法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

ハラスメントが演劇や映画界で告発されつづけていることに対して、「特撮とかアニメ」を切断処理する意見が賛同されていて驚く


RT)これな。けっこうな数の映画監督や演劇演出家が特撮とかアニメを毛嫌いする理由っというのは製作者側が演技と実物の区別がつかない自他境界線の怪しく明確な嘘で人が感動する理由が判らない、だからそういう作品が許せない人たちが多いんじゃないかという仮説に対する証明のようにも思えるんだよな
だから彼らは無茶なハラスメント演出や指導で「役者の精神が壊された生の顔や女優の裸」を撮ることに血道を上げるんだよな。
そしてそういう演出で撮られたヌードはどんな美人女優でも醜い見世物っぽく見えてしまう悲劇もセットで。
あの手の自他境界線の曖昧な監督や演出というのは他者や他職への敬意と理解を欠いているから対象取材力が低い。
だから感情描写が凄く上手くても背景描写や状況説得力がひどく脆弱で嘘っぽく独りよがりというのが割と共通していたりもする。

擲弾兵@ブースター接種終わり@tekidanhei」氏*1による上記ツイートが注目を集めていた。
はてなブックマークでも最初にコメントしているyujimi-daifuku-2222氏をふくめ、同調するコメントが複数ある。
[B! 演劇] 擲弾兵@ブースター接種終わり on Twitter: "RT)これな。けっこうな数の映画監督や演劇演出家が特撮とかアニメを毛嫌いする理由っというのは製作者側が演技と実物の区別がつかない自他境界線の怪しく明確な嘘で人が感動する理由が判らない、だからそういう作品が許せない人たちが多いんじゃ… https://t.co/FUB6L79s5h"

id:yujimi-daifuku-2222 ああ、分かってしまう。/例えば、登場人物の普段の仕事内容や職場のリアリティは薄い(リアリティラインが低い)のだけど、個人的な関係性の相手との感情的なあれこれの描写だけがやたら細かい実写作品はあるよね。

しかし『仮面ライダーゼロワン』も『仮面ライダーセイバー』も仕事描写のリアリティが濃かったとは思わないし、作品としての評価が高い『仮面ライダーエグゼイド』ですら例外ではない。最近のアニメも多少は見ているが、仕事内容や職場のリアリティが高い傾向は特に感じない。
たしかにドキュメンタリ出身の是枝裕和監督などは、緻密な取材によってディテールのリアリティが高い傾向はあり、あまり俳優をコントロールしないおかげで負担が少ないようでもあるが*2、それは同じ来歴から異なる経路で生まれた傾向だろう。


そもそも一般的に「特撮」は実写にふくまれる映像表現であるし、「アニメ」の業界も声優をとおして演劇とのむすびつきが強い。
2022年の日本映画界における性加害の告発で、最初に追及された榊英雄監督は、東映特撮の『特命戦隊ゴーバスターズ』のレギュラー俳優として司令官を演じ、特撮愛好家から親しまれていた。
つづくように告発された園子温監督は『ラブ&ピース』で、近年の円谷特撮で活躍する田口清隆特技監督をまねき、精緻なミニチュア特撮をクライマックスで見せた。
女性を園監督に近づけたと指摘されている坂口拓監督もアクション関係で活躍し、『仮面ライダーカブト』『キングダム』の重要な敵キャラクターや、『ゴジラ FINAL WARS』『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション演出などで特撮作品に近い。
趣味嗜好もあって上記の3人については名前をあげた作品くらいしか視聴できていないので、特撮と無関係な人物のように論評されると違和感がある。もちろん園監督などは別ジャンルで名前をあげたことも理解はしているが。


