謗中傷に加担するような人物

上山氏*1のツイートが、はてなブックマーク*2で批判的な注目を集めていた。 雁琳氏より北村紗衣側を応援する大学人(それも著名な)がけっこういる様子なのに驚いてる。といっても散見されたのは社会学やフェミニズム界隈なので、もうそっち系の人にはまとも…

アングレーム漫画祭で日本軍慰安所制度を正当化しようとした「論破プロジェクト」のひどさを思い返す

日本人の多くは、かつてアングレーム国際漫画祭で従軍慰安婦性奴隷否認論をマンガとして出典した事の愚かさを理解していない。日本側がスルメロックだかはすみとしこのような絵で、内容も韓国の悪口を描いただけの下劣なマンガを出す一方、韓国は丁寧なイラ…

表現や発言に攻撃を加えてきたのは一般人、と主張する漫画家の藤栄道彦氏は、単に権力による攻撃を除外しているだけ

政治家による漫画規制の動きにおいて、政治家の立場を誤認するように漫画の一頁が断片的に流れていることを紹介した。 『アニメ店長』の断片的な描写から、あたかも蓮舫氏が表現規制派のように受容されている違和感 - 法華狼の日記 それに対して、別の私のエ…

戦後女性が米兵によりそう写真の評価を見て、フェミニズムが失敗する理由を思った

note.com 「やまもとやま@mt_yamamoto_」氏による上記note記事が賛否とともに注目を集めていた。 話題になった後、私個人の興味関心に近しい歴史的な写真の解釈を読んだところ、フェミニズムの表現が通用しない理由を痛感してしまった。 太平洋戦争終戦後の…

『NHKスペシャル』新・ドキュメント太平洋戦争 「1941 第1回 開戦(後編)」

真珠湾攻撃に向かう兵士たち、初戦の勝利にわきたつ庶民、そして戦争目的の乖離をうれえる陸軍の一参謀の手記をとおして、対米戦争開戦の雰囲気を描き出す。 www.nhk.jp 太平洋戦争がはじまってから八十年、すなわち日中戦争は無視して、真珠湾攻撃にはじま…

『進撃の巨人』の被差別収容者を象徴する腕章グッズが批判され、販売中止を決定したとのこと

注目を集めたグッズ販売告知は、アニメ公式アカウントによるツイートだった。 【マーレの腕章】が登場!3色セット、完全受注生産にて発売いたします。キャラクター着用の腕章を忠実に再現いたしました。■受注期間:11/15 (月) 0:00 ~ 12/3 (金) 23:59 まで■…

『長沙里9.15』

南下する朝鮮人民軍に対して、米国と韓国の連合軍は仁川での大規模な反転攻勢を計画していた。その陽動のため、まともな訓練もしていない学生兵を朝鮮半島の反対側、嵐の夜の長沙里へ上陸させるが…… 朝鮮戦争を舞台にした2019年の韓国映画。『タイフーン』『…

軍艦島が「地獄」と呼ばれたのはいつから?

もちろん日本人証言者でも、少なからず炭鉱夫の苦難を語っていたことが記録されている。 note.com 一方で、世界遺産を広報する立場からは、登録時に条件づけられた強制連行の明記に抵抗して、くりかえし支配者側からの美化が表明されている。 ドキュメンタリ…

ずいぶんひさしぶりに揶揄表現としての「おタッキー」を見かけた

公文書にもとづくメディア研究で知られる早稲田名誉教授の有馬哲夫氏は、近年になって極端に保守的な歴史観をあらわにしている。 NHK解体新書 朝日より酷いメディアとの「我が闘争」 (WAC BUNKO 311)作者:有馬哲夫ワックAmazon そして同じく真面目な経済学者…

ソン・ガンホで見る韓国史

togetter.com 『弁護人』 - 法華狼の日記 こうなるとソンガンホひとりで韓国近現代の激動を描けそうな気がしてきた。 やってみた。 1905年 ソン・ガンホ、植民地朝鮮で支配者と野球対決*1 1923年 ソン・ガンホ、日本統治下の警官として独立運動に潜入*2 1950…

第二次安倍政権で学問的知見より閣議決定を優先して教科書に記述できるようにされた問題が、ついに動き出してしまった

維新の会と自民党が国会で予定調和のような質疑をおこない、従軍慰安婦と強制連行という歴史用語を無理やり否定したことがあった。 hokke-ookami.hatenablog.com どうやらその閣議決定を根拠として文科省が説明会を開いて、教科書の記述まで書きかえられてし…

