法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

その政治家は自国批判する美術展を守っている、などと世界一周している外国人へ説明しても、たぶん「アッハイ」と思われるだけじゃない?

愛知県知事の大村秀章氏が、あいち航空ミュージアムのイベントで一般公開されたシルバースピットファイア*1を紹介していた。
その紹介ツイートで翼に立っている写真に対して、展示物を踏みつけているという批判が押しよせていたらしい。
「大村知事がシルバースピットファイアを足蹴にした!イギリスに怒られる!」→「そこから乗るんだが?」「スタッフが促したんだが?」の突っ込み - Togetter
もちろんTogetterやはてなブックマークでも指摘されているとおり、当時の戦闘機は翼を踏んで搭乗するようになっている。
[B! togetter] 「大村知事がシルバースピットファイアを足蹴にした!イギリスに怒られる!」→「そこから乗るんだが?」「スタッフが促したんだが?」の突っ込み - Togetter
ちなみに私の場合は小学生のころに兵器にまつわる書籍で知ったが、義務教育で学んだかどうか記憶がないし、知らないこと自体には問題ないとは思う。
問題は、踏んでもかまわない場所をスタッフにうながされて乗ったと説明されて、なお外国へ失礼だという批判をつづけようとする態度にある。


さらにいえば、表現の不自由展を守ろうとした大村氏への嫌悪感を、世界一周イベントをしている人々に共有してもらいたいかのような態度にも首をかしげるしかない。
表現の不自由展で脅迫の要因となった少女像は、日本軍の戦時性加害を告発する表現と位置づけられている。英国軍は当時に日本軍と対立していた側だし、そのような告発に反発するとは考えづらい。
他に脅迫の対象となった天皇を素材とした表現にしても、自国の王室を風刺して茶化すことが一般的におこなわれている英国と比べれば、大村氏への強い反発を生むとは考えづらい。
何より、そうした脅迫につながる排外主義を許せば、世界一周イベントなど不可能になるのではないだろうか。

*1:(一部変更)世界一周飛行中のシルバースピットファイアが県営名古屋空港へ飛来し、あいち航空ミュージアムで連携イベントを開催します! - 愛知県「今回飛来するシルバースピットファイアは、1943年に製作され、2019年8月から実施している世界一周飛行「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」に合わせて銀色に塗装・修復された機体」

『世界まる見え!テレビ特捜部』こんなカラクリがあったのか! 見たことない裏側SP

2時間SPで、ゲストは現役の医師でもある芸人しゅんしゅんクリニックPなど。お笑いにうといので、知らない間にどんどん新しい芸人が出てくる……
ゲストの中核は極寒のアラスカで写真撮影をおこなう松本紀生。紹介されるオーロラや動物たちの情景が物珍しく美しいのはもちろん、カマクラの設営などの取材のための準備なども興味深かった。


