法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

実在人物を漫画化してキャラクター化するということ

比べることで興味深さをおぼえる発表がたてつづけにあった。
ひとつは先日に国家擬人化コンテンツ『ヘタリア』の再始動が発表されたばかり*1日丸屋秀和による『総理倶楽部』。

もうひとつは『プリキュア』シリーズの漫画版や、『ひみつのアッコちゃん』のリメイク漫画で知られる上北ふたごの『アンライバルド NAOMI天下一』。

作品以前の話として、たとえばスポーツ選手がCMに起用されることが多くても、なぜ政治家がCMに起用されることが少ないのか。もともと誰に向けて何を伝えることを前提とした作品なのか。そうした違いや共通点について考えずにいられない。


念のため、どちらも実際の作品はまだ発表されていない。
『総理倶楽部』は日本国内に範囲をせばめているので、さすがに『ヘタリア』に比べれば悪影響は広まらないだろう。読者が知っている歴史を題材にしているだけ慎重になるだろうし*2、初代の伊藤博文からして植民地政策とテロリズムの史実を直視すれば美化にも限界があるはずだ*3
たとえば、殺人が禁忌とされる通念が強固な社会ほど、逆に虚構における殺人描写の配慮が必要なくなっていく。同じようにキャラクターの美化が明らかであるほど、モデルとの違いも浮かびあがっていく*4。もちろん、キャラクター化すること自体が、フィクションとモデルの明らかだった距離感を少しずつ見誤らせていく危うさもあるが*5
逆に『アンライバルド NAOMI天下一』については、どれほど個人の言動がすぐれていようと、全人格を英雄視するような作品であれば好ましく思えない*6。幼年誌向けの実在選手漫画の傾向を思えば、良くも悪くも教科書的で偉人伝的な作品になるだろうが。

*1:hokke-ookami.hatenablog.com

*2:二重三重の希望的観測にすぎないが。

*3:hokke-ookami.hatenablog.com

*4:hokke-ookami.hatenablog.com

*5:その観点ではこの映画がよくできていた。hokke-ookami.hatenablog.com

*6:もちろん大阪なおみ氏にかぎったことではないし、この英雄忌避感にもまた問題がありうるが。 hokke-ookami.hatenablog.com

立憲主義を聞いたことがないと語っていた首相補佐官、桜を見る会で事務所が経費補填するのは大事件とも語っていた

自民党憲法改正案を作っていたとは思えない上記ツイートで、礒崎陽輔氏は一部で驚かれていた*1
そして桜を見る会の事務所経費補填が明らかにされると*2、下記ツイートが注目をあびることとなった*3


もっとも、WEBメディア「アゴラ」に元弁護士の加藤成一氏が寄稿した文章と比べれば、予防線をはらなかっただけ礒崎氏は素直な人間なのかもしれない。
桜を見る会「疑惑」の法的検討:買収罪は成立するか – アゴラ

国会における「虚偽答弁」は、故意によるもの以外に、錯誤や記憶違い等に基づく場合も否定できず、又、仮に故意による虚偽答弁であったとしても、直ちに法的責任を生ずる問題ではない。そのうえ、後記の通り、本件「桜を見る会」や「前夜祭」を含むパック旅行を企画実施したのは地元旅行会社であり、安倍晋三事務所ではない。

本件のように多数の団体参加者の場合は、料理の内容や品質、品数、数量等を調整して上記会費以内に適合させることもホテル経営上可能である。また、首相との交流や特段の配慮による特別サービス料金もあり得る。即ち、いわゆる「損をして得をする」ことである。

いずれにしても、実際の請求額と会費が合致しておれば何らの問題もない。仮に、不足額が生じ、これを仮に安倍晋三事務所が負担したとしても、後援会員の日常の会費や積立金等から支払った場合は、「利益の供与」には該当しないであろう。

虚偽答弁をしても法的責任は生じないと堂々と書かれても困惑するしかないし、このような感覚の文章を複数の著名人が拡散していたことも頭が痛くなる*4
ちなみに加藤氏の名前で検索すると、同姓同名の別人でなければ、1999年に懲戒処分で退会命令がくだされたという情報が出てくる。
弁護士懲戒処分検索センター
それも依頼人から5000万円以上の賠償金を着服し、業務上横領罪で実刑となったようだ。なるほど桜を見る会安倍氏を擁護するわけだ、という納得感がある。