日本の敗北による植民地解放に別の文脈が生まれたように、国境を超えて少女が仲良くする光景にも別の文脈が生まれうる

第二次世界大戦のビルマ戦線について、日本側証言などを新たに収集した同人誌『ビルマ方面海軍部隊、死闘と生還の記録』。 booth.pm 書店にも置かれてツイッターで広く紹介され、その十数日後に注目が集まり、表紙に対する疑問が多数ぶつけられていた。 [B! …

カンボジア内戦でポルポト政権の虐殺が軽視された経緯は、ロンノル政権の虐殺を重視した取材回想を読むと少し理解できる

アフガニスタンの混乱を受けてか、かつて朝日新聞に掲載されたカンボジア紛争の記事が再注目されているようだ。 hokke-ookami.hatenablog.com くわしくは上記エントリに書いたが、「アジア的な優しさ」は首都進攻が穏健に見えたことを評しており、それも対立…

『ハクソー・リッジ』

第一次大戦帰りの父親にあおられて、幼いデズモンドは弟へひどい暴力をふるってしまう。成長したデズモンドは暴力を嫌うようになったが、対日戦争のため軍隊に志願した。 しかしデズモンドは軍隊でも暴力を嫌い、けして銃にさわろうとしない。それでも組織や…

『 終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」』

1945年5月の福岡。教授に呼ばれて捕虜の手術に参加した助教授は、人体実験をしていることに気づく。 敗戦とともに裁判がはじまり、拘置所の教授は軍に命令されたが自分に全責任があると遺書をのこして自殺。 助教授は出廷できるなかでの最高責任者として、死…

『NHKスペシャル』東京ブラックホールⅡ 破壊と創造の1964年

オリンピック直前の混沌とした東京。記録映像と再現映像を組みあわせて、田舎の若き労働力を飲みこむブラックホールとして描きだす。 東京ブラックホールⅡ 破壊と創造の1964年|NHKスペシャル 1964年は、東京オリンピックが開催され、日本に“夢と希望があふ…

歴史認識論争についての記述を読むかぎり、DavitRice氏の記憶力や要約力は信用しづらいし、誠実な対応をする信頼ももちづらい

hokke-ookami.hatenablog.com 上記エントリと関連あるようなないような話。 日刊ゲンダイなどに寄稿しているid:DavitRice氏の下記エントリで私が言及されていた。 davitrice.hatenadiary.jp 応答を求める意見が第三者からあったので*1、「北村紗衣」氏の誤記…

半世紀前のNHKによる軍艦島ドキュメンタリ『緑なき島』について、あらゆる意味で問題はないと国会でNHK側が答弁していた

1955年にNHKの制作した短編ドキュメンタリ『緑なき島』。 当初は軍艦島関係者からも好意的に紹介されていたが、朝鮮人徴用工の被害を否認したがる人々によって、2019年ごろから攻撃を受けるようになった。 hokke-ookami.hatenablog.com hokke-ookami.hatenab…

良いこともしたナチス党員はいると思うのだが

ナチス研究者の田野大輔氏による警鐘記事が話題になっていた。 gendai.ismedia.jp 善行をおこなったナチス党員だが、雇ったユダヤ人が強制収容所に送られることをふせいだオスカー・シンドラーや、南京で日本軍の暴虐から安全区をまもったジョン・ラーベなど…

『花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』デイヴィッド・グラン著

北米の先住民は多くの部族が故郷を追われつづけた。しかしオセージ族は先住民の血をひく弁護士の助けで、居留地の契約書に地下資源の権利をすべりこませる。そして発見された石油の権利で裕福な生活をおくることができた。 しかし1920年代になって、オセージ…

国家が加害者としての態度を問われた時、被害者へ配慮しすぎたなどと踏みつける必要がどこにあるのか

米中が日本に「踏み絵」をせまるという表現を、どの報道もタイトルで使いがち - 法華狼の日記 想像するに、「踏み絵」は歴史的に宗教弾圧のため権力者がつかったことから、選択を強要される理不尽さそのものをにおわす表現として好まれるのではないだろうか…

「従軍慰安婦」という表現をつかわないのはいいのだが、閣議決定の根拠には大いに問題あり

「従軍慰安婦」や「強制連行」といった歴史用語について質問した維新の会の馬場伸幸氏に対して、「慰安婦」という用語が適切と答弁したという。 「従軍慰安婦」表現は不適当 「強制連行」も 政府答弁書 教科書は使用 - 産経ニュース 答弁書では、平成5年の…

亀田俊和氏の「非モテ」の歴史と「反フェミ」の現在

日本中世史家の亀田俊和氏と、「非モテ」という概念にまつわる歴史 - 法華狼の日記 「非モテ」当事者として活動している集団「革命的非モテ同盟」は、2009年の取材時点で状態のみを指す概念ではないと表明していた。 上記エントリに対するはてなブックマーク…