「猛獣が街をうろつく裏側」は、米国のさまざまな地域で大型ネコ科動物が人里に現れる問題を特集。いくつかの州で外来の大型動物を無許可で飼育できることを初めて知った。
オハイオ州の猛獣脱走、問われる規制 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
隣人ペット問題も米国では大陸的スケールというわけだが、さすがに近年はオハイオ州などで法規制が少しずつ厳しくなってはいるらしい。
米オハイオ州、外来種動物所有の新規所有を禁止 - ロイター
「チャリティーの裏側」は、イギリスで寄付される大量の古着の行方を、車椅子の元パラリンピック選手がレポートする。
新品同然でも流行遅れでは古着でも売れない。リサイクル業者のトラックに毎日5台くらい引き渡されるという。その大量の古着は梱包されてガーナへ。そこで市場で販売される。
梱包された状態で取りあいになるため、ガーナの商人同士でこぜりあいになったりも。ガーナでは法律で禁じられているはずの古着の下着販売も、堂々とおこなわれている。さらに古着はガーナの田舎にも運ばれ、やはり商人同士が奪いあいながら、人々にいきわたっていく。
結果としてガーナの伝統的な布地工場は次々に閉鎖され、国家的に金曜日に伝統的衣装を奨励するようになった。田舎では便利な古着を使いつづけるが、都市部では伝統的な布地をとりいれたスーツを仕立てたりする逆転が興味深い。
「古代技術のびっくり裏側」は、ギリシャローマ時代のさまざまな先進的な工法や機械を紹介。火山灰を85%つかった千年以上の耐久力があるコンクリートや、ヘロンの重量を多用した自動機械群など。
どれも存在や構造は子供向けの学習書籍で知っているものばかりだが、映像で動きを見るとまた新鮮で素直な驚きがある。
「男女関係の裏側」は、イスラエルでの女性が冤罪を作りだす問題や、アジアから女性を呼びよせるデンマークフェロー諸島の問題などを紹介。
イスラエルは車内喫煙を要求した女性が、タクシー運転手に断られると性暴力を受けたと警察に主張したりした事件を紹介。かつてイスラエルに女性首相がいたことや、ジェンダー平等を世界的に評価されたこと、女性側の偽証は罪にならない法制度などが背景にあるという。しかし現在の政治家の顔ぶれを見ても女性上位社会とまではいえないようだし、番組で紹介された事件も統計的な比率などは出されなかった。スタジオで北野武が男尊女卑イスラムへの対抗としての男女平等ではないかと指摘したりしたし、もっと複雑な背景がある可能性は留意しておくべきだろう。
フェロー諸島は若者が都会に出かけていくことで、そのかわりのように発展途上国から女性を呼び、3万人の島に500人の外国から来た妻がいるという。メインで紹介された女性の故国がフィリピンで、まるで一昔前の日本を見ているような気分になった。個々の家族は、強気ではない外国人妻を求めるイスラエルの男よりは幸福そうには見えたが……
「AIの裏側」は、現代の人工知能の最先端技術を一挙に紹介していく。
しかし自動運転車や医療用ロボットなどは珍しいが、どこまでAI技術が貢献しているかは判然としない。特に後者は、紹介された事例では人間の医師がオペレートした段階だという。
逆に、AI技術に批判的な作家は、葬儀でAIが語ったりすることを人間が受け入れられるかと問うたりするが、それをいうなら現在の冠婚葬祭は過去から見れば不謹慎なことも多いのではないだろうか。
「未解決事件」は、1985年12月19日にワシントン州チェホールズ市で80歳の資産家夫婦が殺された事件を追う。
乗り捨てられた夫婦の自動車まわりの証言から、後部座席に第三者がいたらしいことや、殺される直前に預金をおろしていたことが判明。残された煙草から親族の喫煙者が疑われたが特定できなかったり、自身を真犯人だと吹聴する男に囮捜査をしかけると事件の詳細を知らないことがわかったりして、迷宮入り。
やがて年月がたち、事件当時に十歳だった若手捜査官が再捜査。てっきり吸い殻のDNAから犯人を特定したのかと思いきや、当時に捜査で使ったモノクロの容疑者写真を鮮明化して着色して、自動車まわりの目撃者に特定させたというものだった。

旭日旗も「反日」という解釈になるよね、「表現の不自由展」に選ばれたら「反日」の文脈になるならば

「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」が再開されたが、今度は下記の「気合い100連発」が「反日」として攻撃されている。
Chim↑Pom | 表現の不自由展・その後

「安倍政権になってから、海外での事業へのチェックが厳しくなっている。書類としての通達はないが、最近は放射能、福島、慰安婦、朝鮮などのNGワードがあり、それに背くと首相に近い部署の人間から直接クレームがくる。」とのこと。

その攻撃を扇動したまとめブログ*1へ反論するid:ko5tys氏のエントリ*2に対し、はてなブックマークで下記のようなコメントがついていた。
[B! 読んだ] 表現の不自由展で物議を醸す気合100連発は何故「放射能最高」と叫んだのか? - ピルシトレ

id:aa_R_waiwai 全ての戦争被害にあった女性の象徴と言いながら、実際は戦争犯罪やりまくりの自国を絶対正義と扱う朝鮮ネトウヨのオナニー道具でしかない像の横で上映されてたのなら、ヘイト動画扱いされるのは至極当然。

id:confi 本当にセンシティブだけど芸術だっていうなら反日プロパガンダ展から撤去しろよ。韓国がここに来て徴用工問題のあてつけで放射能がどうとかいい出したのとシンクロしてるのなんて馬鹿でもわかるぞ。

