法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

表現の不自由展と宇崎ちゃんのポスターの相違点について

献血募集ポスターに『宇崎ちゃんは遊びたい!』の3巻表紙絵が流用されて、さまざまな議論があったらしい。

宇崎ちゃんは遊びたい! 3 (ドラゴンコミックスエイジ)

宇崎ちゃんは遊びたい! 3 (ドラゴンコミックスエイジ)

流行にうといもので、漫画のタイトルすら聞きおぼえがなく、私個人はどの立場からも確信をもって主張しがたい。


ただ、下記の匿名記事には首をかしげるところがあったので、いくつか記録をかねて書いておく。
表現の不自由展と宇崎ちゃんのポスターの共通点について
まず論争の発端からして事実誤認をしていないかという疑問がある。

例によっていつもの太田啓子弁護士の適当に難癖を付けて周囲のフェミニストを焚き付けて、いい感じに燃え始めたら自分はつぶやきを消して「え、私、そんなこと言いましたっけ」となかったことにしようとする火付けしぐさなんだから「はいはい、いつものね」と黙ってスルーしておけばいいのに、こぞってブクマをつけまくってやがる。

実際の太田氏のツイートを参照すれば、外国人による批判的なツイートでポスターの存在を知って、同調するように批判をしていることがわかる。

能動的に太田氏がポスターが見つけたわけもないし、たとえその批判が不当だとしても*1、それはすでに付けられている難癖に同調したという問題だ。


そして本題の、表現の不自由展と宇崎ちゃんのポスター*2の共通点だが、この匿名記事は相違点の指摘を奇妙な論理で反駁している。

grdgs あいトレの場合は「表現自体を許さない」だったのに対し、こちらは「TPOを考えろ」だからまったく違うわな。

はい、馬鹿丸出し。確かに「表現自体を許さない」とのたまったネトウヨもいただろう。立川流を名乗るワイドショーのコメンテーターもいただろう。

だがそんな過激な言い分はまともに取り合っている奴らはほとんどいまい。

さまざまな有力政治家が不自由展を非難して抑圧の姿勢を見せたことや、暴力的な脅迫が示唆されて実際に展示が一時中止されたことすら忘れているのだろうか。首をかしげながら匿名記事を読んでいくと、「文科省補助金不交付にしろ、河村市長の座り込みにしろ、いずれも大衆からの批判がなければまかり通るものではあるまい」などと大衆が同調していることを認めているが。
いずれにせよ、匿名記事が大雑把に「規制しようとする」と主張しているのに対して、id:grdgs氏は「許さない」と「考えろ」と表現を変えているのは示唆的だ。考えるようにうながすことは、それ自体がひとつの自由であるべき言論だ。
今のところ太田氏らの脅迫にさらされているわけではない以上、日赤側は批判に対して反論することも、批判を受けいれつつ表現をとりさげないことも、あえていえば批判を黙殺することもできる。


匿名記事が表現規制についてよく考えずに主張していることは、id:tikani_nemuru_M氏への反駁で、より明確になっている。

例によって上から目線でドヤ顔を披露しているがここでidコールされているmemorystockが問題視しているのは、

memorystock この絵やキャラを守りたいのではなく、規制理由をきちんと言語化出来る人がおらず「NGじゃん」「本当に嫌」が規制派トップなのはアレすぎではと危惧するものです。挙句「戦士」↓のような無意味な侮辱に逃げるし。

とあるように、あのポスターの批判派がポスターを撤去するだけの理由をまともに言語化していないことである。

「公権力による規制と大衆からの批判」の相違を無視して「規制」と書いて揚げ足をとられたのであれば、言語化能力が欠けていたのはmemorystock氏の側だろう。
ついでにいえば、きちんと理由を言語化できない「NGじゃん」「本当に嫌」は、感想の範囲にとどまるのであれば、それもまたひとつの表現の自由だろう。
感覚的な反応それ自体が悪いわけでは必ずしもない。問題なのは、規制したい真意を糊塗するように「こうした表現に税金を使うのはおかしい」といった後づけの主張をする態度だ*3


もちろん不自由展とポスターは、匿名記事も書いているように「まったく同じ」わけでも「まったく違う」わけでもない。
ただ少なくとも表現の自由という基準で見れば大きな開きがあるといわざるをえない。不自由展は制限された閉鎖空間でおこなわれ、文脈を解してもらうために様々な手段を講じた。ポスターは第三者に広く公開されるものであり、一枚絵全体で文脈を読みとってもらわなければならない。
匿名記事は「大衆からの批判」という共通点をもって、不自由展とポスターが同じように規制の危機にあるかのように主張している。不自由展の展示物は、多くが公権力によって規制された作品という順序すら誤認しているのだ。

