法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『DESTINY 鎌倉ものがたり』

亜紀子の嫁ぎ先の鎌倉は、奇妙な存在が住みつきながらも、楽しく穏やかに日々がすぎていった。
しかしある日、亜紀子は事故死して黄泉の国へ行ってしまい、夫の正和は助けようと奔走する……


山崎貴監督による2017年の日本映画。同じ西岸良平作品を映像化した代表作『ALWAYS 三丁目の夕日』を思わせるノスタルジックなドラマから、VFX満載の異界めぐりがはじまる。

作家性がありつつ一般受けした作品を、ストーリーや設定をマイルドにして、違う原作をつかって映像化した*1……そう感じるような良くも悪くも山崎貴監督らしい作品。
「DESTINY鎌倉ものがたり」が14日に中国で公開 「黄泉の国」は中国がモデル--人民網日本語版--人民日報

山崎監督率いる制作チームは世界各地に足を運び、最終的に中国の湖南省張家界にある武陵源鳳凰古城に2ヶ月滞在して取材し、独特の雰囲気が漂い情緒ある「黄泉の国」の世界観を創り出した。

異界の風景は『アバター』と同じく武陵源がモデルとされているが、広い空間を路面電車で異界に向かうシチュエーションや、クリーチャーに追われるシーンからすると、『千と千尋の神隠し』のイタダキとしか思えない。
ミニチュアと3DCGを組みあわせた異界表現やアクションは日本映画としては見どころがあるが、フックとなるフェティッシュさが映像に感じられないのが残念なところ。

*1:BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]』のみ、ノンシリーズにしてほぼそのまま実写化。

「根戸ウヨ子」の歴代天皇一覧表がツッコミどころだらけで困る……

根戸ウヨ子【公式】@neto_uyoko」というアカウントが、適当な天皇一覧表を公開していて、批判というより困惑されていた。

一応、10代の崇神で「実在した可能性のある最初の天皇」と説明するくらい、歴史の虚構性に気を配ってはいるのだが……


まず、わざわざフリガナをふっているため、「れいぜい」と表記するべき「冷泉」を「れいぜん」と表記して多数のツッコミを入れられている。

おそらくパソコン等で表を作っているのだろうが、「れいぜん」では「冷泉」に変換できないことに気づかなかったのだろうか。
なぜか変換できないとは (ナゼカヘンカンデキナイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
逆に「堀河」を「堀川」に誤変換しているという指摘もある。73代も86代も同じ間違いをしているので、ただのミスではなく本当に知らない可能性がある。

天皇そのものではなく、83代の説明文で源氏が滅亡している問題も指摘されている。表現として微妙なところだが、たしかに厳密には間違いだろう。

どちらかといえば愛国的なツイッターアカウントからも、画像が変なところで切れているため80代の高倉天皇が記載すらされていないと指摘されている。

他に気になるのは、33代の推古天皇を「東アジア発の女性君主」と書いていること。おそらく「初」の誤変換なのだろうが、だとすれば外国の歴史書で実在がうかがえる卑弥呼を無視してしまっている。
天皇以外の君主が日本にいたという歴史は設定を崩壊させるから、神功皇后のあつかいともども無視したいところだろうとは理解するのだけれど。


ちなみに根戸ウヨ子は『愛国少女ウヨ子ちゃん』という漫画の主人公。劇中で戯画的なまでに「愛国」的にふるまって、周囲とトラブルをひきおこす。

一般誌でも連載している小林拓巳*1作品なので漫画としての客観性も高く、一見するといわゆる「ネット右翼」を風刺する作品に感じられる。
しかし実際は右傾化を深めている青林堂の雑誌『ジャパニズム』に連載されていたくらいで、エッセイもあわせて読めば、自虐ギャグに近い作品とわかる。
冗談の愚行が本気になっていったタイプではなく、愚行を広めるために冗談めかすタイプだ。

*1:婚活漫画も描いているように女性漫画家らしく、男性作家が架空少女のキャラクターをとおして主張するのとは少し異なる。ツイッターの「根戸ウヨ子」アカウントは小林拓巳をキャラクターデザインと表記しているし、必ずしも漫画家個人が責任をもつ仕事ではないかもしれないが、作者側のツイッターアカウントでもたびたびリツイートしているので関係を隠しているわけではない。小林拓己 (@kaerunba49) | Twitter

