法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『トロピカル~ジュ!プリキュア』はルッキズムへの留意が一応あるよ

コスメをメインモチーフにした低年齢向けTVアニメについて、そのルッキズムを疑問視する匿名記事が注目を集めていた。
トロピカルージュ!プリキュアがやばい

2話の段階でルッキズムえぐすぎてこれを普通に放送してて文句出てないのやばない????


顔芸人魚のローラっていうこれまでの妖精ポジみたいなキャラクターの女の子が
可愛くないからあの子はプリキュアにできないとか、あの子はキュートさがないとか言ってても誰も咎めないし
いやまだ1話や2話だから、ローラが今後ルッキズムを克服する伏線では…と思ったけど

視聴をつづけているひとりとしても、懸念としては理解できる内容だ。


ただ、そもそもローラは善玉側のメインキャラクターでありながら、異種として人間を見くだす「悪い子」だ。
『トロピカル~ジュ!プリキュア』第1話 トロピカれ! やる気全開!キュアサマー! - 法華狼の日記

定番のスポーツマンとも違った野生児的な真夏と、人間と距離をとって自身の目標しか考えないローラ。これだけシリーズを重ねて、また新たな主人公像が提示された。
特にローラの“悪い子”ぶりは、天然か優等生が多いシリーズで貴重。

ローラは欲望に忠実すぎるおかげで嫌味はないが、周囲は強く否定も肯定もしないし、あまり耳をかたむけない。
その言動が作品で全肯定されているかというと、やはり違うだろう。
各話を見ていけば、ローラのプリキュア推薦発言でそのままプリキュアに変身できるわけでもない。


また、匿名記事がまだ見ていないだろう第3話で、ルッキズムを相対化するような展開があった。
『トロピカル~ジュ!プリキュア』第3話 自分を信じて! キュートいっぱい!キュアコーラル! - 法華狼の日記

鈴村は周囲が見てなくても他人へ親切にできるが、周囲がジュゴンの顔を笑う流れには逆らえない。
迷わずジュゴンの顔もかわいいという夏海に、鈴村は劣等感をいだいてしまう。

全体としては良くも悪くも古典的な東映女児向けアニメっぽい作り。善良でありながら同調圧力に屈してしまう鈴村の苦しみはお話としてよく描けているものの、周囲もふくめて教科書的にキャラクターが誇張されすぎている感があった。結末でジュゴンのグッズもかわいいと声をあげる鈴村に、あっさり他のクラスメイト全員が同調するのは良くないと思う。

感想エントリを書いた時点では上記のようにメッセージ性の強さに不満をおぼえたし、同調圧力を批判するエピソードという側面から見ていた。
しかし匿名記事のような懸念へこたえるため、新プリキュアの性格描写だけでなく早々に「キュート」の多様性も明示しておきたかったのなら、シリーズ構成の意図は理解できる*1
今回の匿名記事からは、しばしば否定意見こそが作品を理解する補助線になるということを思い出した。

*1:第3話の脚本はシリーズ構成と同じ横谷昌宏。

池江璃花子氏を応援する有識者のツイート前後を見てみると、驚きの結果になった

愛国視線*1

門脇護*2

DHC有識者*3

イスラム研究トランピスト*4

正露丸注射*5

玄孫


上記の人々は、グレタ・トゥーンベリ氏の主体性を軽視することで、池江氏の主体性*6も軽視している。

*1:

*2:

疑惑の作家 「門田隆将」と門脇護

疑惑の作家 「門田隆将」と門脇護

  • 作者:柳原滋雄
  • 発売日: 2021/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

*3:www.huffingtonpost.jp

*4:

*5:hokke-ookami.hatenablog.com

*6:hokke-ookami.hatenablog.com

泥棒で知られる内閣官房参与、今度は医師法の制約からなぜか改憲を主張する

泥棒の印象が強く*1、先日は新型コロナの話題で「笑笑」とツイート*2した高橋洋一氏が、日刊ゲンダイでワクチン打ち手不足の原因を論じていた。
マスコミが報じない…コロナワクチン「打ち手不足解消」のための「超法規的措置」(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