また、現時点でハラスメントが告発されていないことは、たしかにハラスメントが少ない可能性もあるが、発覚させない圧力がある可能性も考慮すべきだろう。
「#MeToo」の潮流が米国から韓国から波及した時、韓国映画は世界的に名声のあるキム・ギドク監督を追放したが、日本映画界は受けいれつづけ、あまり一般的にも知られないままだった。
hokke-ookami.hatenablog.com
それがようやく日本にも波及したと2022年の映画界について解釈するべきだろう。そうした告発がおこなわれるような問題が特撮やアニメには存在しないとは、残念ながら期待はできない。
hokke-ookami.hatenablog.com
それどころか、アニメ声優をテーマにした小説の感想エントリで言及したように*3、今年の『仮面ライダーバイス』でハラスメントがおこなわれたという告発もすでにある。
www.huffingtonpost.jp
つまり「擲弾兵@ブースター接種終わり@tekidanhei」氏もyujimi-daifuku-2222氏も、すでにメディアで報じられるほど知られたアニメや特撮におけるハラスメントの存在を否認しているのだ。
言及しないだけならともかく、積極的に無視して偏見の根拠にするとなると、さすがに問題といわざるをえない。

*1:ちなみに「マルタ」が後年の造語であるかのような虚偽を主張していた人物である。 b.hatena.ne.jp僕のヒーローアカデミア』のネーミングにまつわる騒動を受けてのツイートだ。 hokke-ookami.hatenablog.com

*2:『空気人形』についての過去の報道にしても、たしかにセンシティブな場面で無神経な撮影環境をつくって俳優を傷つけた問題はあったが、釈明が事実であれば不充分でも当時の日本としては気をくばっていたことがうかがえる。

*3:hokke-ookami.hatenablog.com

『シン・ウルトラマン』にまつわる話題で、事実誤認を指摘されて「オタクが嫌われる原因の一つ」と反発した態度が興味深い

星海社の編集者という石川詩悠氏が、映画そのものではなく映画館での体験をツイートして注目を集めていた。


私の『シン・ウルトラマン』最悪鑑賞体験は、終了直後に隣の客が「よかったよね〜フェミがなんかうだうだ言ってるみたいだけど」などと喋りだしたことです

どこまで事実なのかはさだかではないが、作品の受容にまつわる証言としての興味深さはある。


これに対して、「Jeremy💖Nicht(乳揺れ禁止法違反)called "Azrael"(CV:遠藤綾)💉3@Jeremy_L_Mercy3」という人物が反駁らしきツイートで自慰描写の画像を添付していた。


平日夕方6時半から地上波で↓を流した監督の作品である事をお忘れか?🤭

もちろん指摘がすでに複数あるように、画像の場面は1997年に公開された劇場版のものであり、地上波でもなければ平日の夕方でもない。それを知らないことから、おそらくまともに引用もできていないのだろう。

そして誤認の指摘に対して「失敬」と間違いは認めつつも、TVアニメの表現を劇場版で詳細に描きなおしたと事実誤認を重ねている。その場面は実際には完全に新規につくられたものだ。


それは失敬😅
でも似たような描写はあったよね🤔
TVでは曖昧な表現だったものを映画で詳しく描いたと記憶している😏
って言うか、地上波の最初のオンエアの時って、私が2〜3歳の時期だからな🤭


EVAは基礎知識として大雑把には把握しているけど、作品としてはあまり好きではないんだよね😏
当然、On-Air版と劇場版の細かな差異まで把握しようとする気が起きない🤔
"オタクだからこそ興味の無いものには見向きもしない"が解らない人かな?🤭
ブロックするか😅

実際にTVアニメ版で性交をにおわせた場面を引用するリプライもついている。この場面をしっかり思い出せば、いっそう「フェミがなんかうだうだ」という話題との関連がよくわからなくなる。


流したのはコチラ

これは大人の男女が対等に会話しながら行為にふける音声が流れたというもの。意識のない少女を前に自慰行為にふけった少年が自己嫌悪する劇場版とは、時系列も文脈も異なる。