従軍慰安婦について、当初から変わらない主張をつづけているだけなのに、存在しない変化を見ている人々

「はてサ」の「ウォッチ」すらできないウォッチャー - 法華狼の日記

どれも反論と呼べる領域に達していない。対象を読まずに評する、根拠を出さない、理路も示さない、あやふやな記憶で語る、引用しても曲解する……はてさて「ウォッチ」とは何だろうか。

せめて「ウォッチ」という名に恥じないくらいの認識力は示してもらいたい。それが現状のようにできないままならば、誹謗中傷や捏造歪曲を前提とした「アンチスレッド」にでも改名することを勧める。

ちょっとした経緯で「はてなサヨクウォッチ」の最新スレッドを見たところ、以前に指摘した問題が何ひとつ改善されていないままだった。
はてなサヨクウォッチ避難所 18 - 1565098839 - したらば掲示板
スレッドの「>>2」に下記のような注意書きもあるので、「可能性」にとどまらない明白な事実だね、と応じれば終わる話ではあるが。

客観性・中立性を装いつつ、明示されることなく、ヲチャの政治的・社会的所属あるいはヲチャ自身の利害を反映している意見・主張を含んでいる可能性があります。
そうした能動的な欺瞞行為がなされていない場合であっても、掲載すべきデータを掲載しない等の方式でヲチャの政治的・社会的所属あるいはヲチャ自身の利害を反映し、客観性・中立性を意図的に欠けさせる形での不作為による欺瞞行為がなされている可能性があります。
さらに、以上のようなヲチャの意図による欺瞞行為がなされていなくても、 ヲチャが無意識に有するバイアスにより、客観性・中立性が損なわれている可能性があります。


しかしスレッドの最初にある1年前のやりとりを見て*1、「ウォッチ」と名乗りながら対象への興味が欠けているさまに興味深さをおぼえた。

24: 名無しさん :2019/08/18(日) 19:45:55 id:oaLkMXxQ0
ほっけさんが慰安婦海外比較のあれこれ書いてるけど
一番主張したいだろう日本軍慰安所特殊論(=その特殊性が罪)を
露骨にいえない時点で状況が変わったのを感じる


吉田証言を学者は相手にしないも
運動の末端が扇情的な情報を使ってきたのが批判されてるのに反論になってないよ

26: 名無しさん :2019/08/19(月) 07:10:07 id:zwhoa0Tg0
一応ほっけさんの記事のリンク出さないとということで。


https://b.hatena.ne.jp/entry/s/hokke-ookami.hatenablog.com/entry/20190817/1565967600

33: 名無しさん :2019/08/21(水) 17:37:05 ID:0sW6e34Y0
そう言えば一昔まえは、はてサとか自称歴史研究者が
慰安婦制度は、人類の歴史上類をみない性暴力!」みたいなこと言ってたよね
他の問題ではそもそも被害者が名乗り出なくて研究が進んでないのに何言ってるんだ、って感想を覚えてたっけ
それがいまじゃ「古くから日本軍慰安所との類似が指摘されているドイツの慰安所」(@ほっけさん)だもんな

このブログを私が書きはじめたのは2007年5月*2。すでに同年7月のエントリでソ連軍の性暴力にふれている。
何もかも、全く同じ風景だ - 法華狼の日記

従軍慰安婦を問題にしている人ならば必ず知っている歴史*1ではあるが、証言をふくむ実態を読めば一段と重い。

*1:吉見義明による岩波新書従軍慰安婦』他、基本的な概説書では昔から他国軍隊の性的暴力例として言及されている。

読んでのとおり、日本軍慰安所制度を問題視する人々には他国軍の性的暴力も存在が知られているという認識を表明している*3
2011年には米軍慰安婦を映画化した『カジュアリティーズ』の感想を書き、2016年には実写版の戦争映画ベストテンでも私選した。
『カジュアリティーズ』 - 法華狼の日記

女性を慰安婦として拉致する口実として、小隊の規律を守るという建前を小隊長が主張したこと。戦争犯罪が狂気による特異例ばかりでなく、身勝手な立場から考える合理性によっても起こされることを示している。