率直にいえば、違法ではあるが、超法規的措置で違法でない、というのだ。本来、違法かどうかは裁判所が判断するもので、政府は言い出せないはずだから、いみじくも超法規的措置といってもいいだろう。

医師法により歯科医は本来ワクチンを打てないところ、超法規的措置として認めたことを紹介するまではいい。
その流れで章もわけず、いきなり改憲による行動規制の話をはじめる意味がわからない。

筆者は役人を長くやってきたが、こうした措置は滅多にお目にかかれない。1975年の在マレーシア・アメリカ合衆国大使館等占拠事件と、1977年のダッカ日航機ハイジャック事件での収監メンバーなどの引き渡しを「超法規的措置」としてやったくらいしか思い浮かべられない。
本来であれば、まず憲法改正により、非常事態条項を整備しておくべきだ。他の国にはそうした条項があるので、厳しい規制が可能だが、日本ではそうした条項が憲法にないので、世界の国の中ではもっとも緩い規制しかできない。

これでは火事場泥棒ではないか。


……いや、思えば今度の東京五輪そのものが火事場泥棒といっていいのかもしれない。
最初は東日本大震災からの「復興」と称して招致しながら、新型コロナ禍で開催を強行するために理由を姑息に変えつづけているのだから。
丸川大臣「五輪で絆を取り戻す」発言に“戦時中と同じ”と戦慄の声 | 女性自身

11日、閣議後の定例会見で五輪開催の意義を問われ、「コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある」と語った丸川大臣。

*1:hokke-ookami.hatenablog.com

*2:

www.buzzfeed.com

隔離状態の食事をセブンイレブンから調達するにしても、もう少し健康に気をつかう方法はあったのでは

ドイツから帰国して関西のホテルで隔離されたナチズム研究者の田野大輔氏が、朝昼は菓子パンばかりで野菜などが必要と批判してから二ヶ月。

ただでさえ病気対策で病気になりそうな食生活が問題視されたわけだが、五輪予選で来日したアスリートも同レベルの食事があてがわれたという。
ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル 運営のやる気がまるで感じられない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「炭水化物ばかりでお腹は膨れるが、フレッシュな野菜や果物が何もない。タンパク質もない」

チームスタッフが「東京にやっと着いた」というメッセージとともにInstagramに載せていた夕食の写真には、揚げ物ばかりの弁当とポテトサラダが写っていた。
f:id:hokke-ookami:20210512203617p:plain

ところが運営側が「足りないならこれを」と持ってきたのはカップ麺。まったくピンボケな対応は選手らの怒りに火を注いだ。

「ビタミンが足りないので『選手用にフルーツジュースを』と頼んだら、届いたのは2日後だった」「弁当のラインナップに辟易した選手が、ウーバーイーツをホテルに呼んだ」「生のフルーツがほしいと言っているのに、シロップ漬けのパックが届いた」

フルーツパックの銘柄などを見ると、セブンイレブンの商品が提供されているようだ。


しかし、管理のためであれ利権のためであれセブンイレブンからしか調達できないとしても、いくらでも気をつかう方法はあるのではないかと首をかしげた。
一例として、セブンイレブンには多様なフレーバーのサラダチキンがラインナップされている。「糖質0」をうたっており、アスリートがタンパク質を摂取するに良さそう。
サラダチキン:一覧 | セブンプレミアム公式 セブンプレミアム向上委員会
野菜や果物については、そのまま食べられる状態でパッケージされたカットフルーツやカット野菜がラインナップされている。地域限定商品が多いものの関東だけで選べるくらいはある。
カット野菜・カットフルーツ|セブン‐イレブン~近くて便利~
たとえば関係者にリストをわたしたりインターネットにつないだりして、予算範囲内で自由に追加注文できるようにすることすらできなかったのか。

