法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

オカマバーの店長が手品に興味をもってメキメキと腕をあげ、店の名物になってTV番組のマジックコンテストでも優勝した。しかしすぐ後、道ばたに捨てられるように殺された。客として応援していたススキノの私立探偵が調査をはじめると、反原発運動の旗手として知られる革新政治家の存在が浮かびあがってくる……


2013年の探偵映画シリーズ第2作。スタッフは前作*1からそのままスライドした。物語の主軸として殺された「オカマ」は芸人のゴリが配役されているが、他のキャストにはトランス女性当事者の佐藤かよなども配役。

反反原発っぽい映画という評判だけ聞いていたが、たしかに反原発の革新政治家より原発推進の保守政治家に設定したほうがリアルだとは思った。警察や新聞をおさえたり、忖度で中心人物が守られたり、セクシャルマイノリティという情報が致命的になるのは、どれも保守政治家のほうがふさわしい。
劇中でも二世政治家なので、革新というより反主流保守なほうが説得力があった。北海道が舞台なので、鳩山由紀夫などがモデルでも良かったかもしれない。
しかし政治家が理想の達成のため私的な犯罪を矮小化しようとする構図を成立させるためには、上映当時の原発推進は「理想」や「信念」という印象が足りなかったとも考えられる。


サスペンスとしての重点は、クローゼットであることをせまられるセクシャルマイノリティがショービジネスでしか生計をたてにくい社会のパラドクスにある。
そこで真犯人が家父長制を体現したような存在で、その設定がさりげなく語られたことが伏線として作用しているのは良かった。ただ、主人公がそれに気づくきっかけが犯人しか知らないはずの情報について口をすべらすという、あまりにも古臭くて手垢のついた手法だったのは残念。一応、口をすべらせた後に説明をつけようとして、その解釈の選択肢を主人公がつぶしていく手順は踏んでいるものの、もっと工夫してほしかった。
忖度が暴走したことによって政治家が空虚な中心になった結末の構図も嫌いではないが、だからこそ真犯人ではなかったという真相で良しとはせず、捜査を遅らせたことによる混乱の責任はとらせるべきだろう。いや、語られた真相だけでは、政治家はそもそも捜査を止めさせるような必要はない。たとえば政治家もまた誰かたいせつな人……この映画でゴッドマザーのようにあつかわれている後援者を守ろうとする描写ひとつ足せば、たがいがたがいを信じられずに忖度しあって事件を複雑化させてしまった、という皮肉な構図にもできたのではないだろうか。

『探偵はBARにいる』

若い女性を妻にむかえた札幌の有力者が、ある雪の夜に自動車へつれこまれようとする少女を助けようと悪漢にたちむかった。1年後、札幌はススキノに拠点をかまえる私立探偵へ、不思議な依頼の電話がかかってきた……


2011年の日本映画。『相棒』で名前をよく見る橋本一監督が、東映東直己のハードボイルド小説を映像化したシリーズ1作目。

冒頭や中盤の大立ち回りなど、当時の日本映画のアクションとしてはがんばっている。雪がつもった街中という舞台はアクション映画全体でもけっこう珍しいし、漫然と撮影せずに高低差や屋内外といった舞台の変化をつけている。何より、私立探偵コンビと田舎ヤクザのいさかいというレベルにおさえていることで、世界水準にとどかなくても許せるスケール感になっている。アップカットが多くて殺陣の組みたてがわかりにくい難点もあるが、流血の多さなどの刺激はあって映画としては充分だった。
サスペンスとしては、後半のちょっとしたどんでん返しがポイントか。どのキャラクターも基本的に俳優にあたえられたイメージにそった人格が描かれていく予定調和のストーリー。そこにひとりだけイメージと異なる真実が映画として真実味あるかたちで証言され、電話の正体から事件の構図までひっくり返る。


