法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『アニメ店長』の断片的な描写から、あたかも蓮舫氏が表現規制派のように受容されている違和感

アニメのソフトやグッズ販売などを手がけるアニメイトの宣伝漫画『アニメ店長』。
www.animate.co.jp
その「マンガアニメのヒーローを学んでしまった副作用」という迷台詞で知られる一頁が、あたかも表現規制の正体であるかのように語るツイートがあった。


表現規制などの圧力の正体はこれです。攻撃しやすいものであれば奴らはなんでもいいんです。
f:id:hokke-ookami:20211025074550p:plain

迷台詞そのものは、良くも悪くも現実の認識が虚構に影響されるという主張だ。逆に、虚構でも有害になりうるという主張にもつながる。
もちろん漫画らしい暴論極論ギャグなのだが、リプライや引用リツイートを見ると、現実に政治家への攻撃にもつながってしまっている。


R4は死刑だな

このような主張は今回が初めてではなく、半年前に表現の自由についてリベラル政党への不信を語る「もへもへ@gerogeroR」氏へのリプライされたりしていた。


ぶっちゃけ今のリベラル政党は「表現の自由」より「フェミニストに味方したほうが見栄えがいいからオタク弾圧してやろ」って判断する連中が多そう(個人の感想)なんで全く信用できないわな。

だってオタクって可愛くないし助けても社会的承認得られないから死んでもいいよねってことやしな。


定番のR4貼っときますね


念のため、蓮舫氏は政治家としてマンガアニメの法規制に抵抗したひとりだ。


10年前「非実在青少年」問題が奇襲的に盛り込まれガチのマンガアニメ規制になりそうだった際、動きの鈍かった都議会民主党の尻叩いて見直しまで持ってった立役者が蓮舫議員であるのって意外と知られてないんだよね。表現規制反対派から彼女は人気なさそうだけどそのことは覚えておいた方がいいと思う。

『マンガ店長』第5巻に収録された当該エピソードは、「非実在青少年」問題から少したった時期に描かれた。

たしか民主党政権時代であり、蓮舫氏が仕分け作業で注目されつつ、まだ閣僚にはなっていなかった時期。
つまり当時の与党の有力政治家をモデルにしたわけで、権力を題材にする実直な風刺といえるだろう。


そして手元に単行本がないため断言しづらいが、そもそも当該エピソードは政治家が表現を規制しようとする内容ではなかった。
むしろアニメの世界的な高評価を認識して、国策的に応援しようとしたエピソードだった記憶がある。
そこで検索して、単行本にまとめられる前にアニメイト宣伝用の小冊子で掲載された時点での感想を見つけた*1
大炎上 | アニメ店長 「日本のアニメは世界一」であるため国家プロジェクトが始動

待ち受けていたのは事業仕分けで有名になったあの女性議員、蘭里舫(らりほう)議員! 会話も何かと仕分け風に「無駄なものなんですね」「それを無駄な物と言うんです!!」と、あの様子そのものなのでビビる兄沢です。

議員は事業仕分けするために来たのではなく意外にも"アニメのため"。
 「日本のマンガアニメは質・量ともに世界一」 この世界一を守り抜いて欲しいとのこと。
f:id:hokke-ookami:20211025073812p:plain
スーパーコンピューターを「(世界)2位じゃだめなんですか」と言っておきながら、更には前総理が模索した「アニメの殿堂」とか「国営マンガ喫茶」案を否定しておいて何故「日本のアニメは世界一」を守り続けなければならないのか?

f:id:hokke-ookami:20211025073942p:plain
「日本は今 狙われている」「それを守れるのはあなたたちアニメ店長だけ」と聞かされては動かないわけにはいきません。

つまり、箱物行政を批判*2しつつも役に立つアニメや漫画は優遇する政治家に対して、反発をおぼえたのが冒頭のアニメ店長だったはずだ。
そういう意味では現在につづく安易なクールジャパン政策への批判とも解釈できるし、アニメや漫画以外を軽視することへの批判を読むこともできる。
念のため、これは読み返していない記憶にもとづく要約なので、実際の文脈と異なる可能性はあるが。