他でも不自由展に対する不用意な反発を見ると、同じように並列されたことで反日の文脈が加味されるという主張や、展示作品が全て反日であるという評価が散見される。
[B! 増田] 「被爆最高!放射能最高!」はヘイトではない。

id:satomi_hanten 津田が含めたってことは主旨はそうなんだろ。むしろそうじゃなかったら一貫性がない。

id:hiroyuki1983 コンテクストを意識しろとか言ってるけど、じゃあこの作品が反日作品が並ぶことで批判を受けている芸術展に出品されているというコンテクストこそ意識するべきでは?

id:hirmir たとえ作品がヘイトじゃないとしても、あの作品群の中にあるということは、少なくとも運営側は反日の意味を持って置いてるんじゃないかな

id:howlingpot あの場所で展示された以上は前提としてoffensiveな表現と取られたのも事実。むしろ擁護派の人こそ別局面で「農業林業畜産漁業の人にヒアリングしよ。そこで否定されたらアウト」という論法を頻繁に使いそうなイメージ。

不自由展そのものは津田大介氏が呼んだが、不自由展内の展示作品は実行委員会が選んで、津田氏の推した作品は通らなかったという経緯すら把握されていないことがわかる。
念のため、当事者の主張と理解してなお批判すること、そう感じたことを述べることも表現の自由ではあるだろう。編集された作品への感想も自由であるべきだろう。
しかし、作品の情報が欠落あるいは歪曲された状態で批判することには限界があることも自覚されるべきだ。その自覚があるなら、まとめブログの情報を無批判に信用することはないだろうが。


さて、不自由展には旭日旗に見えるという印象から抗議を受けた作品も展示されている。ならば不自由展に不用意に反発した人々は、旭日旗反日と見なすのだろうか。
横尾忠則 | 表現の不自由展・その後

2012-2013年のニューヨーク近代美術館(MoMA)での「TOKYO 1955-1970:新しい前衛」展で起こった。彼の演劇や映画のポスターに用いられた「朝日」が、旧日本軍の旭日旗(自衛隊も使用中)を思わせる軍国主義的なものと在米韓国系市民団体「日本戦犯旗退出市民の会」が抗議を行った。

また、同時に展示されている横尾忠則作品は電車のラッピングが不謹慎として改変されたが、やはりターザンの叫ぶ顔を反日と考えるのだろうか。
公共の場所から撤去や改変をしいられた他の作品と違って、横尾作品は私企業の自粛であったり、市民団体の抗議にとどまっている。それでも「不自由」を象徴する出来事として展示された。


ちなみに、芸術側から津田氏のキュレーションを疑問視するインタビューにおいては、上記の電車ラッピングが写真展示であることをもって批判されていた。
津田大介インタビューへの反応を見るかぎり、ジャーナリストとアーティストの政治への距離感を逆に考えている人が多くないだろうか - 法華狼の日記
むしろアーティストほど政治的な中立性を批判しているような印象があるし、実際に同トリエンナーレで不自由展以外の出品作品でも、政治的なメッセージが強い作品は少なくない。

『相棒 Season18』アレスの進撃

英国から帰国したはずの杉下右京が行方不明になって1週間。漂着した携帯から海流をさかのぼると、日本北端の島で謎めいた交流団体に杉下が留め置かれていたことが判明した。
そしてその交流団体の若者たちがなぜか建物の各所で殺されて、犯人として若者のひとりの父親が浮かびあがる。その父親は娘をつれもどしに来た、元特殊部隊員だった……


輿水泰弘脚本と橋本一監督による、いつもの立ち上げ1時間半SP。公式サイトを見ると、今シーズンからはテレ朝キャッチアップで無料配信もされるらしい。
相棒 season18|テレビ朝日
船越英一郎*1をゲストにむかえ、事件解決は次回につづく。今回は浦島太郎をモチーフにしていて、杉下は脱法ドラッグで竜宮城のような夢を見せられていたりする。
しかし全体として物語の主軸が判然としない。不可能犯罪やフーダニットあるいは社会問題といった謎解きに興味を持たせるとっかかりがない。偽りの回想や幻覚など、劇中の現実には起きていないことを映像化して、その法則性を明らかにしていないので、映ったものが信頼できない問題もある。
素直に考えると、交流団体はドラッグの密輸入のため活動していたという真相が用意されていそうだが……かつてレギュラー出演していた俳優が日本の南端の島で大麻所持により逮捕された事件を思うと、今回の舞台設定そのものにスタッフの何らかの意図を感じてしまう。もちろん、まだその事件の構図すらよくわからない段階なので、意図があるにしてもその内容は見当もつかないが……