そして最初に自身が「お忘れか?」とリプライしたことを忘れたように、事実誤認を指摘されることを「マウント」として反発したのであった。


って言うか、"庵野秀明氏のエロ描写"の実例の話に論点の逸れた"些末な記憶違いを指摘"する事で態々マウントを取りに来るのも、オタクが嫌われる原因の一つなんじゃね?🤔

たしかに細かな事実誤認があっても主張を変える必要は必ずしもないが、今回は主張の基礎にかかわる間違いだと思う。
性的描写と性加害描写は同一ではないし、さらに文脈によって作品が意識的に無意識的に発するメッセージも変わってくるものだ。


こうした細かな事実誤認を指摘されることへの反発として「オタク」という表現をつかう事例はフィクションの論評にかぎらない。
過去には歴史認識をめぐる論争で、商業媒体や大学教授のツイートでもつかわれていた。
hokke-ookami.hatenablog.com
hokke-ookami.hatenablog.com
しかし今回は、『シン・ウルトラマン』を「オタク」として擁護したいらしき人物が批判への反駁としてもちいたことに、味わい深さがある。

「日本の漫画は昔から進歩がないだなんて、とっても排泄物な考えですわ」

id:SIVAPROD氏のツイートを見かけて、タイトルのような台詞をエセ関西弁のアクセントで思い浮かべた。

はてなブックマークを見ると、おそらく擁護のつもりで日本の漫画は伝統的に差別的と読めてしまうコメントが複数あるのが厳しい。
[B! オタク] SIVA on Twitter: "赤松健氏の”自由な発想”で描かれたのがところどころカタカナ表記の日本語しゃべる”外国人”だからなあ。「アル」て。焼け跡闇市映画に出てくる中国人かって。 https://t.co/YddRtwvLYu"

id:qyosshy 赤松とかどうでもいいけど雑に差別認定クリエイトしてんじゃねえよ馬鹿。何が語尾にアルつけたら差別だ。邦キチに出てくる中国人設定も差別表現てか?

id:paracletus らんまのシャンプーとかDr.スランプの摘鶴燐とか、日本の二次元中国萌えキャラの伝統であって、別にリアルな中国人として描いてるわけじゃないので、変なツッコミ。この人すごく漫画に興味ないかな?

id:canadie なんか論点がブレてるな。作者の想像上の女の子キャラが全員異存なしに日本スゴイやってる方が気持ち悪いが…。キャラ付けに一部カタカナにしたり語尾変えたりは日本漫画全体にみられる典型表現だろう

役割語の問題はSIVAPROD氏がはじめて提唱したわけではないし、役割語が漫画にだけ見られる表現というわけでもない。特に中国人らしさを表現する語尾は、過去から差別とのむすびつきが指摘されてきた。

また、他の差別性を指摘するコメントならともかく、「自由な発想」ではないように評価しているSIVAPROD氏に対しては、伝統的な表現と指摘しても反論どころか補強にしかなるまい。


せめて、抜粋ではなく全体をとおして読めば差別的ではないとか、そうした指摘もふまえた新しい表現だとか主張できるのなら、まだ理解できる。しかし役割語が差別的だという見解そのものを知識としてもたないまま反発しているのが本当に厳しい。
漫画読みならば、せめて知識としては認識した上で議論してほしい。例示されている現代の漫画『邦キチ! 映子さん』のヤンヤンにしても、役割語が差別的であるという観念もふまえて設定されている。

批判もまた自由であるべき表現のひとつであり、その応酬によって創作が拡張されてきた歴史がある。
もちろん不当な批判と思えば反論したり黙殺する自由もあるが、批判という行為そのものが不当であるかのような反応は、自認と違って自由の敵というしかない。

id:Shiori115 表現規制派は表現の自由を守りたい人(=普通の人)をどうにかカルト認定したいようだけど、SIVAなんかの揚げ足取りを必死で持ち上げてる時点で表現規制派の方がよっぽどカルト染みてるのに気づいてる?