いずれにしても、漫画やアニメの表現規制であるかのように冒頭の一頁を紹介することは間違っている。
モデルになった政治家は現実では表現規制に抵抗していたし、虚構でも「攻撃」が表現規制を指しているとは解釈しづらい。
風刺として蓮舫氏を揶揄するため引用することも自由だが、表現の規制をふせぐ目的にはつかえない。

*1:引用時、文字色変更や太字強調を排した。

*2:国立メディア芸術総合センター自民党内からも批判が多く、施設建設よりも保存や人員拡充に力を入れるべきとされていた。

公権力により性器描写が禁じられていることを、なぜか規制側を嘲笑できる根拠にしている一般漫画家の謎

 漫画『コンシェルジュ』で知られる藤栄道彦氏が*1、下記のようにツイートしていた。


規制されてはいるが、表現者達の不断の努力によってそれは成功していない。
だからフェミ議連は反撃を食らった。

性表現の規制が成功していないから、次の暴力描写まで歩を進めることができない。

ざまあ。
それだけの話です。

この手の言説を信じてる人なのか…なんかやっぱりなという感じ。
そしてそもそも現状において既に性的表現は規制されていることはスルーするという。

 今回の本題ではないが、フェミ議連が食らった反撃とは何なのかがよくわからない。
 最近に話題となった警察広報への抗議であれば、広報を警察がとりさげたことで目的は達成しているのではないだろうか。抗議へ第三者が反論することも自由だが、どの立場でも「ざまあ」といえるようには思えないし*2、広報の続行にむすびついていないのでフェミ議連が成功していることにかわりない*3
 そもそも警察広報へ抗議することは、権力関係から考えても一般的に「規制」ではない。警察は黙殺することもできたろうし、行政として広報を決めた経緯を公開しても良かった。説明された経緯の内容によっては、それ自体が反論になりうるし、フェミ議連も納得して抗議をとりさげるかもしれない。


 さて、日本で暴力表現の規制といえば、CEROによるレーティングの厳しさが知られている。漫画よりも細かく年齢をわけた上で、それでも外国に比べて流血描写などが制限され、輸入作品の改変がしばしば話題になる。
海外版と日本版ではどうして表現や内容が違うのか。今,あえてCEROに聞く「レーティング制度」の現状について

ご承知のように海外のゲームは,日本と比べて暴力表現の制限が緩いと言えます。そこで,先ほど説明した調査では,暴力表現の度合いについても回答してもらっています。その結果は,日本はこれだけ制限しているにも関わらず,「残虐な暴力表現はさらに禁止したほうがいい」という意見が多かったんです。

 R15やR18で一定以下の年齢の観覧を禁じている映倫も、やはり審査の基準に暴力などもふくめている。
 念のため、CERO映倫も業界団体の自主規制という側面はあるが、性表現の次が暴力描写が規制されるかのように藤栄氏がツイートしていることは奇妙だ。


 引用した「瑠璃子(桜島よし子)@37_2_le_matin」氏*4に反論されると、業界の勢力を削ぐことが規制の目的だという奇妙な世界観を藤栄氏は語った。


規制は本来作品や媒体の認知度を下げ、市場価値を下げて業界の勢力を削ぐことが目的なのでございます。

無修正になぞせずとも、成人向け作家さん達はより性的衝動を掻き立てる表現を工夫し、また言い訳程度の修正で作品を販売するなど今や巨大な市場を形成しております。

ざまあカンカン。

「ざまあ」だって…
規制されなくてよかったね、じゃなくて他人を罵る道具にするのか。
成功してないって規制されてるんだから成功してるじゃん。
成功してないと主張するなら無修正のを掲載してみたら?

