法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

Netflixで配信開始したアニメ『東京沈没2020』が、災害で荒れる群集を描いた反日作品あつかいされている

日本の裁判所は中国に支配されている*1と主張する深田萌絵氏が、中国で配信できないNetflix*2のオリジナル作品をチャイナマネーによるものと批判していた。

しかし深田氏の説明が正しいとしても、日本人を救っただけでも右翼が現実よりは美化されていると感じてしまう。
東日本大震災保守メディア「チャンネル桜」は、押し売りボランティアして被災者側を非難したり、まともな根拠もなく被災地の人々を犯罪者あつかいしていたものだ。
映像作品としてはOK、主人公の最低ぶりが完璧に表現されているという意味で - 法華狼の日記
尖閣諸島衝突事件の映像を漏洩した元海上保安官が、「善良な市民」になっていた - 法華狼の日記


まだ作品を見られる状態にないので、これ以上の具体的な論評はしづらい。
ただ湯浅政明監督へのインタビューによると、これまでの『日本沈没』メディア展開と異なり、一家族の視点にしぼった物語を展開するという。
不自由になった世界で気づくこと。アニメ『日本沈没2020』で湯浅政明監督が追求したリアル | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

これまで映像化されてきた『日本沈没』は、一般市民の視点がメインで描かれることはほとんどなかった。しかし『日本沈没2020』は、日本が沈没していく中、“ごく普通の家族”が前を向いて進む物語となっている。

ミニマムな視点のロードムービー色が強いために、湯浅作品ならではの新たな日本崩壊ビジュアルを期待した視聴者から不満があることも見聞きはする。
ただ上記インタビューで、ナショナリズムへ距離をとろうとしたことや、外国人にも共有できる状況設定にしたいことも監督は明言していた。

日本沈没2020』を手掛けるにあたり、湯浅監督は作品が「ナショナリズム」を称揚することへの恐怖を持っていた。日本は美しい、日本は素晴らしい、日本人であることは誇らしい、そんなメッセージが視聴者に伝わってしまうのではないかという怖さがあったそう。

「世界の人たちが作品を見たとき『日本のことでしょ?』と外での出来事として感じてしまうのは一番残念だなと。作中にいろいろな国の人や立場の人が出てきますが、彼らはたまたま日本にいて、たまたま震災が起こったというだけ。国や人種、国籍関係なく、誰にでも起こり得る問題、という風に考えてもらえればと思います」

湯浅監督が考え、たどり着いた答えも『日本沈没2020』には描かれている。それは、ハッキリとした答えではないかもしれない。人それぞれ異なる解釈をする可能性もある。

深田氏のような愛国者が反発したのは、正しく作品を読みとった結果なのかもしれない。それが良いのか悪いのかは別として。


なお、日本が沈没させられているから反日という主張については、もともと『日本沈没』という原作小説が存在するし、くりかえし映画化してヒットしてきた*3

日本沈没

日本沈没

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

さらにいえば、『東京沈没2020』では原作や映画と違って、朝鮮半島の一部まで沈む設定も以前から公開されていた。日本だけの沈没が望まれているかのような反発は的外れだ

もちろん日本にかぎらず、それぞれの国が災害でさまざまな苦境におちいる物語はあまたあるし、そこでは当然のように社会の美しさも醜さも描かれてきた*4

大地震(字幕版)

大地震(字幕版)

  • メディア: Prime Video
TSUNAMI-ツナミ-(字幕版)

TSUNAMI-ツナミ-(字幕版)

  • メディア: Prime Video


また、制作会社の取締役プロデューサーのチェ・ウニョンをはじめ、スタッフに複数の外国人がいることを問題視する意見もある。

しかしスタッフワークを見るかぎり、物語の中核をなす監督と脚本は日本人が担当している。制作会社のサイエンスSARU自体も、多様な出自のスタッフを集めているが、あくまで日本の会社だ。
そこで韓国出身者の監督したアニメというと、最近では『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』が放映されたばかりだが、最初から最後まで特に問題を感じるような作品ではなかった。

もっとも、信じられない難癖でアニメが反日と評されることは今回がはじめてではない。
『カレイドスター 新たなる翼』第43話 ポリスの すごい プロポーズ について - 法華狼の日記
『暁のヨナ』第1話を楽しんで見た後、嫌韓の標的にされていることを知った - 法華狼の日記
国旗を損壊しているから『おそ松さん』は反日アニメという与太話 - 法華狼の日記
そもそもTVアニメ『アズールレーン』を炎上させようとする空気が最初からあることない? - 法華狼の日記
そういう意味では『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』が非難されても驚きはないが……

