法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

「ジェンダー」という台詞と、漫画の細部に宿る神

漫画の一幕を抜粋するタイプの画像広告は、耳目をひく刺激的な場面をピックアップするあまり、作品のニュアンスをゆがめることがまれによくある。
togetter.com
それが広告にかぎった話ではなく、楠本まき氏の下記インタビュー記事に対しても、どうやら引用された一コマの印象が一人歩きしているところがあるらしい。
www.huffingtonpost.jp

楠本まき氏の漫画は、あえていえば「オサレ」と評されるようなタイプの作品である。インタビューで語られたような社会的メッセージを作品内の台詞でわかりやすく説明するような作風ではない。
たとえば「通り魔説教」*1と評される『クロエの流儀』のように主人公が特権的にメッセージを主張するタイプの作品ではないし、作者が在特会を当然視*2する『魔法少女プリティベル』のように作者自身のメッセージがむきだしなタイプの作品でもない。


娯楽としてのスタイルからして、雑誌にバラエティを生むための「異端」にあたる。
作家自身が感性のまま好き放題に描いているようでいて、おそらく編集の理解がなければ商業媒体に載せられにくい立ち位置だと想像できる。
dkmasashi.hatenablog.com

多分、「私達は、いろいろ人のことを決めつけて見てしまうけど、人間というのは実は分からないものなんだ」というようなことが作品全体としてのメッセージなんだろうなーとは思います。で、そういう主張を登場人物が割とストレートに言っていたりする場面もあるのですが、作者の主張を言わされているという感じではなく、この登場人物だったらこういうこと言うだろうなーという感じになっていて、そんなに嫌味には感じませんでした(少なくとも私は)。

インタビューで楠本まき氏は「ステレオタイプを描いちゃうのは、キャラクターの設定を詰めきれていないということでもある」と語り、「エプロン姿にオタマ」という事例をあげていた。
しかし、そもそも「ジェンダーバイアス」という話題に限っても自論を答えられること自体、作品の細部までこだわっているということではないだろうか。楠本まき氏は「ジェンダー」だけをテーマにしているわけではないのだから。


楠本まき氏だけではない。特にメインテーマではないのに、「ジェンダー」という言葉がひとつの枠組みとして肯定的に描写される漫画が時々ある。
一例として、『踏切時間』という漫画の第1話から引用しよう。これはアニメ化された1話の同じ描写があり、それを視聴してから原作を確認するという順序で知った。

f:id:hokke-ookami:20190417223526p:plain

青春しようとする時に異性愛しか念頭になかった少女は、後輩に叱責されて素直に過ちを認める。

f:id:hokke-ookami:20190417223604p:plain

この場面は、思いつきでダメな言動をしてしまう少女の性格と、しかしすぐ過ちを認められる善良さを示す重要な描写だ。それがクライマックスの伏線ともなる。作品のメインテーマではないが*3、それなりに重要な描写である。
ここでもし「ジェンダー」という概念が作り手の知識に存在しなければ、この少女は違った印象のキャラクターにならざるをえない。逆に、「ジェンダー」という言葉の知識を正確に詳述する義務はない。事実として少女の台詞は「ジェンダーとかその辺のところ」というあやふやなものだ。さらにいえば、作者は知識をもってなお表現しない選択肢もあった。
楠本まき氏がインタビューで提唱したように、作者が「ジェンダーバイアス」に自覚的になることは、こうして創作の選択肢を広げることにもつながるわけだ。

*1:【オリジナル】「\あいまいみー 87-1/ ちょぼ」/「ちょぼらうにょぽみ」のマンガ [pixiv]

*2:一人ぼっちの漫画工場 ネトウヨと言いたがる人たち。

*3:作品全体が、踏切前のさまざまな人々のドラマを点描する短いエピソードのつらなりになっている。必ずしもジェンダーステレオタイプを脱した内容というわけでもない。

ジェンダーバイアスのガイドラインという観点から、きっと誰もが唖然とするだろう逸脱ぶりを紹介したい作品がある

「バイアス」が一般的に悪いものだという合意すら今のインターネットでは難しいのだろうか - 法華狼の日記

全ての表現に意図が必要という考えは、創作のひとつの理想論としては理解できる。

ジェンダーバイアスそのものが不文律として一種の制約をもたらしていると考えれば、ガイドラインは表現の規制を破る道具になるかもしれない。

注目を集めている上記エントリの文脈で、どうしても紹介したくなった作品がひとつある。
すでに一部では充分に有名だが、いろいろな意味で他人への紹介を一瞬ためらわせる作品ではあり、ゆえに表現への制約を外そうという意見が集まっている現在が良い機会だと思いたい。