 なるほど、規制を勢力争いのように認識しているのであれば、表現が規制されたままでも「ざまあカンカン」と思えるのかもしれない。巨大な市場を獲得したことは表現者の自負となり見返せた心情をおぼえるのかもしれない。
 しかし、あまり性器表現の規制に直面していないだろう一般漫画家として、他の表現者の犠牲を軽視していないかと感じざるをえない。規制された当事者が似た心情をもつ可能性はあるが、それでも藤栄氏の言葉は軽すぎる。


 また、性的衝動をかきたてることができれば性器描写が禁じられても問題がないわけではあるまい。たとえば『ぼくのエリ 200歳の少女』や『サマーキャンプ・インフェルノ』といった映画作品では、性器描写が消されたことで物語が理解しづらくなっている。
 性器を消す手間自体の負担もあるだろう。編集がおこなう商業漫画ならば作者の負担は小さいかもしれないが、同人誌などでは製本後でも審査によって一冊一冊消す作業が発生することもあると聞く。商業でも映像作品であれば一コマ一コマ消して、それを審査する負担もはねあがる。


 何より、「言い訳程度の修正」でさえあれば表現しつづけられたような認識に目を疑う。
 成人向け漫画『蜜室』が刑法に違反するとされて、松文館事件として知られる裁判は2002年から判決確定の2007年までつづいた。そこでは性器の修正の薄さも問題にされた。
松文館裁判

 後藤寿庵氏がツイートしているように、修正の責任をもつ出版社の社長にとどまらず、漫画家まで裁判にかけられたことが、当時の漫画家には衝撃だったという。

 きっかけは警察OBで自民党議員の平沢勝栄氏へ送られた親の手紙だったが、同時代の漫画は性器修正をきびしくする方向へ動いた。成人向け漫画が再販されることは珍しく、当時に発表されたきりの作品は黒ベタや白ヌキで身体が隠された状態を読むしかない。
 その後の成人向け漫画は少しずつ様子を見るように修正を薄くして現在にいたっているが、「言い訳程度の修正」でさえあれば良いと警察の確約をえたり判決を勝ちとったわけではない。
 もちろん「作品や媒体の認知度を下げ、市場価値を下げて業界の勢力を削ぐこと」などという理由で規制されてはいない。松文館事件は同業者の密告が原因と噂されたことはあったが証拠は見つかっていないし、どちらにしても実際に規制に動いた政治家や警察の動機とは関係ない。
 規制した政治家も警察も地位をおびやかされてなどいない。広報が批判されたところは警察に対して「ざまあ」といえるかもしれないが、それは「表現者達の不断の努力」のおかげではない。
 十年一昔というように事件を知らない人も忘れている人も多いだろう。しかし同時代から商業連載していた漫画家が表現規制を語るならば思い出してほしい。「ざまあ」と見返す余裕などなく、成人向け漫画を恣意的に規制されうる状況はつづいているのだ。

*1:その代表作で排外主義をギャグとして作品につかう人物であり、以前から良い印象はない。 hokke-ookami.hatenablog.com

*2:反論されない特権をもっていると思い違いしないかぎり、反論それ自体が打撃にはなるまい。

*3:ただし、行政の広報のありかたをフェミ議連が問いただしたかったのであれば、どの段階においても警察が判断を開示していないことは失敗にあたるかもしれない。

*4:はてなアカウントはid:pussycat_ruriko

スーパーマンJr.の同性愛描写ひとつでキャラクターが壊れるなら、ジョーカーの恋人キャラクターはどうなの?

次世代のスーパーマン日系人の青年記者*1と恋仲になると出版社が発表して、注目を集めていた。
www.afpbb.com
www.asahi.com
まだ広告的に情報が先出しされた段階だが、さまざまな場所で歓迎と反発がつづいている。
togetter.com
本編公開前の宣伝で新設定が明かされることは珍しくないのに、「擲弾兵@フルチンファイザー@tekidanhei」氏のように「不自然で雑な構成」と反駁するツイートもある。


スーパーマンの息子がバイセクシャルだから叩かれるのではなく、それまでに何のフラグを立てるコトもなく急にポリコレ方面からの影響でバイセクシャルにされてしまった不自然で雑な構成が叩かれているだけなんだけど、ヲタを叩きたい連中は物語には何の興味もないからなw