そうした大衆からの批判が公権力による規制に繋がる危険性が炙りだされたのが表現の不自由展ではなかっただろうか。

文科省補助金不交付にしろ、河村市長の座り込みにしろ、いずれも大衆からの批判がなければまかり通るものではあるまい。

そもそも、匿名記事の主張が正しいならば、大衆からの批判がされた表現は全て規制の危機にあるというのだろうか。たとえば『けものフレンズ2』の制作者に対して批判とは呼べない攻撃が一部であったが*4、ならば『けものフレンズ2』への批判は表現の自由をさまたげているといえるだろうか*5
まさかそのようなわけはあるまい。不自由展への弾圧を批判する側にしても、必ずしも展示物を全肯定はしていないし、時には明確に批判的な評価をくだしているくらいだ。


表現の自由と不当な批判という、重なりつつも同一ではない行為を混同している問題が、おそらくこの匿名記事の根底にある。
もちろん、議論で勝てない誤った批判であるからこそ、権力による抑圧や暴力による弾圧につながることはよくあるだろう。
しかし、たとえ批判内容はそれなりに妥当であっても、脅迫的な言辞を用いれば、それは表現の自由を驚かしていることになる。
逆に、事実誤認にもとづく明らかに誤った批判であっても、それを発表することが表現の自由をさまたげるとは限らない。
表現の自由とは、批判されない特権のことではない。

*1:少なくとも画像のトリミングなどはおこなわず、きちんと公式サイトのキャンペーンページも提示して、問題提起できるかたちにはしている。「絶対負けんなよ!」「原発ふざけんな!」「放射能に負けないよ!」といった叫びも同時に収録した映像作品から「放射能最高!」という叫びだけ切りとって批判されたような事例とはそれだけでも異なる。「反日」「福島ヘイト」と批判。アーティストが作品に込めた本当の思いとは

*2:以下、それぞれ「不自由展」「ポスター」と略記する。

*3:一応、匿名記事がそうだと断言するわけではないが。

*4:

*5:不自由展への攻撃とで、象徴的な情景も報道された。『クローズアップ現代+』「表現の不自由展・その後」 中止の波紋 - 法華狼の日記

北方領土エリカ、クマと仲良くなったとアピールする

北方領土エリカちゃんとは、エトピリカという鳥をモチーフにした、北方領土返還運動の広報キャラクターだった。
北方領土イメージキャラクター「エリカちゃん」 | 独立行政法人 北方領土問題対策協会
北方領土エリカちゃんTwitter 北方対策本部 - 内閣府
官製広報キャラクターでも珍しい主張の強さで一時期から注目を集め、日露首脳会談で北方領土問題が後退したことに合わせた沈黙でさらに注目を集めた。
官製ゆるキャラ・エリカちゃん、「沈黙の1日」の悲哀:朝日新聞デジタル

「今から皆さんに、北方領土に関するクイズを出すピィ~♪ まずは初級編だピ! 【第1問】北方領土を不法に占拠しているのはどの国でしょう?」

 ゆるキャラらしからぬ挑戦的な出題に「全然ゆるくないぴー」「ロックだ」などの反応が殺到した。

 エリカちゃんは少しも騒がず「正解は、【ロシア】だピッ!」とツイートしてから、第2問を出題した。

プチ鹿島 2019年・北方領土の日と北方領土エリカちゃんを語る

「硬軟織り交ぜた話題で、世代を超えて皆さんに北方領土問題に興味を持ってもらえるとうれしいピィ♪」って。1年前に言っているわけです。ねえ。そりゃそうでしょう。「北方領土は日本の固有の領土です!」っていう。で、今年、北方領土の日。気になるじゃないですか。ねえ。エリカちゃん。あれだけ強気なエリカちゃんですから、なにか言ってくれるだろう、ツイートしてくれるだろうと思ったら、ゼロ。

そんなツイッターアカウントも最近は再び精力的に発信するようになっているが、ひとつ興味深いツイートがあった。

いうまでもなく、クマといえばロシアを象徴する動物である。
子どもの絵本やおもちゃには熊がモチーフとなったものが多いが、なぜ獰猛な熊が好まれるのか知りたい。 | レファレンス協同データベース

『イメージ・シンボル事典』(アト・ド・フリース著 大修館書店 1984
 p49-50 「BEAR クマ」の項に「象徴として 1 高貴を表し、王はオットセイ、クマ、メルシナ(妖精)の血統である。ロシアでは人間の友であり、この国のエンブレムとなっている。」

文脈を読ませるかたちでしか発信できなかったのかもしれないし、意図せず文脈が生まれてしまったのかもしれない。
その文脈を読んでもらわないと困るのかもしれないし、そうした深読みをされると困るのかもしれない。
いずれにせよキャラクターを用いた広報というものの難しさを感じるツイートだった。