*1:

*2:中国資本と提携したこともあるが、それ自体が規制をかいくぐるための工夫だったくらい距離がある。 Netflix オリジナル作品を中国にライセンス供給 ドラマやアニメーション等 | アニメーションビジネス・ジャーナル「中国ではインターネット配信サービスは中国資本の企業のみの認可制度となっており、Netflixはこれまで進出できていなかった。Netflixはオリジナル番組の全世界の配信ライセンスを持つため、これらの番組は中国で視聴が出来ない。今回は、中国向けの配信権をNetflixがアイチーイーに販売することでこれを実現する。」

*3:旧作は東宝特撮の技術力をそそぎこんだシネマスコープ大作で、派手すぎる爆発以外は現在でも見ごたえある。エロチシズムは少ないが、割れた窓ガラスで流血する描写や、焼死体がならぶ描写はある。新作は樋口真嗣監督の牽引した特撮ビジュアルは良かった。

*4:チャールトン・ヘストン作品は大作のようで、アニメ表現の流血などの安っぽい特撮が散見されるが、その時代性もふくめて楽しめた。韓国映画は橋上のゲームのようなコメディ演出と、奔流に翻弄されるシリアスドラマでリアリティレベルが乱高下するのは首をかしげたが、現代VFX作品として標準以上の出来ではあった。

『オーシャンズ8』

伝説的な大泥棒の妹、デビー・オーシャンが仮出所した。すぐデビーはしおらしい態度をやめて、1億5千万ドルのジュエリー強奪を計画する。
古い仲間に接触して新たな仲間もあつめて、メトロポリタン美術館でひらかれるファッションショーにジュエリーを持ち出させようとするが……


オーシャンズ』シリーズの最新作として2018年に公開されたクライムアクション。金曜ロードSHOW!の地上波初放映で視聴した。
金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ
これまでシリーズをきちんと見たことがないので、良くも悪くも先入観なく見ることができた*1。あまりトリックに驚かされたり激しいアクションが楽しめる作品ではないが、ストレスなく楽しめるライトな怪盗物として完成度は高い。


華々しい女性たちのファッションが好きなわけではないが、それでも見ていて楽しめるくらいの映像ではある。
多種多様な年齢人種の女性がチームを組んで、とんとん拍子にジュエリーを盗み出す。はっきりした強敵はおらず、仲間に足を引っぱられることもない。ジュエリー強奪のために利用した女優に気づかれるという計画の甘さは、その女優が自発的に仲間になる幸運に助けられる。
女性同士の愛憎ドラマで時間を食ったりしないのも良かった。かつてデビーを裏切った男を身代わりにつかう因縁劇はあるが、恋愛に酔った登場人物はひとりもいない。デビーの古い相棒ルー・ミラーが、恋愛より深い関係のパートナーとして存在感ある。


ちなみに、メインキャラクターが女性ばかりということとは別に、ポリティカルコレクトネスによる恩恵を日本人が受けているシリーズといえなくもない。
オーシャンズ』シリーズのリメイク元として、『オーシャンと十一人の仲間』という映画が1960年に公開されている。そこにほんの少し、日本の観客が引っかかりかねない会話があるのだ。
続々・外国映画に描かれた日本が傍役編

トニーは刑務所にいたがそれを息子には伏せている。寄宿舎暮らしの息子はトニーと会うなり「変なにおいがする」。「日本から来たからだ」という会話がある。日本は刑務所のにおいなのかっ??