つか「登場時点からから彼氏・彼女持ちの主人公はウケが良くない」という物語の基本構成すら無視している時点でアレ。
こういう性癖の類は物語を進めていく上で少しずつ語るものなのだが雑にも程があるだろ?と小一時間(ry

急に設定されたのか登場時点からの設定なのか、どちらなのだろうか。


そもそも登場時点からパートナーがいる主人公がウケが良くないという「物語の基本構成」など初めて聞いた。逆説的に恋愛を重視しすぎていないだろうか。
ふと思い出したのが、アメコミにくわしくないなりに知っている女性ヴィランハーレイ・クインだ。

1992年の登場時点から彼氏持ち設定だが、後述のように脇役から主役へ昇格して、そこそこ広く長い人気を集めている。
かつては頭巾をかぶったピエロじみた服装だったが*2、2017年ごろから髪を出した活動的なスタイルに変わり、悪党集団を主人公にした映画『スーサイド・スクワッド』の顔となり、その後に単独映画も作られた。

もともと精神科医としてジョーカーにひかれて恋人になったヴィランだったが、2017年に映画が公開された時期にジョーカーと明確に決別。
以前から親友だった女性ヴィランのポイズン・アイビー*3と恋愛関係になったという。前年にキスシーンも描写されていたそうだ。
ハーレイ・クインとポイズン・アイビーが公式設定でカップルに - 石壁に百合の花咲く

ハーレイ・クインとポイズン・アイビーは昨年、DC Comics: Bombshellsという作品の#42でキスしており、2017年1月20日に電子版が発売される#79では、ふたりの間の愛が話の鍵になるとのこと。絵柄はこんなです。

ヴィランとヒーローのボーダーラインにある同性パートナーコンビとしてシリーズが展開され、つい最近にもキスシーンがツイッターで公開された。


5年前に登場したばかりの、特にヘテロセクシャルと確定する描写があったわけでもないらしい男性キャラクターの同性愛描写が公開されただけで、今も反発がつづいている。
それならば最初に男性の恋人キャラクターとして登場して、15年後に女性とパートナー関係となった女性キャラクターは、なぜ大きな反発がされていないのか。
映画で広く認知されたと同時期に設定が変わったため違和感をもたれなかったのだとすれば、それは今回の同性愛描写から注目されたスーパーマンの息子も同じだろう。大手新聞紙が報道したような違いはあるが、逆に作品の宣伝的な報道が常に注目されるわけでもない。
いずれにしても、現時点の反発の多くは実際のアメコミヒーローの動向と反響を無視しているように思える。

*1:正確にはジャーナリスト志望のYoutuberとのこと。許可なく議事堂襲撃を潜入取材してFBIに逮捕されたジョン・サリバンを思い出した。 hokke-ookami.hatenablog.com

*2:あまりアメコミ関係は鑑賞しないが、次々世代を描いたアニメ作品での時代を超えた独特の立場はサブキャラクターながら印象的だった。 hokke-ookami.hatenablog.com

*3:バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』での悪女としての活躍が印象深い。

『相棒 Season20』第2話 復活~死者の反撃

デュープロセスを重視するようになった部長から暴走をとがめられた特命係。しかし杉下は鑑識からこっそり鍵をとりかえし、調査を依頼していた青木が特定した廃墟へ向かう。その廃墟は死んだIT長者の出発点であった……


前回に殺された女性弁護士について、自殺を偽装するには鍵もかけず冷房をつけたままにしていた中途半端さが謎となるのは良かった。
しかし前回に引っぱった鍵の正体については、前回からずっと青木が調べていたというだけで簡単に場所がわかり、さらにどの扉の鍵なのかも現場で試してすぐ成功する。廃墟内の密室にいたっては、鉢植えの下に隠してあるという安易さで、さすがに劇中でもツッコミが入った。
仮に普段づかいで持っていた鍵がたまたま注目されただけなら、特に隠蔽する必要もないので謎が解けてもおかしくないが、わざわざ他人に隠しもってもらっていた鍵の謎があっさり解けるのはどうなのだろう。
廃墟のロケーションは美術の飾りこみもふくめて良かったのだが、謎解きとしては肩透かし。もう少し鍵の解法にひねりを入れるか、逆に前回の結末で明かしておいてほしかった。