この展開でかなり感心して、しっかりした女性という印象がある電話の声は、途中で証言者として1シーンだけ登場した外国人ホステスかもしれないと思った。
主人公がモノローグで「翻訳」する必要があるほどつたない日本語で、十年以上前の作品と考えても偏見に満ちた描写すぎないかと思ったが、客と探偵の前では愚かに演じて、見下されたり正体を知られないようにしていたと考えればトリックになる。電話の声が陰謀で殺された女性を名乗っていて、その女性がもっていた店のキャストがその外国人ホステスなので、探偵へ依頼する動機もしっかりある。
……などと考えながら視聴していたら実際の真相は残念ながら安易で、映画も期待より予定調和で終わっていった。苦味をおぼえるしかない探偵のハードボイルドなドラマとしては成立する結末だったので、ひとつの映画としてこれはこれで悪くない。しかし上述の、見ながら思いついた展開と比べて偏見を固定するような結末だったのは残念だった。

『黄昏乙女×アムネジア』雑多な感想

古典怪談『牡丹灯籠』を思わせる学園美少女幽霊ホラー。めいびい原作、大沼心監督、 SILVER LINK.制作で2012年に1クールでTVアニメ化された。

少し前にGYAO!で全話配信されていたが、それ以前に映像ソフトで視聴していた。感想を書こうと思ったのは、OVAコープスパーティー』と好対照だと思ったため。
hokke-ookami.hatenablog.com
同じ原作者で2019年にTVアニメ化された『かつて神だった獣たちへ』よりも映像に雰囲気があるし、構成も明確。原作は未読だが、少なくともアニメ化された範囲ではヒロインに全てが収束する作りになっていて、それを受けてアニメスタッフが恋愛重視に舵を切ったのがゴーストストーリーとしても正解だったのだろう。
複数の怪談が伏線となり、その歴史的な真相が二転三転して幽霊の誕生譚を明かす構成がうつくしい。生贄ネタは『地獄少女 二籠』が2006年にあったので既視感がつきまとったことが残念だが、しかし定番ではあるのでそこに意外性を期待するべきではないのだろう。
第1話は幽霊の見えないサブキャラ少女視点でAパートを描いてから同じ構図に幽霊を配置してBパートで同じ出来事を見せる演出や、第10話で幽霊視点の回想をほぼPOVでやりきった佐山聖子コンテなど、挑戦的な演出も成功している。

『相棒 season21』第14話 まばたきの叫び

亀山美和子が取材先の富豪宅でおそわれた。富豪の介護をしていたヘルパーが殺された事件に対して、特命係は周辺で連続している強盗事件とは異なると考える。そこに住む富豪は十五年前に通り魔殺人を起こし、半年前の出所前後に脳卒中で寝たきりになっていた。取材はその富豪と獄中婚した女性に対するものだったが……


川﨑龍太脚本。十年以上前の犯罪の因縁が不可思議な状況を発生させるプロットはシリーズ初参加のSeason20第9話*1を思わせる。
寝たきりでまぶたを動かすしかできない殺人犯をめぐる、異様な事件として見ごたえがあった。現在の事件はどのようにして生まれたのか、シンプルな真相なので見当をつけることはできたが、あまりに残酷でむなしい物語として完成されている。
復讐心を維持しつづけることの難しさや、死刑になるため他人を殺すという動機など、ひとつひとつはノンフィクションやドキュメンタリでも見るようなリアルな要素で構成されながら、それが恐るべき犯人像を成立させる構成にうなった。


ある意味で復讐のむなしさを描いたドラマであり、通り魔殺人をおこなった動機から死刑制度の無力さを感じさせるドラマでもある。他人を殺すことはどのような動機でも無意味だという一貫性が、人を殺して解決する問題などないという結末の杉下の台詞に説得力をもたせていた。
また、さまざまな人間関係が背後に隠されているが、ただの偶然の通り魔殺人を発端として、あくまで他の犯罪の便乗であったり、真意を隠した接近であったり、他人に誘導された結果だったりして、物語の都合による偶然がないことに感心した。イレギュラーなのは美和子の取材くらいで、それも物語の導入で最初からイレギュラーな出来事として位置づけられているので、問題とは感じない。