戦争映画ベストテン〜実写限定〜 - 法華狼の日記

ベトナム戦争における米軍慰安婦事件が題材。戦争映画として標準的に見どころがある前半から、徐々に軍隊映画らしい後半へ移行していく。

そして2017年、赤城毅ツイートへの疑問を書いたエントリで、まさにドイツとの関連を無視してないことが無視されがちな状況について私は書いていた。
赤城毅氏の、従軍慰安婦問題と左翼にまつわるツイートを紹介 - 法華狼の日記

不思議なのは、「Seidlerの研究」が「従軍慰安婦は日本にしかない悪逆非道な制度であると主張していた左翼には、きわめて都合の悪い」という認識。
たとえば1995年の吉見義明『従軍慰安婦』には「軍隊に慰安婦はつきものか――各国軍隊の場合」という章があり、「各国軍隊の周辺でも、日本軍の慰安所にある程度まで類似した施設がつくられたことが、次第にあきらかになりつつある」*2と指摘されている。旧日本軍と同時期のドイツ軍もとりあげられ、Franz Seidlerを参照して「国防軍・親衛隊など各軍に慰安所があったようだ」*3と紹介している。
もちろん各国の社会状況や人権意識などで違いは生まれるし、問題の固有性を見つめる研究も重要だろう。切りとった観点によっては日本以外にほとんど存在しない問題という考えはありうる。梶村太一郎氏のように、日本軍慰安所制度を固有の問題として強く批判する立場からでも、同盟国の性奴隷犯罪行為としてドイツの最新研究を紹介することがある*4。
しかして左翼であれば日本軍固有の問題を見つめる時でも、まずは「軍隊そのものが慰安所類似の施設を生みだしていくという傾向がうかがわれる」*5という立場をとるはずだ。

つまり「古くから日本軍慰安所との類似が指摘されているドイツの慰安所*4という2019年の認識は過去から何も変わっていないし、事実エントリでも紹介してきた*5
そもそも引用文に「古くから」という形容がある時点で、新たな認識でないことは自明だろう。「変わった」という「いま」の「状況」は、残念ながら大きな改善などなく問題がつづいている。


「>>1」で「ウォッチ対象(はてなサヨク)の訪問は基本的に歓迎しません」と注意していることの含意も理解はできる。上記にかぎらず*6、言及対象の主張を歪曲して難癖をつけつづけるためには、訪問されて誤りを指摘されては困るのだろう。
スレッドに見られる言及対象への興味の薄さは、同じ「>>1」で「お帰り下さい。書き込んだ場合、荒らし行為とみなします」と注意している「ネット右翼国士様在特会その他の方」と大差ない。

*1:最初に私に言及しているのは「>>7」だが、私ではない人物の主張とてらしあわせて「ダブスタ?」と問いかけるような明らかな難癖なので、スレッド内でもほとんど相手にされていない。ずっと後に「>>133」が「 むしろ「大誤報」とか評価するほうが「虚偽」にあたるらしい」と言及しているが、該当エントリで私が「大誤報」ではないと指摘しているのは、その部分は朝日新聞もとりさげず誤りも認められていないからだ。反論する形式でhokusyu氏の根拠を提示してしまったcider_kondo氏 - 法華狼の日記

*2:厳密には、はてなダイアリーという別サービス。そのサービス終了にともなって、はてなブログにインポートするかたちでブログつづけている。

*3:さすがに現在に読みかえすと他人に期待を押しつけすぎていたと反省したいが、当時のインターネット世論における従軍慰安婦問題の位置づけからして正直な実感でもあった。「従軍慰安婦を問題にしている人」が今よりずっと少なく、こだわりの強い人が多い印象があった。

*4:「ドイツやフランス軍による戦場での管理売春、従軍慰安婦、性奴隷」というTogetterの事実誤認 - 法華狼の日記

*5:今回はコメント欄での言及はふれない。はてなダイアリーからインポートした時、コメント欄の書き込み時刻表記が消えた問題もある。インターネットアーカイブに残っていなければ確認も難しい。

