法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?』二月公著

大規模プロジェクトのユニットメンバーに抜擢された歌種やすみと夕暮夕陽。さらに先輩声優や新人声優が参加するなかで、それぞれ分割したユニットのリーダーをまかされることに。そしてあくまで企画としての競争がはじまるが、歌種と夕暮はたがいをライバルと思い、本気で競いあおうと周囲を引っぱるが……


2021年12月に発売された、女子高生の声優コンビを主人公にしたシリーズ。ユニットにわかれていることもあり、過去より歌種個人によりそい、その視野のせまさもふくめて青春小説らしさがあった。

声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい? (電撃文庫)

半年前に出た5作目では制作トラブルつづきのアニメ現場が描かれたが、そこで示唆されていた同時期の大規模イベントにおけるトラブルを描く。
hokke-ookami.hatenablog.com
新登場したのは元人気子役の小学生声優の双葉ミントと、生活を優先して実力をセーブする年上新人声優の御花飾莉。その設定から思い出されるのが主人公コンビ、子役としてキャリアをスタートした夕暮と、母子家庭で育った普段の顔を声優仕事では隠している歌種だ。
シリーズ主人公の鬱屈や停滞を抽出したキャラクターたち。さらに双葉のとある問題行動の原因が、シリーズの過去作で歌種がくりかえした無茶とそっくり同じ。作中でも主人公コンビの過去の暴走と御花が重ねあわせて、看過した責任を厳しく糾弾する。歌種のもうひとつの可能性である御花が決定的な批判をつきつける構図と気づけば味わいが増す。


1作目のクライマックスからくりかえされた、情熱をもって周囲をまきこんで無茶をして課題を乗りこえる若さだけの物語。このシリーズは心身を削る努力ばかり賞揚され、それによる問題の解決は前作でも引っかかりをおぼえた。
しかし今回はクライマックスにおいて、厳しい状態でもあえて耐えて休む意味をしっかり描いて、いったん立ち止まった。瞬間瞬間に輝いて燃えつきるだけではない、小さくとも継続して光りつづける意義。前作の対比で今作を用意していたのなら、シリーズの流れも理解できる。
おかげで、きちんと現代的な視点がある仕事のドラマとして読めるようになった。あくまでエクスキューズにとどまるか、シリーズのターニングポイントになるかまでは、次作を読むまではわからないが。

岸田文雄氏、首相として表現の弾圧をドイツの首相へ要請していたことが判明

日本軍慰安所制度の犠牲者を象徴する少女像を、ドイツ首都のミッテ区から撤去するよう要求したのだという。
ベルリンの慰安婦像撤去、岸田首相が要求 4月の日独首脳会談で | 毎日新聞

4月28日に首相官邸で開かれた日独首脳会談で岸田文雄首相がショルツ首相に「極めて残念である」と伝え、改めて撤去を求めたと明らかにした。ショルツ氏側の返答については「外交上のやりとりだ」として、明らかにしなかった。

つい先日にも、ヒトラームッソリーニ昭和天皇が並置されたことを拒絶して、ウクライナに表現をとりさげさせたばかり。
全体主義国家の侵略に追いこまれている国に対して、全体主義国家が侵略した過去の事例として自国がならべられている表現を削除させた国があるらしい - 法華狼の日記
切りはなした過去の国策的な問題が表現されることを国家として拒絶するという、悪い意味での一貫性がある。


毎日記事によると、官房長官は下記のように「わが国の立場」を主張しているが、そもそもそれが何なのかがわからない。

 松野氏は「政府としてはこれまでも関係者に対し、わが国の立場を説明してきたが、撤去に至っていないことは極めて残念だ。引き続き、像の速やかな撤去を求めていく」と述べた。

2015年の日韓合意を読みかえせば、少なくとも軍の関与で女性を犠牲にした歴史を認めて、政府の責任も痛感している立場のはずだ。
日韓外相会談|外務省

慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
 安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

少女像に代表される記念碑については、大使館前の安寧や威厳の維持に限定されている。しかも認めらているのは一方の「懸念」だけ。ドイツの一地区の記念碑には何の効力もおよぼせまい。

韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。

ちなみに、はてなブックマーク等ではid:toratsugumi氏による下記コメントのように、日韓合意があらゆる犠牲者表現を規制できるかのような主張が一部で見られる。
[B! ドイツ] ベルリンの慰安婦像撤去、岸田首相が要求 4月の日独首脳会談で | 毎日新聞

韓国とのイアンフ合意で、あちらさんが(場所を問わず)あの金色醜女像の撤去に努力するって一節があって、実はこれはドイツではなく韓国相手に蹴り入れてるだけなのだった。岸田、あの合意締結した当事者だからな?