いずれにしても、虚偽答弁した安倍氏やその擁護者には多くの時間や労力を空費させた責任くらいとってほしいし、経費補填そのものが大事件となると考えていた礒崎氏には自浄作用を発揮してほしい。
どちらも自発的に動くことは期待しないが、それでも要望はしておく。

『声優ラジオのウラオモテ #02 夕陽とやすみは諦めきれない?』二月公著

アイドルらしからぬ裏の顔を出すことでトラブルを乗りこえ、素顔に近いキャラづけで再出発した声優コンビ。しかし炎上した結果として声優ラジオの聴取率こそ上々だが、声優としての本業は停滞して、先輩声優にも批判される……


2月に出版された大賞受賞作品につづき、早くも6月に出たシリーズ2作目。すでにシリーズ3作目も11月に発売されている。

1作目の感想に対して教えていただいた同期銀賞作品もそうらしいが、百合ライトノベル電撃文庫でも多くなっていることに時代の変化を感じる。


それはさておき、1作目につづいてライトで読みやすい。さまざまな疑問点は作中で指摘が入るか伏線として回収されるし、敵味方どちらも大人は未成年の保護者としてふるまう。その保護と裏腹な束縛に主人公コンビが反抗していく展開も、オーソドックスで受けいれやすい。
意外な良さとして、1作目の結末で「ウラオモテ」のコンセプトが終わってしまったかと思いきや、素に近いキャラづけもまた演技の一種という問題提起がされた。それが不仲営業を悲しむファンだけでなく、無意識に主人公コンビの負担にもなっていたことが印象深い。


しかし、周囲に迷惑をかけてでもパートナーを救った1作目の事後処理として物語が展開していったのに、今回のクライマックスではファンと地域にまで借りをつくる展開になったことには首をかしげた。
1作目の無茶は何度もできないだろうからこそ爽快感があったのに、さらに大規模にリフレインされても感動しづらい。ファンが集結して何が起きるのかも1作目以上に見えすいていて、リアリティがない*1のにサプライズもない。
派手なできごとを終盤に配置する効果もわかるが、クライマックスのファンの集結は中盤に配置して、中盤に描かれたファンとの交流会を終盤に配置するべきだったと思う。この構成なら、ファンの集結が交流会での謎解きの伏線にもなるし、ずっと地に足をつけたかたちで物語を終わらせられる。何より、素に近いキャラ付けとは何なのかという声優ラジオらしい問題提起が、交流会で明かされた真相とともに、ぐっと印象に残っただろう。


また、1作目で疑問に思った挿絵のイマイチさが、さらに悪化していたことも残念だった。口絵のカラーページは悪くないが、モノクロページは純粋にクオリティが厳しい。
『声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?』二月公著 - 法華狼の日記

イラストで声優モードと学校モードの姿があまり変わらないことも、文章の再現としてイマイチに感じたし、ギャップがきわだたない惜しさがあった。

矢継ぎ早に出版されたためかもしれないが、モノクロページもカラーページくらいの労力を使ってほしいし、それだけの単価ははらってほしい。この担当イラストレイターは線画だけで魅力を出せるタイプではない。

*1:作中の会話から1作目以上の無茶と自覚していることはわかるし、多人数の衝突によって関係者のほとんどが求めず実現したように構成はしているが……

『相棒 Season19』第7話 同日同刻

2年前の強盗事件の犯人が床下から死体となって発見される。そのころ別件でとりしらべられていた男が、妊婦を階段からつきおとした事件の犯人と自白する。
しかし獄中の遠峯が、自白した男は妊婦転落と同時刻に別の場所で子供を助けていたと証言する。そうなると男は妊婦をつきおとした犯人ではないはずだが……


山本むつみ脚本。他人を心理操作する能力をもった遠峰小夜子によって、複数の事件関係者が踊らされ、真実をあばかれていく。初登場回から一貫したキャラクターだ。
『相棒 season17』第6話 ブラックパールの女 - 法華狼の日記