米国の学校図書館から保守派がさまざまな本を「排除」した問題に対して、「ゾーニングは表現規制」というコメントがつく意味がよくわからない

話題そのものは、日本では保守派が『はだしのゲン』に対しておこなってきたことを思い出させる*1
『侍女の物語』など21冊が学校図書館の禁書に 米バージニア州 - 石壁に百合の花咲く

米国バージニア州マディソン郡教育委員会が、地元の公立ハイスクールの図書館から21冊の本を排除すると発表。ネットユーザーは疑問や批判を表明し、3冊禁書にされたティーヴン・キングも痛快な意見をツイート。そして地元の公立図書館は、禁書にされた21冊すべてが読めることを保障しています。

以前からつづく上記の問題がはてなブックマークをあつめていたわけだが、そこでひとつ意味が理解しづらいコメントがあった。
[B! アメリカ] 『侍女の物語』など21冊が学校図書館の禁書に 米バージニア州 - 石壁に百合の花咲く

id:whkr ほら、ゾーニング表現規制でしょ。

これにid:satoimo310氏とid:Shiori115氏がはてなスターをつけているのだが、ここで何を指して「ゾーニング」と呼んでいるのかわからない。


たとえば図書館が閉架措置にしたとか、館内閲覧に限定して貸出を禁止したなら、「ゾーニング」と呼ぶことも理解はできる。図書館で一般的なそれらも表現規制のひとつという考えもありうるだろう。先述の『はだしのゲン』撤去運動も、松江市では教育委員会閉架措置という対応をとらせたことで批判された。
しかし図書館という一種のゾーニングがされた特殊な場所に教育委員会が介入したことは、ゾーニングとはまた違う問題ではないだろうか。過去に図書館の選択的な廃棄が問題になった事件も、他の場所では当該書籍が読めるからといって「ゾーニング」と呼ばれたとは聞かない*2
事実として、元エントリで公立図書館側の抵抗として語られている取り組みも、貸出年齢に制限をしているか、そうでなくても優先しているように読める。ならばwhkr氏はブルックリン公立図書館も表現規制をしていると主張するのだろうか。

ブルックリン公立図書館(Brooklyn Public Library)ではこうした禁書の動きに対抗する"Books Unbanned"という取り組みがなされていて、米国内の13歳から21歳までのすべての人が、他の場所では排除されてしまった本の電子書籍やオーディオブックを同図書館から借りることができるんだそうです。

元エントリにしてもあらゆる「規制」を全否定しているわけではなく、その根拠や意図を批判しているのではないだろうか。
私にしても盗作や名誉棄損を理由に絶版回収された書籍は、あらゆる図書館が優先的に保存するべきと思っているが*3、絶版回収そのものまで全否定する規制反対論者は少ないとも思っている。
もちろん、そうした事例もふくめてすべての表現規制に反対する立場もあるとは思うが、やはり今回のバージニア州の事件はそれ以前の問題だろう。


ちなみに、はてなブックマークで紹介されているように、禁書にされたひとつ『侍女の物語』はHuluでドラマ化されるより前に、映画化もされている。

id:osaan 侍女の物語フォルカー・シュレンドルフ監督、ハロルド・ピンターノーベル賞)脚本で映画化してる。音楽は坂本龍一

かなりの有名なスタッフがあつまった1990年という新しめの作品で、日本でも公開されVHSビデオ化はされたものの、なぜかDVD化も配信もされていない。

ちょっとしたアクションシーンからはじまる、けっこうしっかりした近未来ディストピア作品なのに、視聴困難な現状は残念だ。しかしそれが問題だとしても、表現規制と呼ぶべきだとは思わない。
表現と受容をさまたげる問題は、法的な規制から抗議への萎縮、さらには経済格差や産業構造など、さまざま場面に異なるかたちで存在する。それらを一律で「表現規制」とまとめては、問題の所在を見失ってしまわないだろうか。

*1:2015年には産経新聞が撤去を主張する論説を掲載した。www.sankei.com

*2:一個人が聞いていないことは、そのような意見が存在しなかった証明ではないが……

*3:それを実現するために閲覧制限などがされることも妥協的にやむをえないことがあるとも思っているが、それも表現規制という考えも理解できる。