*6:「>>14」で「人身売買がすごく大きなウェイトを占めていた」といった林博史氏の指摘が、「スレで何度も指摘されてたけど、林先生からはっきりと言及されたな」と語られていることにも、少なくとも私個人は違和感を禁じえない。「奴隷」という言葉が「人身売買」と密接につながっていることは、それだけで独立したエントリを2012年に書いている。「奴隷」は、必ずしも支配者が直接的に強制連行で集めたわけではない - 法華狼の日記 もちろんこれが初めてではなく、2007年6月の時点で「何より、騙して売春婦にして拘束し、人身売買も行ったということが重要な問題なのだ」といった文章も書いている。マイク・ホンダの肖像 - 法華狼の日記

そういえばシャーロックホームズの映像化で、原作のままコカインを摂取する描写が求められた事例がどれほどあるだろうか?

『銀河英雄伝説 Die Neue These』がどこまで放映されていたかを知ってて反論している人はどれだけいるのだろう? - 法華狼の日記

新旧アニメ版『銀河英雄伝説』のジェンダー描写についてid:brighthelmer氏がツイートし、良くも悪くも注目をあびていた。

上記のツイートからつづくやりとりで、brighthelmer氏は原作のジェンダー描写を大きく改変することを求めたのではなく、そもそも描写の優先順位から考えて削られることを想定していた。

もちろんこのツイート自体が描写を削る以外の選択肢を全否定しているわけでもない。重要な描写ではないと主張する相手に対して*1、映像化せずに削るという選択肢があることの指摘だ。
その上で、原作の描写に忠実とされているメディア展開でも、必ずしも全ての描写をそのまま引きうつすわけではないことは思いだされる。


たとえば、主人公のコカイン摂取を描写しないことだけをもってシャーロキアン*2が映像化を批判するだろうか。現代ではコカイン摂取をそのまま映像化することが難しいだろうと社会学*3が今後のメディア展開を予想した時、そう予想すること自体が表現への抑圧だとしてとりさげを求められたりするだろうか。
念のため、無数の映像化がされてきた作品は、原作に忠実にという要求の順位が愛好者からも下がっていくものではあるだろう。一般的に、すでに原作に忠実なメディア化が多く存在するのであれば、愛好家にも変化を許容する余裕ができやすい。しかしシャーロックホームズの場合、その理由で許容できるほど過去のメディア化でコカインが描写されてきた印象はない*4


ノワールなサスペンスとして時代性の表現に活用もできそうなのに、思いあたるのはパロディ的な作品ばかり。公式なメディア展開ではスマートなイメージを優先して削る印象がある。

ちなみに時代設定をうつした2009年版映画は、主演する現実の現代人ロバート・ダウニー・Jr.が薬物を嗜んでいたのに、虚構の劇中ではコカインが摂取されない逆転があった。

シャーロック・ホームズ [Blu-ray]

シャーロック・ホームズ [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: Blu-ray

その主演インタビューでは、子供もふくめて広い観客に見せるため描写を削ったことが明言されていた。くわえて、当時と現在で描写から受ける印象の違いにもふれていた。
シャーロック・ホームズ インタビュー: ロバート・ダウニー・Jr.&ジュード・ロウが語る新生「シャーロック・ホームズ」 - 映画.com

──原作でホームズが愛用する7%の溶解液は登場しませんね。

「7%の溶解液は僕に言わせると薄すぎるね。というのは置いておいて、コナン・ドイルが作り上げたホームズは決して薬物依存症なんかじゃないんだ。コカインはビクトリア時代には薬局で普通に買うことができる合法の嗜好品だったんだ。ホームズの嗜好に触れないのはやや無責任かなと個人的には感じたけど、この映画は子供も見られるPG13だから、薬物使用を賞賛するわけにはいかないよね」

このインタビューを読むと、現在とは位置づけが異なる描写をメディア展開で削ることは、むしろ当時に創られ理解されたキャラクターイメージを守ることがある、という意識も感じられる。

*1:むしろジェンダー描写の古臭さが作品で重要だという立論にしたほうが、brighthelmer氏への反対意見として通用したように思える。なお、ここで「反対意見」は反論とは少し違う意味で選んだ表現だ。