犯罪者が檻の中から刑事をあやつって、ひとつの事件の真相をあばく。その動機が道義心なのか好奇心なのか優越感なのか、視聴者に悩ませる。そんなパターンの物語。

特命係は反発するが、真実をあばいて人間の本性をむきだしにする点において、遠峯は究極的に名探偵らしい。今回ににおわされた幼少期の出来事も、その人格を象徴している。
事件そのものの謎解きもいりくんでいて面白い。ふたつの事件の関連性は偶然でしかないし、強盗事件の謎解きは子供の位置づけに少しひねりがあるくらいだが、転落事件を推理する手つきはいい。通報の順序のおかしさから、傘を持っていたかどうかの着眼点、そして雑誌に掲載された写真の意外な手がかりまで、本格推理らしい切れ味があった。そこで隠されていた人間関係は前回*1に近いが、ずっとうまく隠しているし、さらなる犯罪をあばく展開につながった。


ただ残念だったのが、真相を追及された犯人が高笑いする安直な演出。遠峯に操られた人間の薄っぺらさを表現する意図的な安っぽさかと思えば、淡々と特命係と会話していた遠峯もまた高笑いする。
安易なキャラクターも様式美と思えば許せることも多い私だが、さすがに今回はしつこすぎて、「柳下毅一郎の皆殺し映画通信」で定番の批判に同感せざるをえなかった。
『劇場版MOZU』 ストーリーはほぼ不明。悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。ほぼ全員が「中学生が考えた悪党」 (柳下毅一郎) | 柳下毅一郎の皆殺し映画通信

何度も何度もくりかえしくりかえし語っているのですでにみなさん耳にタコができていると思うが、ぼくが映画の悪役でいちばん憎んでいるのは「さあゲームのはじまりです」という奴、二番目は「ヒャハハハハ!」と笑う奴である。しかるに本作、悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。

ちょうど今年に放映しているスーパー戦隊シリーズの敵幹部ヨドンナが、感情の薄い非人間だからこそ意識的に高笑いを演じるキャラクターだ。様式美に満ちた子供向け特撮に比べても時代遅れなのがつらい。

意味が対となる漢字で互いに似ているセット……のパターンを少し考える

対となる意味をもって形が似ている漢字を、少し前にid:watto氏がツイッター等で募集していた。
意味が対となる漢字で互いに似ているセットを募集してみた - しいたげられたしいたけ

「表」と「裏」って似てるな、という小学生並みの感想を抱きました。表と裏は対義語ですが、対義語だからって漢字の形が似ているとは限りませんよね。「前」と「後」とか。

対義語など意味が対となるような漢字で、互いに似ている組って他にもないかなと考え、まず「拾」と「捨」というのを思いつきました。

私も思いついたものを下記のようにコメントした。

時事的に「空」と「密」なんてどうでしょう。ウ冠と三分割のシルエットがちょっと似ている、かも……
あと「山」と「川」もデザイン化すると下に線を一本足しているだけだったり……
汚いやつだと屎尿(しにょう)の「屎」が大便で「尿」が小便ですね。


その後も時たま考えて、意味から「会」「去」を思いつき、似ている形から「王」「壬」を思いついた。
今回に調べて初めて知ったが、「壬」には「おもねる」「へつらう」という意味がある。思えば「任」という漢字に意味が通じる。
「壬」の部首・画数・読み方・意味 - goo漢字辞典


さらに「醒」「酔」を思いついた。
ただこれはwatto氏がエントリで指摘しているように、部首が共通しているだけのパターンなので、さほど面白味が無い。

「部首が共通していればいいのか?」という疑問です。

最初の「表」と「裏」の場合は、部首の脚〔あし〕が「衣」であるだけでなく冠〔かんむり〕に相当する部分が「亠」〔なべぶた〕に似ている(「表」はなべぶたではありませんが)というプラスアルファがあるように思います。


しかし逆に考えて、「出」「屈」というセットがあることにも気づいた。
部首がくっつくことで漢字の意味が変わるパターンだ。これで意味が対になる漢字は他にもありそうだ。


また、形が似ているとは何か、逆とは何かということを考えて、「舌」「足」と「早」「古」というセットを思いついた。
これは形がそのまま似ているのではなく、意味が対となる漢字を上下ひっくりかえすと形が似ているパターンだ。watto氏のエントリであげられている「上」「下」もこのパターンに入る。