法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

アニメ

原発事故は大張正己監督でアニメ化すると良いんじゃないかという思いつき

『Fukushima 50』 - 法華狼の日記 過去に津波対策をおこたったことを描けば、知識のある観客は感心しただろうし、むしろ映画の味わいが増したのではないか。悔恨を動機として全力をつくす物語も、英雄の人格に厚みが生まれて、それはそれで娯楽として悪くな…

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第4話 はじけるキュアパパイア! これが私の物語!

一之瀬みのりという二年生は、幼いころから人魚姫の物語を愛していた。人間の少女と人魚姫が協力して冒険をくりひろげる小説を創作するほどに。 しかし文芸部からはなれた一ノ瀬は、ひとり図書室で物語を愛するようになった。そこに夏海と鈴村という後輩があ…

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第3話 自分を信じて! キュートいっぱい!キュアコーラル!

夏海は鈴村をはじめ、仲良くなったクラスメイトとともに街を見てまわり、水族館を楽しんだ。 鈴村は周囲が見てなくても他人へ親切にできるが、周囲がジュゴンの顔を笑う流れには逆らえない。 迷わずジュゴンの顔もかわいいという夏海に、鈴村は劣等感をいだ…

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第2話 まなつとローラ! どっちのダイジが一番大事?

小さなマーメイドアクアポットに隠れられるローラだが、夏海の願いを無視するように勝手に外へ出ては水につかる。 一方で夏海は新しい学校生活を楽しもうと、さっそく涼村と仲良くなり、部活オリエンテーションを待望するが…… 前回につづいて横谷昌宏が脚本…

『トロピカル~ジュ!プリキュア』第1話 トロピカれ! やる気全開!キュアサマー!

小さな島にわかれをつげて、都会へひっこす夏海まなつ。しかし船上でリップを海へ落としてしまう。 一方、人魚のローラはプリキュア探しを命じられ、不満な気持ちで深海の国から地上へむかっていた。 リップをひろったローラと、入り江で出会った夏海。ロー…

遊女リンの描写を増やした『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、遊郭の制度的な監視をアニメオリジナルで強調している

雑誌で読んだ対談だが、公式サイトで全文公開されているので、その紹介をかねて該当箇所を引く。 ikutsumono-katasumini.jp 2018年に亡くなった高畑勲監督は、2016年に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』をくりかえし見て、改善案なども語っていたと…

『アンパンマン』のバイキンマンは永遠の敵でありつつ根絶はしないが、学習漫画における病原体はどれだけ擬人化していても死滅させたりするよね

ある教育目的を明確に優先することで、別の教育目的は目をつぶることがある。 それを子供が読むこと、大人が読ませることをどう受け止めればいいのか、ということを今の論争*1とは少しずれたところで思った。 また、大人向けではちょうど細胞擬人化漫画『は…

『千と千尋の神隠し』の映像がDVDで赤くなった問題で、同じラボがDVD化した全く別作品も赤くなる寸前だったという証言

2001年に公開されてから十年以上にわたって日本の映画興行収入の1位につき、アカデミー賞も受けた宮崎駿監督の代表作『千と千尋の神隠し』。 しかし2002年のDVD発売時に色調の変化が問題視され、当初は対応するとの公式コメントが出されたが、劇場上映時の色…

京都アニメーションにおける労働環境の健全化が、最終的に虫プロダクションの手法に回帰した経緯が興味深い

京都アニメーション放火事件について、現地メディアの京都新聞が熱心に取材をつづけ、特集が組まれている。 www.kyoto-np.co.jp とおして読むことで、事件にいたった京都アニメーションの性格と、アニメ業界全体のありようが浮かびあがる。 報道としても評価…

ツイッターで見かけた『ドラえもん』主題歌ヒップホップ論

原作者の藤子・F・不二雄が作詞して*1、前ドラえもん役の大山のぶ代が歌った初期主題歌「ぼくドラえもん」*2。 ぼくドラえもん 40th発売日: 2019/05/10メディア: MP3 ダウンロード その歌詞について、「さすらいのヒモ@7WJp_Ebou」氏と「死魚@siniuo」氏がや…

『天気の子』

閉塞感のある島からぬけだしたくて、高校生の森嶋帆高は光を求めるように東京へ家出した。しかし記録的な降雨つづきの東京では仕事が見つからない。 須賀圭介という男の小さな編集プロをたよった森嶋は、晴れ女伝説の取材を手伝う。以前に出会った少女、天野…

話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選

特筆したい視点があったり、埋もれそうなエピソードを掘りおこす企画のため、各作品1話ずつで順位はつけない。 『ドラえもん』地球製造法/マジックチャック/楽々バーべキューセットはラクじゃない 『織田シナモン信長』第4話 雨音は戦いの調べ ~始まりは…

クメール・ルージュによるカンボジアの分断支配と虐殺を母親視点で描いたアニメ『FUNAN フナン』が日本で公開

2018年にアヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリをとった作品。 予告映像を見ると、美しく精緻な背景美術と、シンプルで影のない手描きキャラクター作画が、日本の子供向けアニメ映画のようだ*1。 www.youtube.com 特に、一時期の虫プロや亜細亜堂が…

『ドラえもん』ミラクルムービーを撮ってみた/クリスマスはおかしの家で

前後ともアニメオリジナルで、後半はひさしぶりに再放送。コロナ禍よりも劇場制作にリソースをまわしているためだろうか、近年のこの時期は再放送がくりかえされる印象がある。 「ミラクルムービーを撮ってみた」は、何度も試して奇跡的な一瞬を映像に残す遊…

『えいがのおそ松さん』

高校の同窓会へ出席したものの、ニートという立場を恥じて失敗してしまった松野家の六つ子たち。 そのまま酒に逃げて目をさました次の朝、不思議な光景が広がっていた。 そこは六つ子が高校の卒業式をむかえる前日の世界。本来の世界に戻るため六つ子は謎を…

