法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

戦争

日本のBC級戦犯が有罪になったのは、そういうとこだぞ

捕虜にゴボウを食べさせたことが、戦後に虐待と誤解されて戦犯として裁かれたという都市伝説がある。 その謎を以前から追っているid:Apeman氏の問題意識を下記エントリにまとめた。 戦犯ゴボウ問題という都市伝説を疑うことは、BC級戦犯裁判は本当に不当だっ…

戦犯ゴボウ問題という都市伝説を疑うことは、BC級戦犯裁判は本当に不当だったのかと懐疑する意味がある

戦犯ゴボウ問題という都市伝説がある。戦後の映画や漫画でくりかえし描かれたそれを、十年以上前からid:Apeman氏が追いかけている。 「ごぼうを捕虜に食べさせて有罪になったB級戦犯」は都市伝説? - Apeman’s diary 「ごぼう 戦犯」でググるとたくさん出て…

はてな界隈で人気があったガメ・オベール氏という人物が、何をきっかけに失墜していったかをふりかえる

そういえば珍しく巻末に参考文献を載せていない「歴史の本」があって、それでウソがばれた出来事があったね - 法華狼の日記 上記エントリで思い出したガメ・オベール氏が、id:Apeman氏に批判されるようになった経緯を歪曲しているようなので、2010年の当時に…

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

月面探査機の撮影した白い影の正体をめぐって、宇宙人派と否定派で争うクラス。そこで野比のび太はウサギ論をとなえ、両派から失笑される。 のび太はドラえもんに泣きつき、かつて事実と思われていた空想を現実と認識する秘密道具を出してもらう。ふたりは月…

映画『主戦場』を監督したミキ・デザキ氏が中立の立場から双方の意見を聞こうとしたのは、良くも悪くも事実なのだろう

日系米国人で上智大学の大学院生となったミキ・デザキ氏が、従軍慰安婦問題で争う複数の人物に取材。対立した意見を編集したドキュメンタリーを完成させ、話題になっている。 www.youtube.com 残念ながら観賞できる余裕がまだないが、制作中の情報を最初に知…

IWG報告書で従軍慰安婦問題を否認しようとする自民党議員の山田宏氏を見て、日韓合意の建前としての無力さを改めて痛感する

「最終的かつ不可逆的」な日韓合意において、「当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」*1と事実認定がされているのではなかったか。 《動かぬ証拠第4弾 》「性奴隷」の「証拠」は世界どこ探してもない。「IWG米国議会への最終報…

『オペレーション・クロマイト』

南進した朝鮮人民軍が半島の大半を占領した1950年、連合軍司令官として東京にいたマッカーサーは大規模な上陸作戦を計画する。 その作戦に必要な情報を収集するため、諜報部隊が朝鮮人民軍になりすまして潜入、敵将校と接触することになったが…… 朝鮮戦争で…

日本軍による性暴力被害者への支援運動について、中国に着目した『架橋するフェミニズム』のレポートが興味深い

大阪大学の牟田和恵氏が代表となった研究のまとめとして、『架橋するフェミニズム―歴史・性・暴力』という電子書籍が約1年前に無料公開された。 この公開は、公式サイトでも説明されているように、国会議員の杉田水脈氏をはじめとした不当な攻撃に対して、科…

『パシフィック・ウォー』

太平洋戦争の末期、米軍の巡洋艦インディアナポリスは極秘兵器を輸送していた。一方、日本軍の潜水艦伊58は人間魚雷回天をそなえていた。そして2隻は邂逅する…… ニコラス・ケイジが主演する、2016年の米国映画。主にTV映画系で俳優として活躍するマリオ・ヴ…

ベトナムの従軍慰安婦をもちだすことで相殺できるという日本人がいることがわからない

ベトナムが韓国へ反論したというデマがコピペbotによって話題になっていたのを見かけた。下記まとめで反論とともに紹介されている。 大拡散中デマ「ベトナムが、韓国から「最貧国」呼ばわりされて、その反論がメチャクチャ、カッコイイ」 - NAVER まとめ ベ…

原爆によって日本が降伏したことが事実でなくても、原爆が日本の敗戦を象徴する図像となっている難しさ

先日から話題になっている*1、日本が敗北して韓国が独立した表象として、原爆のキノコ雲が選ばれたことについて。 「防弾少年団」の原爆Tシャツ問題で、デザイナーが謝罪 「Mステ出演取消し、申し訳ない…反日助長の意図はない」│韓国音楽K-POP│韓国ドラマ・…

『高地戦』

朝鮮戦争末期、韓国軍と朝鮮人民軍が一進一退をくりかえす最前線。そこのワニ中隊にいるらしい内通者をさぐるため、ウンピョ中尉が派遣される。 遅れて聞こえる銃声音から「二秒」と名づけられた敵狙撃手と戦ったりしながら、ワニ中隊とウンピョ中尉は唖然と…

『BS1スペシャル』父を捜して〜日系オランダ人 終わらない戦争〜

2017年にBS1で配信され、最近に総合で再放送されたNHKのドキュメンタリー。さまざまなTVドキュメンタリーの賞を受けた。 NHKドキュメンタリー アジア太平洋戦争の前後、オランダから日本またオランダへと支配者がめまぐるしく変わったインドネシア。そこで日…

『南の島に雪が降る』

第二次世界大戦、ニューギニア島に孤立した日本軍。遠き故郷をしのぶため、芸をもつ兵士たちがつどって慰問劇団を立ちあげる…… 戦時体験にもとづく加東大介の小説を、東宝で1961年に映画化。黒澤明作品の名バイプレイヤーな原作者も本人役で出演。 東宝・新…