『相棒 Season18』第2話 アレスの進撃~最終決戦

特殊作戦群の元陸将補である岩田は、娘の仲間たちを殺した容疑をかけられたが、特命係に囮として野放しにされていた。
そんな父を殺戮兵器と呼ぶ娘は、残った仲間とともに洞爺湖の兵器市場へ向かう……


輿水泰弘脚本による、約1時間半で描かれる後編SP。
前回に書いたように公式サイトではテレ朝キャッチアップが紹介されているが*1Tverでも無料配信されている。
https://tver.jp/episode/63864153
しかし配信のサブタイトルは第1話と同じ。最初は3時間SPにする予定で、公式サイトのサブタイトル表記は後づけだろうか。


孤島の捜査から岩田が逃げおおせた説明として20kmくらいの距離なら泳げると推理され、杉下の冗談かと思えば実際に描写される。
そうしたギャグかシリアスか判然としない場面が多く、なおかつ普通の刑事ドラマや本格ミステリなら不可能状況とされる局面を、特異的に優秀なレンジャー部隊員だから突破できると説明するのが、良くも悪くもアンチミステリを見ているようだった。その岩田の身体能力を船越英一郎が説得力をもって演じているのも困惑をさそう。


しかも真相はそれを踏まえつつ飛躍した無茶で、どんな顔をして見ればいいのかわからなかった。
岩田に教えを叩きこまれて体育大学や海外ボランティアの経験によって、娘もまた殺戮兵器と堂々の身体能力をえていたというのだが、やはり演じる北香那がちゃんとそれらしい格闘戦を見せてしまう。1カットで仲間たちを格闘戦で殺していくような難しい撮影に挑戦して、そこそこ成功しているのが笑うしかない。超人的な身体能力で犯人が特定されたが、同等の能力を持っていた人物が罪をなすりつけるために、あえて身体能力で殺戮したのが真相だった……というのはミステリなのだろうか。
日本の政治家が兵器を売買することを批判するという、いかにも社会派テーマにつながりそうな題材はミスディレクション。岩田娘と仲間たちはプルトニウムまで持ちこんで脅迫しながら、論戦で引きさがって兵器を必要悪と認めて、支援団体への寄付を要求するという腰砕けっぷり。そもそも岩田娘が仲間を恐怖で支配していたかのような回想もあり、反戦運動に暴力をもちこむことへの批判という解釈も難しい。
そうして全ては殺戮兵器な岩田父娘のミニマムな愛憎劇に収斂していった……これはこれで見ていて面白い娯楽ではあったのだが……

その政治家は自国批判する美術展を守っている、などと世界一周している外国人へ説明しても、たぶん「アッハイ」と思われるだけじゃない?

愛知県知事の大村秀章氏が、あいち航空ミュージアムのイベントで一般公開されたシルバースピットファイア*1を紹介していた。
その紹介ツイートで翼に立っている写真に対して、展示物を踏みつけているという批判が押しよせていたらしい。
「大村知事がシルバースピットファイアを足蹴にした!イギリスに怒られる!」→「そこから乗るんだが?」「スタッフが促したんだが?」の突っ込み - Togetter
もちろんTogetterやはてなブックマークでも指摘されているとおり、当時の戦闘機は翼を踏んで搭乗するようになっている。
[B! togetter] 「大村知事がシルバースピットファイアを足蹴にした!イギリスに怒られる!」→「そこから乗るんだが?」「スタッフが促したんだが?」の突っ込み - Togetter
ちなみに私の場合は小学生のころに兵器にまつわる書籍で知ったが、義務教育で学んだかどうか記憶がないし、知らないこと自体には問題ないとは思う。
問題は、踏んでもかまわない場所をスタッフにうながされて乗ったと説明されて、なお外国へ失礼だという批判をつづけようとする態度にある。


さらにいえば、表現の不自由展を守ろうとした大村氏への嫌悪感を、世界一周イベントをしている人々に共有してもらいたいかのような態度にも首をかしげるしかない。
表現の不自由展で脅迫の要因となった少女像は、日本軍の戦時性加害を告発する表現と位置づけられている。英国軍は当時に日本軍と対立していた側だし、そのような告発に反発するとは考えづらい。
他に脅迫の対象となった天皇を素材とした表現にしても、自国の王室を風刺して茶化すことが一般的におこなわれている英国と比べれば、大村氏への強い反発を生むとは考えづらい。
何より、そうした脅迫につながる排外主義を許せば、世界一周イベントなど不可能になるのではないだろうか。

*1:(一部変更)世界一周飛行中のシルバースピットファイアが県営名古屋空港へ飛来し、あいち航空ミュージアムで連携イベントを開催します! - 愛知県「今回飛来するシルバースピットファイアは、1943年に製作され、2019年8月から実施している世界一周飛行「シルバースピットファイア – The Longest Flight (最長飛行)」に合わせて銀色に塗装・修復された機体」