『ドラえもん』とうめい人間目ぐすり/エレベーター・プレート

原作付きの二本立て。3DCGアニメ映画の宣伝はつづいているが、全体としては番組フォーマットが通常にもどった印象がある。 「とうめい人間目ぐすり」は、のび太が透明人間の小説をスネ夫から借りようとしたところ、ジャイアンに横取りされてしまう。たまたま…

東映アニメーションに団体交渉を求める演出家の署名

東映で作画監督とのトラブルから仕事を失ったという演出家に対して、まず会社は団体交渉の席についてほしいという署名がおこなわれている*1。 ネット署名 : 東映アニメーションはパワハラ・イジメを止めろ! 私の出したカメラアングルの指示について、絵を描…

『ドラえもん』バカ売れ!?週刊のび太/風船がとどけた手紙

OPが通常版にもどった。スタッフクレジットの変化はないようだ。 「バカ売れ!?週刊のび太」は、のび太が漫画雑誌に投稿した漫画が落選したことにはじまる。漫画をのせてくれる雑誌を求められ、ドラえもんは雑誌をつくる秘密道具を出した…… アンケート至上…

『ドラえもん』半分おでかけ雲/最強!ロボットペーパー

「半分おでかけ雲」は、のび太が珍しく紅葉狩りにさそわれるが、宿題を先に終えるよう母に止められる。そこで秘密道具で上半身だけハイキングに行くが…… 単行本に長らく未収録だった原作を、2005年以降で初アニメ化。すっかりローテに入った感のある杉島邦久…

『ドラえもん』スパイ衛星でさぐれ/ややこしい?うちでの小づち

前後ともに嶋津郁男がキャラ設定と作画監督を兼任。ここ最近の分業体制からは意外なスタッフ構成。作画は安定していて、むしろ通常の嶋津回より良いくらいで文句ない。 「スパイ衛星でさぐれ」は、何かの気配を感じているスネ夫がイタズラする場面ではじまる…

来年の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』の予告映像とスタッフ公開

山口晋監督は今年の映画のオマケ映像から予想できていたが、まさか佐藤大脚本になるとは思わなかった。 www.youtube.com シンエイ動画では『怪盗ジョーカー』でシリーズ構成を担当していたが、あまり好きな脚本家ではないので悩んでしまう。 一応、脚本家と…

『ドラえもん』テスト・ロボット/野比家でおもて梨

「テスト・ロボット」は、のび太がジャイアンが珍しく貸してくれた本を汚してしまう。そこで怒られずに返すにはどうするべきか、秘密道具で試行錯誤するが…… 中期原作*1を、意外なことに2005年以降初のアニメ化。永野たかひろ脚本、杉島邦久コンテ。 冒頭の…

『G-SAVIOUR-』

海底の研究基地で巨大ロボット「モビルスーツ」の操縦を担当していた元軍人マーク。ある日、沈没したモビルスーツを救助したマークは、宇宙から来た抵抗者と地球議会軍の衝突に巻きこまれる。そして人類を食糧危機から救う発光技術の争奪戦がはじまった…… ア…

『ドラえもん』カワムケルン/ユクスエカメラ

「カワムケルン」は、指につけることで色々な皮をむける秘密道具が登場。しかしドラえもんの指のない手ではつかえなかった。捨てるくらいならとのび太がもらうが…… 永野たかひろ脚本、腰繁男コンテ演出のアニメオリジナルストーリー。原作ではあやとりエピソ…

ポケモン的な「進化」を指す適切な言葉を考えている

『のび太の新恐竜』は同じ展開でもポケモン映画だったなら佳作になりえたかもしれないけど…… - 法華狼の日記 「進化」を成長のように描写しているところも、大人が台詞で語った多様性の肯定と重なるようで、実際には対立している。強い能力を獲得することが…

『ドラえもん』影ぼうしフラッシュ/ドラキュラセット

10月31日放映ということで、ハロウィンを意識した放送になっている。 アニメオリジナルでハロウィン描写を追加している前半もそうだし、西洋のドラキュラをモチーフにした後半もハロウィンを意識した原作選定だろう。 「影ぼうしフラッシュ」は、影踏み鬼で…

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

エウレカと呼ばれる災害により、東京が飲みこまれつつある近未来。災害と戦った父を七年前に失った少女アネモネは、自身も組織アシッドに所属し、七番目のエウレカとの戦いにおもむく。 災害の膨張と侵攻を遅らせるため兵器群が攻撃をつづけるなか、アネモネ…

『ときめきメモリアル』

藤崎詩織という少女が高校生活の終わりを目前に、穏やかな時をすごしていた。ある日かかってきた間違い電話の少女と、藤咲は何気ない会話を始める…… 1994年に大ヒットした恋愛攻略ゲームを、ブームがおちついた1999年にベテランスタッフでアニメ化*1。各巻が…

『ドラえもん』誕生!?大統領のび太/マッド・ウオッチ

「誕生!?大統領のび太」は、のび太が秘密道具で大統領になり、子供に千円の一時金を与えるルールをつくった。喜ぶ子供たちに真実を教えると、我先に大統領になろうとして…… 伊藤公志脚本による、米大統領選を意識したアニメオリジナルストーリー。劇中のTV…

『ドラえもん』ジ~ンと感動する話/あやうし!ライオン仮面

今週はどちらも初期原作。 「ジ~ンと感動する話」は、のび太が落ちこんでいたところ、先生が良い言葉ではげましてくれた。その感動を共有しようとのび太はみんなに話しかけるが、うまくいかない…… 2006年にアニメ化*1された短編のリメイク。善聡一郎コンテ…