『シャーロット・グレイ』

対ナチス戦で消息をたった恋人ピーターを追って、シャーロットはレジスタンスとしてイギリスからフランスへ潜入した。 工作活動においては、しばしば恋愛感情を優先。しかしピーターの戦死の報や、ナチス支配を目の当たりにし、変わっていく…… オーストラリ…

『戦国自衛隊』

演習予定地に集まろうとしていた自衛隊の一部隊。異変とともに海岸の風景が一変していることに気づく。 その直後、かげろうのように戦国武将があらわれて、部隊は弓矢での攻撃を受けはじめる…… 思うところがあって2時間18分の全長版を初めて視聴した。しかし…

商業化およびTVアニメ化までされるWEB小説『二度目の人生を異世界で』の作者が、ありふれた保守的思想をたれながしていた件について

下記のTogetterで、小説自体が日中戦争での日本軍を肯定的に位置づけていると疑われていたり、中国や韓国への偏見に満ちた作者のツイートがまとめられたりしている。 TVアニメ化される『二度目の人生を異世界で』の作者がtwitterで中韓に対するヘイトスピー…

『NNNドキュメント'18』南京事件II 歴史修正を検証せよ

南京事件Ⅱ|NNNドキュメント|日本テレビ 残された兵士のインタビューや一次資料を分析、さらに再現CGで知られる事のなかった戦場の全貌に迫る。政府の公式記録は、焼却されるなどして多くが失われた。消し去られた事実の重みの検証を試みるとともに現代に…

『ブラザーフッド』

朝鮮戦争から半世紀、発掘された白骨死体の正体と思われた人物が生存していた。映画は、その人物が兄弟とともに巻きこまれた朝鮮戦争のすべてを回想していく。 貧しくも希望のあった韓国社会に、突如として朝鮮人民軍が侵攻。徴兵された弟を救うため、兄も韓…

『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』

7年前、日本の領事館関係者が英国で毒殺された。ただひとり生存した参事官の娘も、保護された後に犯罪組織に拉致されてしまった。 そして現在、その犯罪組織のリーダーのレイブンを杉下と冠城は追って、元国連犯罪情報事務局のマーク・リュウに協力していた…

従軍慰安婦の記念碑がフィリピンに建立された報道と、意味不明な反発と

日本軍慰安所制度は日韓間だけの問題という虚偽が、またしても破綻を明らかにした。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254951000.html このNHK記事では、アジア女性基金を拒否した動きが韓国だけではなかったことも指摘している。 フィリピン…

『鬼郷』

慰安婦が名乗り出たというTV番組を聞く老女。時をさかのぼり、大日本帝国の植民地だった朝鮮半島で、日本軍の慰安所へ少女がおくりこまれる。 性処理を強要する兵士。慰安婦に手を出さない兵士。慰安所以前に娼婦だった女性。現代韓国の性暴力。いくつもの歴…

従軍慰安婦問題にまつわる国連人権理事会からの勧告への、的外れな反論をいくつか指摘する

朝日が比較的にくわしく報じていた。106ヵ国による意見表明を受けて、最終的な報告書では218の勧告が記載された。 http://www.asahi.com/articles/ASKCJ5HDGKCJUHBI01G.html その対象は広範にわたり、たとえば高市早苗総務相の停波発言*1を思い出させる勧告…

『提督の艦隊』

17世紀のオランダは、国内では共和派とオラニエ公派に二分され、国外では大国によって貿易を妨害されていた。 ややオラニエ公よりだった軍人ロイテルは、トロンプ前提督が戦死したことで、共和派の首相から提督に任じられる。 首相とその兄から協力をとりつ…

『科捜研の女 season17』File3 折り鶴が見た殺人

風で飛ばされてきた風船を、浜松の子供たちが見つける。風船に吊るされていた折り鶴をひらくと、殺人の告白らしき文章が出てきた。 一方、京都で技術系企業をたちあげた寝たきりの老女が絞殺体で発見された。その親友として折り紙教室をひらきながら、科学に…

『クローズアップ現代+』若者と被爆者たちの“二人三脚” 〜ノーベル平和賞の舞台裏〜

ノーベル平和賞を受けてのICANの紹介だが、放送枠は通常通り。それが逆に平和賞以前から取材していたことをうかがわせる。 若者と被爆者たちの“二人三脚” ~ノーベル平和賞の舞台裏~ - NHK クローズアップ現代+ 若者と被爆者が協力して世界にうったえてい…

捕虜の米兵へ食糧を贈っていた日本人の少年がいた

元捕虜の長女が写真等をもって、日本へ探しに来ていたという。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/357196/ 英国人は、2004年に81歳で亡くなったバーソロミュー・ゲイソンさん。元英海軍2等水兵で、42年3月、ジャワ島北方のスラ…

『NHKスペシャル』731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜

本放送は8月13日で、人体実験をおこなったことで知られる731部隊を特集した。 NHKスペシャル | 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~ 終戦記念日前後のドキュメンタリーとしては数少ない、日本軍の明確な加害をとりあげた内容。『悪魔の飽食』で広く知…

『NHKスペシャル』戦慄の記録 インパール

やや放送枠を拡大した1時間15分で、日本軍の愚劣さの象徴として知られているインパール作戦をとりあげる。 NHKスペシャル | 戦慄の記録インパール これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取…

『NHKスペシャル』樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇

終戦後に進駐したソ連軍と日本軍の戦闘がつづいた樺太。残された上層部の文章と、兵士や民間人の証言から、日本軍の過ちを浮かびあがらせる。 NHKスペシャル | 樺太地上戦終戦後7日間の悲劇 この時期の報道について、日本側の戦争被害ばかりとりあげること…