*1:カットを割りつつも、反町隆史を相手にしたアクションの動きはキレが良く、演出の手腕ともども感心した。

参議院で消費税増税を決めた議員は、民主党より自民党が多かったことは記憶しておきたい

当時に与党だった民主党と、野党だった自民党公明党の合意で決められた消費税増税
そこで10月1日から混乱の要因として批判されている軽減税率は、民主党が決めたものだと公明党衆院議員である伊佐進一氏がツイートしていた。

もちろん軽減税率は公明党が主張したものであって*1増税前には公明党広報アカウントも「政党で唯一主張し、実現させました」ツイートしていた。

伊佐氏は消費税増税法案が可決後の2012年12月から議員となったが、それ以前は文科省副大臣の秘書官をつとめるような官僚だった。
十年もたたないのに、当事者に近しい政治家すら当時の状況を忘却しつつあるのか。


消費税増税そのものについては、当時に政権をとっていた民主党の責任を最も強く問うまでは理解できる。景気条項を自公政権が外した問題などを無視すれば。
しかし2012年6月の衆議院における採決では、まだ議員の比率は圧倒していた民主党から57名もの反対票が投じられ、15名が棄権した。もちろん自民党公明党から批判された。
「社会保障と税一体改革」について | コラム | 自民党の活動 | 自由民主党

今回の採決においても党内から57名の造反者がでたように、民主党はもはや政党の体を成していません。

わが党としては、社会保障と税の一体改革法案に一定の結論をつけた上で、早急な解散・総選挙により、「決められる政治、進められる政権」の実現に向け、国民の信を問うことを求めていきます。

衆院採決で大量造反 | ニュース | 公明党

3党幹事長が署名した合意の再修正は「常識的には考えられない」(公明党井上義久幹事長)。民主党は責任をもって党内の混乱を収束させ、速やかに審議を開始して一体改革関連法案の早期成立を図るべきだ。

このように自民党民主党を「何も決められない政治」と批判していた。消費税増税を決めたのは自民党だという自信すらうかがえる。
事実として自民党中川秀直氏のような欠席者こそ出したものの、目立った反対票が投じられることはなかった。
消費増税法案が衆院通過 賛成363票、反対は96票 :日本経済新聞

民主党で消費増税法案に反対したのは小沢元代表や鳩山元首相ら。羽田孜元首相、石関貴史氏、横山北斗氏の3人は欠席した。自民党では中川秀直元幹事長が欠席した。無所属では与謝野馨官房長官鳩山邦夫総務相が欠席した。

民主党は反対票を投じた小沢グループの除名などから分裂にいたり、単独過半数を維持できなくなり、むしろこの時から「何も決められない政治」となった。


さらに、2012年8月におこなわれた参議院の採決を見ると、賛否の比率が少し興味深いことになっている。
社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案(内閣提出、衆議院送付):本会議投票結果:参議院

投票総数 237   賛成票 188   反対票 49

まず、上記のように過半数どころではなく、賛成票が3倍以上を集めている。
ならば当然のように民自公の議員すべてが賛成票を投じたのかというと、民主党は6人もの造反者を出していた。

民主党・新緑風会( 88名)

  賛成票 81   反対票 6

田城郁氏、徳永エリ氏、水戸将史氏、有田芳生氏、植松恵美子氏、大久保潔重氏の6名だ。
一方、自民党統一会派をふくめて橋本聖子氏と丸川珠代氏の2名が出席しなかっただけ。

自由民主党たちあがれ日本無所属の会( 87名)

  賛成票 85   反対票 0

もともと議員数が拮抗していたこともあり、参議院での賛成票は自民党民主党を上回っているのだ。
ちなみに公明党は谷合正明氏が欠席しただけで、反対した議員はやはりいない。

公明党( 19名)

  賛成票 18   反対票 0

すでに厳しい処分がされることがわかっていたのに民主党から造反した議員たち。
その個々のふるまいは「決められない政治」ではなく、良し悪しはさておき「決められる政治」だったようにも思える。