表現の醜悪さはさておき、合意内容について誤解が相当に広まっていそうに思えてならない。官房長官のコメントを読むかぎり、日本政府が誤解を積極的に解くこともなさそうだ*1

*1:ちなみに外務省サイトが取組について主張するページでも、歴史学的において日本軍慰安所制度が「性奴隷制度」であったことなどは根拠もなく否定する「立場」が書かれているが、さすがに記念碑を規制したい主張は在外公館にかぎっていて、それ以外の場所の表現には直接的な言及はおこなっていない。 慰安婦問題についての我が国の取組|外務省

本当にそのようなことがあったなら、直接的な性的強要に発展しなかっただけでも、被害者も加害者も生まれず良かったのでは、と思った

発言のなかに誹謗中傷にあたりそうなものもあったりして、それはそれで批判されるべきだとして。
[B! 増田] 「弱者男性の姫」による5月6日東京セックスボランティア炎上
[B! ミソジニー] 弱者男性への無料セックスボランティア活動を行っていた揉めん豆腐さん(とうふさん)、約束の日に「救済」を行わず炎上。引退する
性交とは水泳のようなものだ。望んでやれば楽しいが危険性があるし、技術や用意がなければ危険性が増す。楽しめなければ苦痛でしかないし、いっそう危険性が増す。苦痛をおして業務としておこなうなら、それ相応の対価が与えられるべきだ。
泳ぐ自由は認められるべきだし、あえていえば危険な入水を決行する自由もあるかもしれないが、誰にも強要されるべきではない。少しでも海が危険に感じたり気が進まなくなれば直前で中断してもいい。いっしょに泳ごうと大切な仲間と約束していても、その準備で相手の金銭をつかっていても、客観的には安全な凪の海でも、中断をためらう必要はない。海に来た動機が浅はかな思いつきだったことは、立ち止まってはならない理由にまったくならない。
若ければ泳ぐ機会はいくらでもあるし、老いてもそれなりにできるものだ。とはいえ海が荒れ狂えば荒れ狂うほど、たいていの人はそこで泳ぎたくなくなるだろう、とも思う……


今年に経験した直喩的なできごとを思い出しながらここまで書いて*1、性的同意について紅茶をつかった比喩を警察がYOUTUBEで公開していたのを見つけた。
www.youtube.com
料理をつかった比喩だという記憶でさがしていて見つけられないでいたが、もとは英国警察の作成した映像だったとおぼえておくべきだった。

*1:春先の海も急に波が荒くなったりするから気をつけよう。

『デリシャスパーティ♡プリキュア』第9話 かみ合わないふたり?ここねとらんの合わせ味噌!

新しいSNSアイコンについて、華満はラーメンにしようと決めているが、芙羽はパンダにしたほうがフォロワーが増えると意見する。後日、タコ焼きパーティーで距離をちぢめようとするプリキュアローズマリーだが、今度は華満がつくった変わり種のタコ焼きに芙羽が驚き、甘いものは食事の最後にするべきだと意見する。そして和実は祖母の合わせ味噌を思い出していた……


演出の河原龍太は東映では初めて見る名前。検索するとサンライズの制作進行出身だが、演出家としてはさまざまな制作会社でのスポット的な参加でキャリアを積んでいて、よくわからないところがある。

過去のコンテ演出回は何度も見たことがあるが、ソツやクセがなかったのか、良くも悪くも名前が印象に残っていなかった。
とりあえず今回は、落ちついて淡々と主張する芙羽と、コミカルに表情を変えて主張する華満を同じフレームに入れて、それぞれの印象をきわだたせるカットをうまく多用していた。しっかり枚数をつかって複雑な芝居をさせた作画そのものに見ごたえあることに加えて、動きのコントラストで実質以上によく見える。プリキュアに変身する後半まで背景にいる和実の、シンプルにデフォルメされた作画もかわいらしい。


