法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

くりかえし明記したことをガメ・オベール氏の愛読者に見落とされ、「何か意図的に省略されていることがないか」と疑われている……

疑いをかけているのはid:yamakaw氏で、他の愛読者も私のエントリから情報が欠落しているかのように応じている。 この記事ではガメさんがApeman氏のコメントを拒否したことをもって発端としているが、引用されているガメさんの文章では、Apeman氏らのはてなブ…

歴史修正主義をApeman氏らが批判した過去を、ガメ・オベール氏の愛読者はApeman氏らの過誤と主張しはじめている……

約十年前、ガメ・オベール氏をApeman氏が批判するようになった発端を、下記エントリでふりかえった。 はてな界隈で人気があったガメ・オベール氏という人物が、何をきっかけに失墜していったかをふりかえる - 法華狼の日記 戦犯ゴボウ問題という日本の問題を…

『世にも奇妙な物語'19雨の特別編』

奇妙な味の短編ドラマを見せる、土曜プレミアム枠で恒例のオムニバスドラマ。 www.fujitv.co.jp 前回*1につづいて30分枠の短編5作だが、今回はタモリの登場するブリッジでも小さなドラマが展開。各編に呼応する台詞をタモリがゲストキャラクターへ投げかけて…

『ジョジョの奇妙な冒険』Adventure.3-銀の戦車&力

DIOのいるエジプトに向かった一行だが、飛行機が墜落して海面に不時着。通りがかった輸送船に逃げこむも、そこには人の気配がなかった…… まず後半から結末までOVA化された『ジョジョの奇妙な冒険』第3部を、あらためて前半をOVA化。 ジョジョの奇妙な冒険 Ad…

『ジョジョの奇妙な冒険』Adventure.2-法皇の緑-

祖父と仲間との戦いによって牢屋を出た空条承太郎は、ひさしぶりに学生らしく登校する。そこに群がってきた女子学生が、不審な行動をとりはじめ…… OVA第2巻は、DIOの尖兵として襲ってきた花京院との対決と救出までを30分かけて描く。2014年のTVアニメ版では…

『ジョジョの奇妙な冒険』Adventure 1 悪霊

日本において、牢屋に自ら入っている青年。そこにたずねてくる祖父。青年は自身に悪霊がついていると語りだす。 その悪霊こそスタンドと呼ばれる生命エネルギーの化身であり、因縁の敵の復活に呼応して発現したのだった…… 2000年に二村秀樹と古瀬登の共同監…

『世界まる見え!テレビ特捜部』本当にスゴイものからちょっと笑えるものまで神業SP

現在日本人で最多のギネス記録をもつというチェリー吉武がスタジオに登場。元体操のお兄さんを初め、ゲストキャラクターが失敗した挑戦を、見事に自分の記録更新というかたちで達成。 「エベレスト・レスキュー」は、登山者の救助に向かうヘリコプター隊に密…

『センコロール』

一見すると平凡な日本の社会で、さまざまな機械や建物に擬態する巨大生物センコを少年が使役して戦い、ひょんなことから少女が巻きこまれる。 東京都のアニメクリエイター支援企画「動画革命東京」に援助され、2009年に作られたオリジナル短編アニメ。 セン…

日本のBC級戦犯が有罪になったのは、そういうとこだぞ

捕虜にゴボウを食べさせたことが、戦後に虐待と誤解されて戦犯として裁かれたという都市伝説がある。 その謎を以前から追っているid:Apeman氏の問題意識を下記エントリにまとめた。 戦犯ゴボウ問題という都市伝説を疑うことは、BC級戦犯裁判は本当に不当だっ…

戦犯ゴボウ問題という都市伝説を疑うことは、BC級戦犯裁判は本当に不当だったのかと懐疑する意味がある

戦犯ゴボウ問題という都市伝説がある。戦後の映画や漫画でくりかえし描かれたそれを、十年以上前からid:Apeman氏が追いかけている。 「ごぼうを捕虜に食べさせて有罪になったB級戦犯」は都市伝説? - Apeman’s diary 「ごぼう 戦犯」でググるとたくさん出て…

はてな界隈で人気があったガメ・オベール氏という人物が、何をきっかけに失墜していったかをふりかえる

そういえば珍しく巻末に参考文献を載せていない「歴史の本」があって、それでウソがばれた出来事があったね - 法華狼の日記 上記エントリで思い出したガメ・オベール氏が、id:Apeman氏に批判されるようになった経緯を歪曲しているようなので、2010年の当時に…

そういえば珍しく巻末に参考文献を載せていない「歴史の本」があって、それでウソがばれた出来事があったね

『日本国紀』に出典が明記されていないという批判に対して、百田尚樹氏が釈明したことが最近あった。 百田尚樹氏はどのような「歴史の本」を読んで『永遠の0』を書いたのだろうか - 法華狼の日記 「参考文献を載せなかったと言われますね。でも日本の歴史の…