あらかじめ断わっておくと、それは既存のアニメキャラクターを立体化した二次創作フィギュアのひとつだ。きわめて強い性的表現でもあり、嫌悪感をもたれる恐れも多分にある。

続きを読む

漫画家と法哲学者の両方が「第三者の放言」をしたとして、その内容のどちらがより悪質な抑圧だろうか?という問題

偏見的表現に説明を求めることが表現規制あつかいされるところを見て、脅迫被害者に説明を求めた法哲学者を思い出す - 法華狼の日記
前提を固めるためのエントリ*1ばかりに注目が集まり、ふしぎなくらい上記エントリには反応がほとんどないが、はてなブックマークでひとつだけコメントがついていた。
はてなブックマーク - 偏見的表現に説明を求めることが表現規制あつかいされるところを見て、脅迫被害者に説明を求めた法哲学者を思い出す - 法華狼の日記

b:id:type-100 権力関係のない第三者の放言と作品に具体的な関与をする編集者の発言では、後者の方が抑圧という点に限っては悪質でしょう。言論に参加する義務などないという点については大いに同意しますが。

まさか法哲学*2のツイートそのものと、漫画家のインタビュー内の架空編集者のガイドラインという比較をされるとは思わなかった。「ツイートが」ではなく、「ツイートの考えが」とでも記述するべきだったろうか。


もちろん私が想定していたのは、漫画家である楠本まき氏と、法哲学者である大屋雄裕氏の、それぞれの主張内容の比較だ。
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト

バイアスのかかった表現については「なぜこれを描かなくてはいけないのか」と作家に説明を求めて、(編集部が)納得させられたら載せるし、納得できないものは載せない。そういうガイドラインを、他の差別的な表現に対してと同様にジェンダーに関しても作ればいい。

Takehiro OHYA on Twitter: "まあしかし前にも書きましたが大学人ではないわけでコストは誰が払うねんという話にはなるでしょうし、脅迫に屈しないというのは言論で闘うことが前提ですがご本人がそういう対応もしていないようなので、堪忍袋にも限度があるかとは。
RT @zetuboutouin: 正直、五十歩百歩です。"

まあしかし前にも書きましたが大学人ではないわけでコストは誰が払うねんという話にはなるでしょうし、脅迫に屈しないというのは言論で闘うことが前提ですがご本人がそういう対応もしていないようなので、堪忍袋にも限度があるかとは。
RT @zetuboutouin: 正直、五十歩百歩です。

まず、楠本まき氏の話は、すでに軽重さまざまなガイドラインが存在する編集と漫画家の関係において、納得できる説明ができれば載せるという重みの、あくまで虚構の「抑圧」だ。
一方、大屋雄裕氏の話は、脅迫被害者を大学や社会が守らずに辞めさせたことについて、被害者が闘わなかったことが悪いという重みの、現実の「抑圧」の追認だ。
表現者が意図の説明を要求される虚構の抑圧と、被害者に特段の説明が要求される現実の抑圧。ひとつの表現を発表媒体に載せてもらえないことと、約束をたがえて仕事そのものが失わされること。どちらがより悪質だろうか?


もしも楠本まき氏の主張が比較的に悪質だというなら、私には理解が難しいので、ぜひくわしい説明を知りたいところだ。
そして大屋雄裕氏の主張が比較的に悪質だというなら、楠本まき氏ほど批判されていないように見えるのはなぜだろうか。

*1:「バイアス」が一般的に悪いものだという合意すら今のインターネットでは難しいのだろうか - 法華狼の日記

*2:表現の自由を研究テーマのひとつにしていることなどから、漫画家と編集の関係性と比べても、特に当事者性が弱いとも思えない。

偏見的表現に説明を求めることが表現規制あつかいされるところを見て、脅迫被害者に説明を求めた法哲学者を思い出す

思い出したのは、脅迫によって北星学園大学から植村隆氏が去ることになった時、慶応義塾大学教授の大屋雄裕氏がおこなった下記ツイートのこと。
専門的な書籍から引いた用語解説が後年に不正確とされた時、大学をやめる必要があると主張する人々 - 法華狼の日記


まあしかし前にも書きましたが大学人ではないわけでコストは誰が払うねんという話にはなるでしょうし、脅迫に屈しないというのは言論で闘うことが前提ですがご本人がそういう対応もしていないようなので、堪忍袋にも限度があるかとは。
RT @zetuboutouin: 正直、五十歩百歩です。