id:pwatermark こんなクソくだらない揚げ足取りでしか相手をけなせないって恥ずかしいことだと思うので、人前で発言しない方がいいと思うよ

id:rag_en 語尾の「アル」にまでケチ付け始めるとか、赤松アンチ勢が次々と『我々は「自由」の敵だぞ!』宣言してるの笑える(笑えない)。赤松氏が意図的に狙ってやったわけではないだろうが、結果的に炙り出されまくってる。

細部にわけいった論評を拒絶する人々は、漫画が複雑な表現でもありうることを好まないのだろうか。個人の嗜好であれば、それもまた自由ではあると思うが。

「長年のオタクとしての知見!!」があるなら、京都アニメーションやufotableの雌伏を知っているだろうに

自民党から参院選に出馬予定の漫画家、赤松健氏が政策案を「実績」として漫画化し、注目を集めていた。

フリーランス全体に負担がかかる「いやそこマジで大事ッスねー!」なインボイス問題について、元凶である自民党内部で戦う姿勢がまったく見られない。
かわりに「ヒットした作品の税金を優遇」という主張を選んだことで、業界内部からも批判されている。


業界外部の視聴者でしかない立場からしても違和感をもたざるをえない。
たとえば、新型コロナ禍による意図せざるスクリーン独占などの偶然もありつつ、週刊少年ジャンプ連載漫画の中途エピソード*1をアニメ映画化して日本映画市場最大の興行収入*2をあげたufotable

2003年ごろから少しマイナーなライトノベルやギャグ漫画のTVアニメ化で知られ、そうした初期作品の時点で映像面でも娯楽性でも評価は高かったが、売り上げはかんばしくなかった。

さまざまなオリジナル作品も世評こそ高くとも映像ソフトの売上ランキングでは低調だった*3。2007年の作品が「まなびライン」という揶揄的な基準につかわれたほどだ*4
d.hatena.ne.jp

売り上げが外部から見て好調になったのは、2007年以降の印象がある。小説『空の境界』をアニメ映画シリーズとして連続公開したり、やはり同年からゲーム『テイルズ オブ シンフォニア』をOVAシリーズ化して、原作ファンから広く受けいれられた。そして『空の境界』と同じアマチュア出身の原作者によるゲームコンテンツを見映えよくアニメ化することで安定したヒットを叩き出していった*5


また、2005年にゲーム『AIR』のTVアニメ化で安定した技術力が注目され、2006年には小説『涼宮ハルヒの憂鬱』のTVアニメ化で時流に乗った京都アニメーションは、もともと地方の下請け会社として定評があった。
hokke-ookami.hatenablog.com
雑誌『アニメージュ』に当時連載されていた杉井ギサブロー監督のコラムによれば、成果物のクオリティが高いかわりに発注側のスケジュールの余裕などにも厳しく、下請けとして元請けにはっきり要求していたという。
京都アニメーション作品はなぜ高品質なのか? アニメ界の巨匠が語る | アニメージュプラス - アニメ・声優・特撮・漫画のニュース発信!

大きな制作会社の下請け受注をしているのですが、大変しっかりとした仕事をしてくれると定評があり、どこの現場も発注したがるんです。スケジュールに無理があると断られるので、京都アニメーションに仕事を出すためにスケジュールを調整するということもあるほど評価が高いんですよ。僕も『キャプテン翼』のときに依頼を受けてもらえなかった経験があります(笑)。

その安定した技術力を発揮できる体制のまま元請け会社に移行するまで、地方で人材を囲って育てつづけていた。どれくらい長い期間かというと、たとえば1995年のアニメ映画『攻殻機動隊』等で前世紀から世界的に知られる制作会社プロダクションI.Gが1987年に立ち上げられた時、先行する立場として支援にまわったほどだ。
「こんな低予算では食っていけない」挑戦し続けるProduction I.G・石川光久社長の原点と理念【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