物語は、オーソドックスに道徳的な内容。距離をちぢめようと無理に発言をひっこめる態度をやめて、たがいの違いを尊重するようになることを肯定する。一昔前の子供向け番組ならそのまま成功したような、たがいに我慢して相手にあわせることを作中アニメなどから学んだふたりが、それでも失敗したからこそ結論は普通でも経験を踏まえた厚み、説得力がある。
さすがに和実家の混ぜる味が違うほど良くなる合わせ味噌のたとえは無理があると思ったし、せめて華満にダブルスープの手法などで共感させて納得する説得力を増す手続きは入れてほしかったが、そういうところもふくめてぐっと対象年齢を下げたEテレ的な教育番組らしさがあった。

弁護士の高橋雄一郎氏が呉座勇一氏を擁護しようとして、まともに文章を読めなくなっていた

ツイッターの「いいね」に一定の責任を求めるid:hokusyu氏に対して、高橋氏は異なる話題の過去の文章を引いて内心を憶測していた。


呉座先生はラムザイヤー論文紹介ツイにいいねをつけた。北守はこれのみを根拠に「呉座勇一が歴史修正主義に共感的だった」と断じる論稿を発表した。この内容はオープンレターにも取り込まれ、いま訴訟の対象になっている。「いいねを慎重に使う義務」は北守の最後の砦。
web.archive.org

引用リツイートを見ると漫画原作者の喜多野土竜氏など、高橋氏への同調が目立つ。


ジオン兵「イイネなんてブックマーク代わりです。エロ嫌いな人にはそれがわからんのですよ」


池江璃花子選手を個人攻撃しまくった北守が何をいってるんだって感じだなあ。
自分の人権侵害は綺麗な人権侵害かよ。


しかし高橋氏のツイートは4月13日におこなわれている。はてなブックマークで指摘されたように、4月7日の時点で呉座氏自身が批判された過去ツイートを公表し、反駁していた。
[B! SNS] 高橋雄一郎 on Twitter: "呉座先生はラムザイヤー論文紹介ツイにいいねをつけた。北守はこれのみを根拠に「呉座勇一が歴史修正主義に共感的だった」と断じる論稿を発表した。この内容はオープンレターにも取り込まれ、いま訴訟の対象になっている。「いいねを慎重に使う義務… https://t.co/BZGbF73V2L"

id:yas-mal 本人の書き込みでも「歴史修正主義に共感的」な発言をしていますね。/ありがとう、まとめてくれた日本歴史学協会(&それを公表した呉座先生)。 https://ygoza.hatenablog.com/entry/2022/04/07/102424

具体的にはリストにされた「従軍慰安婦問題について」という項目で、歴史学会の声明に対して「性奴隷制度」という位置づけを根拠なく拒絶するツイートをおこなったり、いわゆる「鍵RT」*1で同様の意見をひろめたりしていた。
ツイッターの機能がどのように判断されるかは司法でわかれており、いまのところ「いいね」はブックマーク目的という可能性が認められたが、リツイートは名誉棄損になりうるという判決も存在する。
そのリツイート、名誉毀損かも 安易な情報発信に警鐘:朝日新聞デジタル

阪高裁判決はコメントを付けないリツイートについて、「元ツイートの表現が他人の社会的評価を低下させるものだと判断される場合、経緯、意図、目的、動機などを問わず不法行為責任を負う」と判断。その上で、投稿者には「投稿に含まれる表現が他人の品性や名声などを低下させないか、相応の慎重さが必要だ」と述べ、岩上氏に33万円の支払いを命じた一審・大阪地裁判決を支持し、岩上氏の控訴を棄却した。

さらに5月6日になって、反訴したと報告する呉座氏のエントリでは六つの「いいね」の他、リスト以外にひとつのツイートも「歴史修正主義」と評価する根拠として提示されたと説明して、反駁していた。
反訴の提起について - 呉座勇一のブログ