そんなこんなで特命係を追跡していた青年が逮捕され、やがて他のさまざまな陰謀でも実行犯らしいことが判明しながら、IT長者の残したVR世界に特命係と青木が突入したところで次回。まさか三部作とは思わなかった。
前シーズンの序盤でVRゲームが舞台になった時は、もっとじっくり描くエピソードが来ることを期待していたが、今回の描写も以前と大差ない平凡なロケ映像で、次回も死者のアバターが活用されるだけっぽい。
hokke-ookami.hatenablog.com
とりあえず特命係の前に現れた謎は全体として意識的にまきちらされているようなので、悪人を告発するために実行犯と思われる青年がやったというあたりが真相だろうか。

経済を回しているという理由で「オタク」を評価してもらおうとするべきではない

少し前、id:KoshianX氏が下記のようにツイートし、賛否両論を集めていた。


この30年の不景気でも消費を止めなかったのはオタクだけ

だからオタクコンテンツが日本中にあふれるようになったんですよ

子供たちもそれを見て育ってるから、いまの10〜20代はアニメ絵に抵抗がなくなった

問題があると思うなら自分たちが好みのものを買い支えたらいい

オタクがそうしてきたように

そもそも漫画アニメゲームの主要な顧客であろう若者に現在の「アニメ絵」への抵抗が少ないのは当然だと思うが。
「リンドウ@rindoh」氏などは可処分所得のなかから消費することには変わりがないのでは?という指摘もしている。


可処分所得が同じだったら、消費するカネなんて使い道がオタク趣味になるか子育てや不動産になるかの違いがあるだけで額は似たようなもんになるでしょ、経済回してる回してる価値観でいくなら結局カネ稼げてるかどうかで決まってくことになるけどそれでいいんかオタクくん、みたいなあれ

そうした批判を受けてか、なぜか男性の賃金減少と女性の社会進出を同一の流れのようにツイートしている。


不景気でもオタクだけは消費を続けてたっていうの、実は出産育児に行くはずだった金が推しに回ってるだけでしょというの本当に否定できなくてなあ……

男性の賃金が下がるとともに女性の社会進出でお金を持った女性が多くなって、おかげで刀剣周りの復興とかあったわけだけど……

そもそも子供が生まれたら、それはそれで「オタクコンテンツ」にかさなる漫画やアニメやゲームの消費が増えるのでは?といった疑問はさておいて。


単純な話として、「オタクコンテンツ」が他の趣味より経済を動かしている根拠がどれほどあるのだろうか。
育児や不動産とはまた別に余暇だけで消費金額を比べてみても、漫画やアニメはけして多くないはずだ。
たとえばシンクタンク日本生産性本部が「レジャー白書」というレポートを発行しており*1、パチンコ業界側が引用するように金額でパチンコ・パチスロが目立つ。
パチンコ・パチスロの市場規模 | 株式会社 藤商事

パチンコ・パチスロの市場規模は、日本の余暇市場において大きな割合をしめております。日本生産性本部が発行する「レジャー白書2020」によると、パチンコ・パチスロの市場規模は27.7%を占め、約20兆円の市場規模となっています。
f:id:hokke-ookami:20211019230420p:plain

なぜかゲームと足されているギャンブルと分割できるほどに数字が大きい。1位の飲食と大差なく、3位は観光。漫画等に演劇などもふくめた趣味創作は全体の1割ほどしかない。
パチンコのヒットにより『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが立ちあげられたり、マクロスシリーズで知られる制作会社サテライトがパチンコメーカーの傘下にくだったり*2、他にもパチンコメーカーに提供するため複数のアニメコンテンツが作られた時期があった。その必然性を感じさせる数字だ。逆にパチンコの影響によってアニメ絵が浸透している可能性を考えても良さそうだ。