独立の際に「石川が社長になればいいんじゃないの?」と言ってくださったのも八田さん(京都アニメーション代表取締役社長)ですし、会社設立のサポートや出資もしていただきました。

ちなみにプロダクションI.Gも、2000年に中編アニメ映画『BLOOD THE LAST VAMPIRE』で経産省から製作費を支援されて完成。版権をもつ立場として実写映画化やTVアニメ化など、現在まで広くメディアミックス展開をつづけている。ヒット作に後から支援する方法では、そのような企画のたちあげを支えることもできない。


そもそも本当にヒット作をつくったアニメ会社が支援されるのであれば、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』のシンエイ動画や『名探偵コナン』のトムスが大半の対象になるだろう。その方針が昔からの国策であれば、京都アニメーションはそれらの優秀な下請け会社のままだったかもしれないし、ufotableの発展も難しかったろう。
赤松氏の政策案を字義どおりに解釈するなら、深夜アニメのようなマニア向け市場そのものが切り捨てられかねない。それこそが自民党の望んでいる日本アニメの姿なのかもしれないが。
hokke-ookami.hatenablog.com
ヒット作を出した会社に後から支援するだけでは、現場の末端の負荷が解消されないだけでなく*6、新たなヒットにつながる芽までつみかねない。
その時点でわかりやすくヒットした会社だけを支援することは格差を拡大しかねない。ヒット作を生みだす可能性が高い、つまりは余裕のある会社ばかり支援される傾向になるだろうからだ。そのように政治が介入すれば、むしろ自由市場から遠ざかっていく。
選択と集中」が自由の促進どころか市場の固定化をまねく問題は、すでに日本社会で広く理解されているはずだ。やはり自民党としてはそうした格差の固定こそを望んでいるのかもしれないが。

*1:唐突に登場した敵幹部に上司が時間稼ぎしかできず、主人公がとりにがして終わる「無限列車編」よりも、直後にTVアニメ化された「遊郭編」のほうが敵幹部をめぐる主人公兄妹との対立構図や物語のまとまりでは完成度の高い長編作品になったろう、と思った。

*2:それ以前に最大だった『千と千尋の神隠し』にしても、『風の谷のナウシカ』直前の宮崎駿監督は玄人好みの時代遅れな売れないアニメ作家だったし、スタジオジブリ全体も初期作品は赤字だった。

*3:ただし映像面こそ常に高い評価を維持していたが、ゲーム会社のLEVEL5ほどではないが社長脚本の評価は低いことが多かった。

*4:もっとも視聴者が知ることができるランキングが、そのまま採算ラインの明確な基準になるとは当時から思えなかったが。

*5:アニメ文庫のような実験的OVAブランドのほうが好きだし、そうしたスタッフの挑戦をうながす作品は売り上げが低くとも内容以外にも価値があるだろうと思うが。

*6:むしろヒットした会社に税金で負荷をかけて利益を吐き出させるほうが一般的には労働環境を良くするのではないだろうか。少し違う話だが、脱税発覚後のufotableが、以前以上にスタッフの雇用やボーナスといった現場への利益還元に動いた逸話もある。「今回の事件もあって、希望するスタッフ全員を正社員にしました。スタッフにはこれまでの2倍程度のボーナスも支給しました」と社長の近藤光氏がコメントしている。 www.dailyshincho.jp