「せめて、市民の顔をしろ」

五輪辞退をもとめる一部の意見に、水泳選手の池江璃花子氏がツイッターで説明していた。しかし下記は明かな虚偽というしかない。


私のような選手であれば、ラッキーでもあり、逆に絶望してしまう選手もいます。持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています。私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。ただ今やるべき事を全うし、応援していただいてる方達の↓
期待に応えたい一心で日々の練習をしています。オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。↓

もちろん広告などで活躍しているくらいでは、一選手が開催の決定権をもつとは思えない。
しかし、決定権をもたないことと何もできないこととは違うし、変えられないことと意味がないことも違う。


もし現行の五輪開催に批判したいところがあれば*1、関係者の辞退*2というかたちで意見を表明するのも一手段ではあるし、取材やSNS等で意見をいうだけでも意味はある。
宮本亞門氏「炎上覚悟であえて言います」 東京五輪「日本がNOを!」…TVで発言/芸能/デイリースポーツ online

演出家の宮本亞門氏(63)が28日、日本テレビ系「真相報道バンキシャ!」に生出演。東京オリンピックパラリンピックについて、「日本が中止の意思を表明すべき」ときっぱり語った。

復興五輪「架空だった」…罪悪感抱く宮本亞門さん、IOCや政府を「利己的」と批判 インタビュー詳報:東京新聞 TOKYO Web

 私が出演したテレビ番組では「自分はこの状況で走っていいのか」と苦悩する聖火ランナーが報じられた。IOCや政府の利己的な考えは、「他人のことを思う」という利他的な精神と正反対。国民はその間で心が引き裂かれています。

「国民の意見を無視してまで…」新谷仁美が“アスリートのあり方”に言及。五輪反対デモに「当然のことだと思う」と理解示す | THE DIGEST

「ニュースで拝見しました。これは当然のことだと思う。コロナ関係なく、スポーツに対してネガティブな意見をお持ちの方は当然いる。その人たちの気持ちにどう寄り添っていけるかが重要」とした上で、「国民の意見を無視してまで、競技をするようではアスリートではない」と持論を展開した。

たとえ関係者でなくても、デモ*3や署名のかたちで参加することができる。選挙権をもつ成人であれば、五輪中止や延期をうったえる政党や政治家に投票することはできた。
沈黙するだけでも権力者へ白紙委任状を提出したことになるが*4、今回のツイートは反対の意を表明することを明確に否定している。
反対の意を表明せずに現状の追認を表明したなら、100%の開催責任を負う立場ではありえないにしても、100万分の1%くらいの開催責任はある。民主国家の市民であるということはそういうことだ。


なお、もしも池江氏が現状を追認するしかない立場を強いられているのならば*5、それ自体がひとつの人権侵害だろう。
若い女性だからこそ、意見を上層部にあげられない状態がつづいている可能性も、残念ながら高いとは思っている。
www.asahi.com
そして池江氏にかぎらず、一市民でも声をあげられるという自由が無視されたり忘却されているのならば、それは社会全体の問題でもある。
ならば「せめて、市民の顔をさせろ」といわざるをえない。私たち自身のためにも。

*1:開催中止でなくても再延期や、ワクチン接種等の医療優遇の否定など、さまざまな論点をふくむ。

*2:ストライキといいかえてもいいだろう。あわせて、演劇やライブでおこなわれたように、中止した場合の選手をはじめとした関係者への生活保障などを要求する運動なども考えられる。

*3:感染症流行下においては形態に考慮が必要とは思うが。

*4:とはいえ、社会を構成する一員があらゆる社会問題に声をあげる義務を課すと、それはそれでまた別の問題になる。一個人に意見表明をもとめる意見が殺到するとするとすれば、その意見の妥当性とも独立して考えるべきことだ。

*5:この仮定は、実際に意見を表明した主体性を軽視しても良いという意味ではない。