もし上記ツイートが学問や言論の自由を抑圧するといえないのであれば、表現の必然性を編集者が作家に求めるくらいこと*1表現の自由を抑圧するとはいえまい。
念のため、植村氏が言論で闘っていないという見解は大屋氏の誤認にすぎないが、たとえ闘っていなかったと仮定しても脅迫に対して被害者が言論でこたえる義務などないと私は考える。

「バイアス」が一般的に悪いものだという合意すら今のインターネットでは難しいのだろうか

漫画家の楠本まき氏に対する下記インタビュー記事の件なのだが。
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト
まず、主題となっている「ジェンダーバイアス」については、編集部の注がつけられており、その解釈に悩むことはないだろう。

ジェンダーバイアス…性別によって社会的・文化的役割の固定概念を持つこと。社会における女性に対する評価や扱いが差別的であることや、「女性(男性)とはこうあるべき」となどの偏ったイメージ形成を指す。


次に、楠本まき氏がバイアス全般についてないほうがいいと語っている文章がある。

だいたいジェンダーに限らず、バイアスなんてない方がいいに決まってますから、そこはもう合意していいんじゃないかと思うんですよね。

これに対して、あたかも良いバイアスがあるかのような反応がインターネットに散見される。一例として、京都女子大学教授の江口聡氏によるツイートを紹介する。




ここで辞書をひもとけば、一般的に下記のような語義が説明されている。
バイアス(ばいあす)とは - コトバンク

先入観。偏見。また、物事の傾向の偏り。

一応、統計学などでは別の意味もあるし、なかには電子回路を動かすために必要な意味もある。
しかしインタビュー記事タイトルの「バイアスのかかった」という用法をてらしあわせても、先入観や偏見という解釈をとるべきだろう。
バイアスが掛かる(バイアスガカカル)とは - コトバンク

《バイアスは先入観・偏見の意》先入観にとらわれている。色眼鏡で見る。「考え方に―・っている」

楠本まき氏の元発言を下記のように改変して、どこか違和感があるだろうか。

だいたいジェンダーに限らず、偏見なんてない方がいいに決まってますから、そこはもう合意していいんじゃないかと思うんですよね。

実際にインタビューの別の部分で、「性別に基づく偏見」と表現している発言もある。

漫画に携わる者としては、漫画が幼い読者に性別に基づく偏見を無意識のうちに植え付ける役目を果たしてしまってはいけないと思います。


もちろん、どのような表現が「偏見」なのかは個別具体的に論じるべきだろう。
偏見であってもなくすべきではないという意見もあるかもしれない。全体としては肯定しないにせよ、偏見を利用する技法は創作において珍しくない。
しかし楠本まき氏のインタビュー全体を読めば、ある種類の偏見が必要だという意見を全否定しているわけではない。

女子力やモテを女性が求める自由はもちろんあると思います。だから私は不作為なジェンダーバイアスを、まずなくしましょう、と言っています。

上記の発言をいいかえると、作為によるジェンダーバイアスならば自由だという解釈ができる。
全ての表現に意図が必要という考えは、創作のひとつの理想論としては理解できる。


最後に、ガイドラインを作ろうという提言についても、ちょうど数日前に話題になった下記ツイートと比べて、さして非現実的とは感じない。

上記ツイートが紹介している編集部の指南は、ありきたりな表現には必然性がいるという内容だ。それはそのまま楠本まき氏の提案に通じている。

描き手が従来通りの価値観を踏襲して、特に疑いもなくジェンダーステレオタイプをそこかしこに散りばめた作品を産み出す。それが読者の意識に刷り込まれて、読み手の中から新たに描き手になった人が、またステレオタイプな作品を作る。負の再生産ですよね。

バイアスのかかった表現については「なぜこれを描かなくてはいけないのか」と作家に説明を求めて、(編集部が)納得させられたら載せるし、納得できないものは載せない。そういうガイドラインを、他の差別的な表現に対してと同様にジェンダーに関しても作ればいい。

念のため、喫煙描写を禁じる編集部のルールと争って負けた体験を語りながら提案していることから、このガイドラインは一種の皮肉と読むべきだと思う。
ただ、ジェンダーバイアスそのものが不文律として一種の制約をもたらしていると考えれば、ガイドラインは表現の規制を破る道具になるかもしれない。
楠本まき氏の元発言を下記のように改変して、どこか違和感があるだろうか。

だいたいジェンダーに限らず、制約なんてない方がいいに決まってますから、そこはもう合意していいんじゃないかと思うんですよね。