さして目立つ描写ともいえないが、以前にGYAO!で無料配信された時、指摘するレビューがついていたことが記憶に残っている。

*1:ただ最後のツイストは、シリーズのファン向けの人物が登場するので、きちんと視聴はしておくべきだと思った。映像ソフトは購入しているのだが。

日本の漫画市場は、すでに海外の規範にあわせた規制をしている側面があるのでは

漫画家の赤松健*1が自身のロビー活動を報告したツイートに対して、「墨東公安委員会@bokukoui」氏が異議をとなえていた。

ただ少し違う「ガラパゴス」の話として、電子配信書籍が紙媒体より性や暴力にまつわる描写が厳しく規制されているのもよく見る。
それはスマートフォン向けのアプリで漫画配信する時、その厳しい制限にあわせなければならないことが一因だと聞く。


赤松氏が立ちあげた漫画配信プラットフォームも、2015年8月に「マンガ図書館Z」へリニューアルした時、成人向け作品が有料会員限定になった。
赤松健さんが語る「マンガ図書館Z」の狙い 「あらゆる作家が潤い、海賊版が絶滅する世界を」 (1/2) - ITmedia NEWS

 月額300円(税別)の「プレミアム会員」は、広告表示なしで作品を読むことができるほか、電子透かし入りPDFを毎月1冊ダウンロード、成人向け作品の閲覧、本棚への登録冊数を5000冊に拡大(無料会員は7冊)──という特典を提供する。

同時期にスマートフォン向けアプリでの配信もはじめられたが、そのandroidアプリが一時配信停止になったことと成人向け有料化が関連していると推測されたりもしていた。
つまり赤松氏が「外資系プラットフォームが寡占化する中で」「日本作品が海外の基準で規制される事態は避けたい」とツイートしていたのは、むしろ日本がそう規制されている現状を念頭においた発言ではないか。


もしも、もともと「ガラパゴス」という表現が指していた日本の携帯電話市場が、外国のスマートフォンに押されることなく独自に存在しつづけていたならば……今の電子配信漫画の規制状況は相当に違っていたのではないか。
もちろん日本国内ではまた別の自主的な規制があるだろうが*2、選択肢が多くとれるだけでも作品の自由度は増すだろう。

*1:はてなアカウントはid:KenAkamatsu

*2:配信作品が規制によって安易にとりさげられ、物理媒体の信頼性が増した事例はいくつかおぼえがある。キルミーは関係ないし、ダンディはもっと関係ない、いいね? - 法華狼の日記

映画で「カタカナ+漢字2文字」パターンの邦題はどれくらいあるのか

ここ最近の過去作品リバイバルで、同じようなパターンが新たな邦題に使われているのを見る。
1988年の『バニシング消失』や1983年の『アングスト/不安』*1といった作品が具体例だ。

ザ・バニシング -消失-(字幕版)

ザ・バニシング -消失-(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: Prime Video
angst2020.com


このパターンで私が知るかぎり*2で最も古いのは、1982年に公開された『エンティティー 霊体』。

エンティティー/霊体 [DVD]

エンティティー/霊体 [DVD]

  • 発売日: 2004/08/02
  • メディア: DVD

しかし現在の潮流は、おそらく2010年の侵略SF『スカイライン-征服-』から始まっていると思う*3

きちんと物語が完結していない低予算作品だがスマッシュヒットし、続編も作られるくらい注目された。

スカイライン-奪還-(字幕版)

スカイライン-奪還-(字幕版)

  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: Prime Video

これ以前に同種のタイトルを見たおぼえがなく、それゆえ印象に残っている。


そこからSFやホラーのジャンルを中心に、B級映画でもマイナーな系統で目にするようになった。

イグジスツ 遭遇 [DVD]

イグジスツ 遭遇 [DVD]

  • 発売日: 2015/08/28
  • メディア: DVD
エビデンス-全滅-(字幕版)

エビデンス-全滅-(字幕版)

  • 発売日: 2018/11/01
  • メディア: Prime Video
ザ・ハロウ/侵蝕 [DVD]

ザ・ハロウ/侵蝕 [DVD]

  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: DVD
ビジター 征服(吹替版)

ビジター 征服(吹替版)

  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: Prime Video
オープン・グレイヴ 感染 (字幕版)

オープン・グレイヴ 感染 (字幕版)

  • 発売日: 2015/12/09
  • メディア: Prime Video
ジャングル-不滅-(字幕版)

ジャングル-不滅-(字幕版)

  • 発売日: 2018/11/08
  • メディア: Prime Video
ヒプノティスト―催眠― [DVD]

ヒプノティスト―催眠― [DVD]

  • 発売日: 2013/07/26
  • メディア: DVD

ラプチャー -破裂-(吹替版)

ラプチャー -破裂-(吹替版)

  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: Prime Video

ダーケストアワー消滅 (字幕版)

ダーケストアワー消滅 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
アトラクション-制圧-(字幕版)