そこで公式に公開されている要約を読むと印象が少し違ってきて、全体として新型コロナ禍の影響がひどい。
https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/summary2021_leisure.pdf
感染症をさけるため家庭内の余暇が多くなるはずで、事実として人数で見ると動画や音楽の鑑賞、読書が最上位にあがっている*3。たぶん一人頭の消費が少ないのだ。

f:id:hokke-ookami:20211019230951p:plain

次に推移をしめしたグラフを見ると、パチンコにゲームがくみこまれている*4ようにパチンコ業界の引用とは印象が異なる。

f:id:hokke-ookami:20211019230902p:plain

明らかに観光の落ち込みがはげしい。しかしそれでも趣味創作の金額は高くないし、やや落ち込んでいる。参加人数は多くても、ひとりの消費量が少ないのだ。
前後して各部門の細かい解説が書かれているが、映画館での鑑賞が激減しただけでなく、意外なことに配信事業はのびつつもソフト販売の消費は落ちたようだ。

 趣味・創作部門(前年比9.5%減)は、巣ごもり消費でコンテンツ配信(有料動画配信サービス、音楽配信、電子出版)は大きな伸びが続いたが、ビデオソフト、CD、書籍・雑誌は落ちた。音楽コンサート、演劇、映画などの鑑賞レジャーは激減。カメラ、ビデオカメラも落ち込みが大きい。
 娯楽部門(前年比21.8%減)は、公営競技の好調が続き、特にボートレースと地方競馬が大きく伸びた。巣ごもり消費でテレビゲームとソーシャルゲームが増加した。一方、飲食(外食、喫茶店・酒場・バー等)、カラオケボックス、パチンコ・パチスロ、ゲームセンターは大きく落ち込んだ。
 観光・行楽部門(前年比43.7%減)は、コロナ禍の移動制限等の影響で大きく減少した。海外旅行が前年比90%以上減少し、国内観光も総じてマイナスが大きく、航空、鉄道、バス、旅行業、ホテル、旅館、遊園地・レジャーランドの打撃は大きい。一方、二輪自動車に増加がみられた。

地方競馬ののびにソーシャルゲームウマ娘 プリティーダービー』と、そのTVアニメ2期の大ヒットが寄与している可能性は感じなくもない*5。しかしボートレースものびていることから、創作趣味からの新規ファンの増加が決定的な要素とも思いにくい*6
何より、もともとの数字の大きさと減少量だけで見れば、観光が優先的に支援されること自体は理解できる。もちろん感染の拡大につながりやすい趣味である以上、消費促進が支援策として適切だったとは思えないが。事実として感染の拡大縮小にあわせた断続的な消費支援では観光業をささえられない現状が数字からうかがえる。


いずれにしても、消費の数字だけを見れば趣味創作の規模は小さく、そのなかで「アニメ絵」に象徴される「オタクコンテンツ」が多くをしめているとはいいがたい*7
買い支えられている何かを批判する時に、別の何かを買い支える必要はない。もしその必要があるなら「オタク」が他を批判することも難しくなる。

*1:その調査からみちびかれる主張などに疑問があるが、ここでは脇におく。

*2:2020年に提携をやめて、今度は中国のネットサービス会社と提携している。ここでも時代の変化をいやおうなく感じる。

*3:20位までのランキングから、10位までを引用した。

*4:いわゆる「ガチャゲー」のように射幸心をあおるソーシャルゲームは、たしかにパチンコと親和性が高い気はするが。

*5:しかし後で気づいたが、よく考えたらTVアニメ2期は2021年初期に放映されたのだから2020年の動向に影響する可能性は低い。

*6:神田川JET GIRLS』からボートレース人気が上がったという話は寡聞にして知らない。

*7:現在、アニメ等は海外市場が無視できない規模に育っているが、それは今回とは別の話。