『世界まる見え!テレビ特捜部』こんなカラクリがあったのか! 見たことない裏側SP

2時間SPで、ゲストは現役の医師でもある芸人しゅんしゅんクリニックPなど。お笑いにうといので、知らない間にどんどん新しい芸人が出てくる……
ゲストの中核は極寒のアラスカで写真撮影をおこなう松本紀生。紹介されるオーロラや動物たちの情景が物珍しく美しいのはもちろん、カマクラの設営などの取材のための準備なども興味深かった。


「猛獣が街をうろつく裏側」は、米国のさまざまな地域で大型ネコ科動物が人里に現れる問題を特集。いくつかの州で外来の大型動物を無許可で飼育できることを初めて知った。
オハイオ州の猛獣脱走、問われる規制 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
隣人ペット問題も米国では大陸的スケールというわけだが、さすがに近年はオハイオ州などで法規制が少しずつ厳しくなってはいるらしい。
米オハイオ州、外来種動物所有の新規所有を禁止 - ロイター
「チャリティーの裏側」は、イギリスで寄付される大量の古着の行方を、車椅子の元パラリンピック選手がレポートする。
新品同然でも流行遅れでは古着でも売れない。リサイクル業者のトラックに毎日5台くらい引き渡されるという。その大量の古着は梱包されてガーナへ。そこで市場で販売される。
梱包された状態で取りあいになるため、ガーナの商人同士でこぜりあいになったりも。ガーナでは法律で禁じられているはずの古着の下着販売も、堂々とおこなわれている。さらに古着はガーナの田舎にも運ばれ、やはり商人同士が奪いあいながら、人々にいきわたっていく。
結果としてガーナの伝統的な布地工場は次々に閉鎖され、国家的に金曜日に伝統的衣装を奨励するようになった。田舎では便利な古着を使いつづけるが、都市部では伝統的な布地をとりいれたスーツを仕立てたりする逆転が興味深い。
「古代技術のびっくり裏側」は、ギリシャローマ時代のさまざまな先進的な工法や機械を紹介。火山灰を85%つかった千年以上の耐久力があるコンクリートや、ヘロンの重量を多用した自動機械群など。
どれも存在や構造は子供向けの学習書籍で知っているものばかりだが、映像で動きを見るとまた新鮮で素直な驚きがある。
「男女関係の裏側」は、イスラエルでの女性が冤罪を作りだす問題や、アジアから女性を呼びよせるデンマークフェロー諸島の問題などを紹介。
イスラエルは車内喫煙を要求した女性が、タクシー運転手に断られると性暴力を受けたと警察に主張したりした事件を紹介。かつてイスラエルに女性首相がいたことや、ジェンダー平等を世界的に評価されたこと、女性側の偽証は罪にならない法制度などが背景にあるという。しかし現在の政治家の顔ぶれを見ても女性上位社会とまではいえないようだし、番組で紹介された事件も統計的な比率などは出されなかった。スタジオで北野武が男尊女卑イスラムへの対抗としての男女平等ではないかと指摘したりしたし、もっと複雑な背景がある可能性は留意しておくべきだろう。
フェロー諸島は若者が都会に出かけていくことで、そのかわりのように発展途上国から女性を呼び、3万人の島に500人の外国から来た妻がいるという。メインで紹介された女性の故国がフィリピンで、まるで一昔前の日本を見ているような気分になった。個々の家族は、強気ではない外国人妻を求めるイスラエルの男よりは幸福そうには見えたが……
「AIの裏側」は、現代の人工知能の最先端技術を一挙に紹介していく。
しかし自動運転車や医療用ロボットなどは珍しいが、どこまでAI技術が貢献しているかは判然としない。特に後者は、紹介された事例では人間の医師がオペレートした段階だという。
逆に、AI技術に批判的な作家は、葬儀でAIが語ったりすることを人間が受け入れられるかと問うたりするが、それをいうなら現在の冠婚葬祭は過去から見れば不謹慎なことも多いのではないだろうか。
「未解決事件」は、1985年12月19日にワシントン州チェホールズ市で80歳の資産家夫婦が殺された事件を追う。
乗り捨てられた夫婦の自動車まわりの証言から、後部座席に第三者がいたらしいことや、殺される直前に預金をおろしていたことが判明。残された煙草から親族の喫煙者が疑われたが特定できなかったり、自身を真犯人だと吹聴する男に囮捜査をしかけると事件の詳細を知らないことがわかったりして、迷宮入り。
やがて年月がたち、事件当時に十歳だった若手捜査官が再捜査。てっきり吸い殻のDNAから犯人を特定したのかと思いきや、当時に捜査で使ったモノクロの容疑者写真を鮮明化して着色して、自動車まわりの目撃者に特定させたというものだった。