アトラクション-制圧-(字幕版)

  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: Prime Video

オキュペーション -侵略- [DVD]

オキュペーション -侵略- [DVD]

  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: DVD

マイナーなりに一部で注目される作品に使われることもある。

ヘレディタリー 継承(字幕版)

ヘレディタリー 継承(字幕版)

  • 発売日: 2019/04/10
  • メディア: Prime Video

最近の中国カンフー映画も、おそらく近い意図で邦題がつけられたシリーズがある。

イップ・マン 序章 (字幕版)

イップ・マン 序章 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
イップ・マン 葉問 (字幕版)

イップ・マン 葉問 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
イップ・マン 継承(字幕版)

イップ・マン 継承(字幕版)

  • 発売日: 2017/08/19
  • メディア: Prime Video

さすがにシリーズでひとつだけ「序章」をつかったのは違うか。

インシディアス 序章 (字幕版)

インシディアス 序章 (字幕版)

  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: Prime Video

他にどのような邦題の映画がこのパターンに入るだろうか。


しかし考えてみると、カタカナ語で外国作品と示しつつ、二字熟語で内容をあらわすのは、邦題をつくる手法としてよくできている。
それっぽいカタカナ語だけでは内容の見当がつけづらいし、二字熟語だけだと一般的な単語と区別しづらい。
三文字以上の熟語では説明的すぎるし、作りこめるがゆえに滑ったと批判されやすい。

オキュラス/怨霊鏡(字幕版)

オキュラス/怨霊鏡(字幕版)

  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: Prime Video
新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

  • 発売日: 2018/01/01
  • メディア: Prime Video

手法として明確すぎて、映画史に残る名邦題はつくりづらいとも思うが、そこそこ悪くない邦題を決めていくには良いのだろう。
そのため手軽に量産されて現在につづいているのではないか。

*1:旧邦題は『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』で、知らなければカルト的な評価が高い実録サイコサスペンスとは思えない。

*2:DVDは買っているが、まだ視聴していない。

*3:他に『ピュア 純潔』という文芸作品が同時期に公開されている。

選挙運動における「表現の自由」の大切さを指摘した弁護士が叩かれていて、一貫して自由をうったえる大変さを痛感する

弁護士の渡辺輝人氏*1が選挙運動について、当日の運動が禁止されていること自体がおかしいとツイートしていた。

タイミング的に立憲民主党宇都宮健児氏の支持を間接的におこなったことへの論評と解されて、リプライや引用リツイート*2などで非難されている。
そうした非難において、小池百合子氏などの対立陣営ならば渡辺氏は批判しなかっただろうという評価もされている。ごく一部のツイートを引用しよう。


しかし脱法的な選挙運動をおこなったら落選するのであれば、それを半月ほど前におこなっていた小池氏はなぜ当選したのだろうか。

そして渡辺氏は、小池陣営が脱法的な選挙運動をおこなっていたことについても、公職選挙法にこそ問題があるとツイートしていた。

具体的なツイートへの反論として、投票日に近づくほど表現が制限されることを問題視し、治安維持法との歴史的な関係性を連続して語り、ずっと力をこめている。


他にも渡辺氏は数年前のYAHOO!個人記事で、自民党の脱法的な選挙運動を指摘した時、他党には制限をかける政権与党の特権性を批判しつつ、「規制すること自体がおかしなこと」と明言した。
自民党の選挙当日の新聞広告は選挙犯罪ではないのか(渡辺輝人) - 個人 - Yahoo!ニュース

自民党の今日の広告が許されるのなら、投票所の前で、各政党が、例えば消費税増税に反対する署名を集めたり、残業代ゼロ法案に反対するアピールを行うことも特に問題ないことになるはずです。安倍政権は、自ら、暗黙の了解を破ることで、選挙当日まで「事実上の選挙戦」(選挙の公示前にマスコミがよく使う表現ですね)が行われる途を開いてしまったように思われます。すでに述べたように、もともと、選挙運動のあり方について法律であれこれ規制すること自体がおかしなことなので、それはそれでありなのかもしれません。

さすがに元法相の金銭授受などは問題外だろうが、渡辺氏の主張は公職選挙法に根本的な問題があるという立場で一貫している。
表現の自由を求めるとは、本来こういうことなのだろう。必ずしも同意する必要はないにしても、尊敬すべきふるまいだと私には感じられた。