*2:シャーロックホームズの作品やキャラクターの熱狂的な愛好家のこと。

*3:ちなみにbrighthelmer氏は以前から社会学者と自認することが難しいと自身の立場を何度か説明しているが。

*4:コカインは劇中でも視点人物のワトソンが止めるように、当時でも不健康な趣味という位置づけではある。骨相学や遺伝についての誤った考えを知的な主人公が無批判に採用して、現在から見て知的に思えなくなることは、より大きな問題だ。しかし代表的な長編『バスカヴィル家の犬』などで要点にかかわっているので、今回のエントリではまた別の問題としたい。

『のび太の新恐竜』は同じ展開でもポケモン映画だったなら佳作になりえたかもしれないけど……

COVID-19の蔓延をさけるため、上映終了間近に時間をとって僻地の映画館で鑑賞した。観客席は少なく密集しているが、観客は私の他に親子ふたりがいただけ。
大ヒット上映中!『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト
簡単にいえば『恐竜』と『竜の騎士』を合体させたような作品。そこで明確な倒すべき巨悪を出さずに対立構図をしぼったことと、元気いっぱいの映像表現は良かった。
オバケ*1を多用したキャラクター芝居に、リアルな3DCG恐竜と手描き背景動画。カメラワークも主観視点で面白いものが多い。


しかし構成や考証の甘いところが感動シーンとピンポイントでつながっているため、見ていて何度もつっかえた。
まず前半の恐竜育成と後半の恐竜救出の流れが分断されているのが単純に良くない。のび太には育てた二匹へ愛着をもつドラマしかなく、他の絶滅した恐竜全てを救おうと激情する流れが唐突すぎる。『竜の騎士』は恐竜が絶滅したことを前提に、なぜか生き残っている恐竜人という謎が生まれ、彼らに対等以上の文明人という存在感があったから、のび太たちが救おうとする動きは理解できた。終盤には誤解から対立したが、だからこそ戦いの虚しさをカタストロフがつきつける痛みがあった。
そもそもカタストロフのスケールはもっと小さな、太平洋の片隅レベルの火山活動などでも充分に物語は成立する。それならばのび太たちが出会い救おうとする恐竜の数も少なくてすむから、いきなり救う範囲がスケールアップする唐突感も薄れただろう。
「進化」を成長のように描写しているところも、大人が台詞で語った多様性の肯定と重なるようで、実際には対立している。強い能力を獲得することが進化というのは、まさにポケモン的な世界観であって、SF考証を基盤にした『ドラえもん』のそれではない。弱点に見える劣っている部分はそのままに、個として生きることを肯定してほしかった。
そもそも「進化」は現在では常識的な設定なのでサプライズにならないし、劇中でも近い恐竜の様子はそれ以前から描かれているので映画単体でもカタルシスが足りない。「進化」の果てに何があるかという結末も、原作者が存命していた1993年の中編『映画ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!』で描写ずみだ。

くわしくは後日のエントリで書くが、のび太たちが白亜紀に行く設定におそらく致命的な問題がある。科学考証のツッコミどころの大半が、後半の舞台をジュラ紀に設定するだけで解消される*2ジュラ紀は中盤で間違って行くのだが、そこは三畳紀にずらせばいい。カタストロフは小さいほうがいいので、白亜紀よりむしろなじむだろう。


時代のずれや用語のおかしさ、恐竜は守るべきものという信念は、すべて『ポケモン』ならば成立しただろう。
あるいはスケールダウンしてTVSPくらいにおさめれば、下手に歴史的イベントにつなげようとして考証の粗が出ることもなかったろう。
50周年記念作品として、物語の構造を超えたスケールを描こうとしたために、全体が破綻をきたしたというところなのかもしれない。
逆に、細かい考証を気にせずスクリーンをながめれば派手なイベントがつづいて楽しめるエンターテイメントだったとは思うが……

*1:アニメーションで滑らかな動きをつくるために描かれる残像の一手法。

*2:白亜紀で、とある存在に出会うファンサービスはあるのだが、その存在がいるはずの時代はカタストロフはまだ遠いはずだ。そもそも過去の映画シリーズの出来事を合成したような物語である以上、のび太はその存在と再会したわけではなく、せいぜいパラレルワールドの関係性にすぎない。