原告らは、歴史修正主義についての記載は、3件の投稿と6件の「いいね」を前提とした論評であり、投稿・「いいね」が真実であるから問題ないと主張しています。

また、これら投稿・「いいね」は全体の文脈の中で捉えると、いずれも歴史修正主義に同調するものではないことが分かります。

呉座氏は全体の文脈を提示していないので、その主張の根拠がわからない。しかしどちらにしても、hokusyu氏が呉座氏を論評する根拠は「いいね」だけではないのだ。


そもそも高橋氏が根拠にしたhokusyu氏の文章だが、提示されている記事を実際に読んでみると、高橋氏が単純な誤読をしてしまっていたことがわかる。

 呉座勇一の歴史修正主義ツイートは、主に日本軍「慰安婦」問題に関するものだった。「慰安婦」の性奴隷制を否定するものや、直近では、国内外の研究者によって学術的な欠陥が指摘されているマーク・ラムザイヤーの「慰安婦」は性奴隷ではなく商行為だったとする論文を支持するツイート複数にいいねをつけていたことがわかっている。

「Xや、Y」という文章を読んで、XとYが同じものとしか解釈できない高橋氏は、はたして弁護士をやっていけるのだろうか*2
たしかに「性奴隷制を否定するもの」と「性奴隷ではなく商行為だったとする論文を支持するツイート複数にいいねをつけていた」は印象としては重なる。しかし、わざわざ読点をはさんで「直近では」と時系列も明記しているのに誤読したなら、さすがに書き手ではなく読み手に責任があるだろう。
hokusyu氏が「いいね」の責任を重視する因果について推論を誤った高橋氏は、陰謀論に片足をつっこんでしまっている。呉座氏を擁護したい心理が先入観となって誤読をまねいたのか、それとも誤読によって先入観を強固にしてしまったのかはわからないが。


最後に、私は上記で指摘された他にひとつ、従軍慰安婦問題にまつわる呉座氏のツイートを知っている。それは元朝日記者の植村隆氏が「捏造」という評価に反論したことへの、否定的な論評だった。
植村隆記者による従軍慰安婦報道は、表現の慎重さにおいて頭ひとつ抜けていた - 法華狼の日記

日本中世史研究家の呉座勇一氏*3も、植村氏が先行研究を引いたことに上層部の意図をかんぐっていた。

先行研究から通説を引いた時、その誤りを専門家が見ぬけなければ批判されることがあるかもしれない。それでも、通説を引いたこと自体に特別な指示を見いだすのは、ただの陰謀論でしかあるまい。

はてなダイアリーというサービスからはてなブログへ強制的に移転されたこともあり、埋め込んだツイートは現在のエントリから消えているが、呉座氏は下記のように発言していた。

植村氏の反論は立場上「他紙も書いていたのになんで俺だけ」と言わざるを得ないから分かりにくいのであって、「上の指示で書いたのになんで俺だけ」というホンネに翻訳すると、とても明快になる。

攻撃的な報道により教授職の内定をとりけされ、さらに脅迫などもあって非常勤講師の立場も失わされた植村氏に、当時の呉座氏は陰謀論をもって攻撃に同調していたのだ。
誹謗中傷をおこなった責任があるとはいえ多くの批判にさらされ、弱い立場で勤務先と争っている現在の呉座氏を考えると皮肉だが、だからこそ今さら指摘したくない気分もあった。今回のエントリでとりあげた出来事がなければ、ほりおこすことはなかっただろう。
ただせめて、呉座氏が起こしている複数の裁判でどちらにどれだけ正しさが認められるかとは違う問題として、今の呉座氏が植村氏をおもんばかることができるように願っている。

*1:鍵をかけたアカウントの発言が、第三者によって公開されることもある慣例を、ここで呉座氏自身がおこなっていたことが興味深い。一応、「鍵RT」では発言者が誰なのかは秘匿する慣例があるようだが、それはそれで「いいね」はもちろん一般の「リツイート」よりも拡散者の責任が重くなるのではないだろうか。

*2:他の可能性としては、「「慰安婦」の性奴隷制を否定するもの」と「国内外の研究者によって学術的な欠陥が指摘されているマーク・ラムザイヤーの「慰安婦」は性奴隷ではなく商行為だったとする論文を支持するツイート複数」の両方に「いいね」をつけたという解釈もできなくはない。しかし高橋氏は「ラムザイヤー論文紹介ツイにいいねをつけた」「これのみ」と、「いいね」の対象を限定して解釈している。