『世界まる見え!テレビ特捜部』危険な旅SP

「裸のサバイバル」は男女ふたりが全裸にそれぞれ道具ひとつだけを過酷な環境にもちこんで、3週間のサバイバルをおこなう番組。
今回はアマゾンのジャングルではじまったが、初日でいきなり優先順位をまちがえる。着火装置をつかった火おこしに女性が失敗して、ナタをつかう男性の住居づくりに協力して完成させたが、その夜に蚊の大群におそわれる。次の日から雨がつづいて着火が困難になり、煙で蚊を追いはらうことができないまま。女性に着火をせまられた男性が装置を壊してしまい、怒った女性が4日でリタイア。残った男性もすぐにリタイアした。
さすがにこれでは番組が成立しないと、別々のサバイバルに成功した男女を送りこむ。今度も着火装置とナタをもちこんだふたりだが、あっさり火おこしに成功。家屋も完成して今度は順調か、と思いきや蚊の大群はやはりおそってくる。根本的にサバイバルが困難な地域なのだ。1週間近くまともな食糧もなく、ようやく見つけたのはデンキウナギ。ここで男性は調子に乗った台詞で殺そうとするが、女性は食べるために殺す生物への敬意が必要と批判し、気まずい空気になるのが逆に良かった。

女性自身も食べること自体には喜びつつ、そのヴィーガニズム的な考えを番組全体で肯定していく流れが、自然のなかで生き抜く番組だからこそ感心した。男性も空腹がおさまれば客観視できるようになって女性の批判を受けいれ、軍人として育ったゆえの内心の暴力性を見つめなおし、関係が回復する。
そこから気力をふりしぼるように見事なイカダを組み上げ、合流地点を目指して川を移動しようとする。たくさんの水草に動きをはばまれたり、夜間にワニの群れが目を光らせたりするが、合流に成功したふたりは抱きあって喜ぶのだった……リアリティ番組ということを考慮してなお、展開が興味深かったし、そこで描かれた価値観も良かった。


米国からは1988年、偵察衛星を設置するためスペースシャトルが打ち上げられた。しかしそのアトランティス号の耐熱タイルがはがれていた可能性がもちあがる。
1986年のチャレンジャー号の爆発事故からひさしぶりの打ち上げだが、順調に成功したと思われた。しかし打ち上げ時の映像を見返していた地上スタッフが、補助ロケットから何かがはがれてスペースシャトル本体の裏、耐熱タイルに当たった可能性に気づく。
連絡をうけた乗組員は船外アームの先にあるカメラで裏面を映し、穴らしきものが撮影された。それを地上基地に送ったが、影がたまたまそう見えているだけだという判断が返ってくる。そのまま大気圏突入し、無事に帰還することはできた。
しかし対ソ連のため秘匿性の高い任務のため、通信は暗号化されていて鮮明な画像が送れず、地上基地がまともに判断できなかったことが事後的に明かされる。どう考えても地上基地は判断できないことを乗組員につたえるべきだったろう。
そして地上で耐熱タイルを確認すると、はっきり損傷していた。たまたま連鎖的にはがれるジッパー現象が起きなかったのと、損傷部分の裏側がシャトル全体でつかわれているアルミではなく鉄骨だったため、溶けながらも高温に耐えられたのだった。
もちろん記憶に新しい2003年、シャトル計画全体の見直しをせまったコロンビア号の事故も紹介。予測できる事故だったというNASA関係者の証言が映し出される。コロンビア号の爆発は、ぎりぎりの幸運で助かった事故の再現だったのだ。


最後はシャングリラと呼ばれた理想郷として、ネパール奥地の高山に掘られた住居遺跡を調べる番組。
途中でたちよった村の、大岩の上に石がつみかさねられた中から人骨を発見したり。岸壁を掘り進めて部屋同士をつないだ目当ての遺跡から、状態のいいチベット文字の壁画を発見したり。古くから信仰されているチベット寺院の鍵をあけてもらい、極彩色の彫像群を見せてもらったり。
興味深い情景のドキュメンタリであったが、戦争や迫害を逃れて高所にうつりすんだ歴史は他の世界遺産でも見られる。それを「平和」な世界と表現するまではともかく、「理想郷」に位置づけるのは微妙なところ。
そもそも古い神話に登場するシャンバラと違い、シャングリラは20世紀に英国の小説で登場した理想郷。伝説が史実だった可能性をもとめて探索する対象としては不適切ではないだろうか。
kotobank.jp