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

月面探査機の撮影した白い影の正体をめぐって、宇宙人派と否定派で争うクラス。そこで野比のび太はウサギ論をとなえ、両派から失笑される。 のび太はドラえもんに泣きつき、かつて事実と思われていた空想を現実と認識する秘密道具を出してもらう。ふたりは月…

『映画秘宝』で町山智浩氏がライターに「嘘松」を発注していたと批判しながら、それは誰かと問われて回答しなかったchronekotei氏

それは『映画秘宝』のことで、特に『底抜け超大作』を「愛が感じられない」仕事として例示している。 底抜け超大作 (映画秘宝コレクション)作者: 映画秘宝編集部出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2001/08/01メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 20回この商品…

百田尚樹氏はどのような「歴史の本」を読んで『永遠の0』を書いたのだろうか

朝日新聞による百田氏へのインタビュー記事を読むと、「日本通史」として出版した『日本国紀』に出典が明記されていないとの批判に対して、巻末の参考文献の有無に話をずらしていた。 「日本国紀」批判にどう答える 著者の百田尚樹氏に聞く:朝日新聞デジタ…

日本人観光客、中国(大陸)に行かないのにロシアには行くんだ……

観光先として中華人民共和国が忌避されているらしいというid:zaikabou氏のエントリを見ていて、ひとつ思うところがあった。 日本人観光客、中国(大陸)に行かない問題 - 日毎に敵と懶惰に戦う 紹介されているのは以下の通り -2DAYS ―2日で行く海外― 香港(中…

『世界まる見え!テレビ特捜部』世界の海岸線SP

「南アフリカ:ダーバンビーチのレスキュー隊」は、海水浴客が集まる巨大な砂浜で奮闘するライフセイバー隊を紹介。 南アフリカ共和国らしく、海の波ははげしく、それゆえの楽しさと危なさが表裏一体。群衆をコントロールするため、ライフセイバーは華麗な水…

政府与党の50連休、丸山穂高氏も1回休み

信頼できない資料を出すような与党へ野党が抗議するため審議拒否したことが「18連休」と揶揄されていたが、期間だけでなく正当性のなさにおいても現状の与党に問題があることはいうまでもない。 安倍首相逃げる予算委/50日間開かれない異常 2019年度予…

小学校時代の「プール授業中に抜け出して女子のパンツ観察」といった体験談を肯定する漫画家のツイートを、矮小化したり擁護するようなコメントがあったことに驚かされた

小学校への登校を懐疑しようとする男子に対して、性的欲求の充足をもって登校をうながすツイートを漫画家がおこない、追従するツイートがあったという。 小学生Youtuberの話題にかこつけて下衆話を語る「立派なロリ漫画描き」さんと、それに追従してキモいエピ…

『世界まる見え!テレビ特捜部』マヌケ! 考えの浅い人SP

今回はテーマにそって一目で奇妙とわかる情景が多く紹介され、バラエティ番組として楽しかった。ただ、海外の危険な映像の一つで、中国の高所遊具で安全ロープが外れて閉鎖された問題を、”さすがに中国でも”といった表現でナレーションしていたのは、小さな…

昭和の国会で「昭和天皇」という言葉が使われていた事例

「天皇」の呼称について、平成の国会で「平成天皇」が使われた事例を簡単に調べたことがある。 「平成天皇」という言葉が国会で使われた事例は5件 - 法華狼の日記 数は少ないが、まんべんなく各政党の議員が口にしているといえるだろう。 そもそも、どれも「…

映画『主戦場』を監督したミキ・デザキ氏が中立の立場から双方の意見を聞こうとしたのは、良くも悪くも事実なのだろう

日系米国人で上智大学の大学院生となったミキ・デザキ氏が、従軍慰安婦問題で争う複数の人物に取材。対立した意見を編集したドキュメンタリーを完成させ、話題になっている。 www.youtube.com 残念ながら観賞できる余裕がまだないが、制作中の情報を最初に知…

IWG報告書で従軍慰安婦問題を否認しようとする自民党議員の山田宏氏を見て、日韓合意の建前としての無力さを改めて痛感する

「最終的かつ不可逆的」な日韓合意において、「当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」*1と事実認定がされているのではなかったか。 《動かぬ証拠第4弾 》「性奴隷」の「証拠」は世界どこ探してもない。「IWG米国議会への最終報…

MCUを1作も見てなくても、『アベンジャーズ/エンドゲーム』というタイトルを見ただけで予想できること

本当にマーベル・シネマティック・ユニバースどころか、『アベンジャーズ』すらアニメ版しか見たことがないが、話題のタイトルを見ているだけでピンときた。 アベンジャーズ/エンドゲーム|映画|マーベル公式|Marvel

櫻井よしこ氏が雅子氏について「はじける笑顔から皇室の存在理由としての国民のための祈りを読み取ることが出来ない」と評していた件

旧姓小和田雅子氏への愛国保守な人々の論評を読み返すと、しみじみとした味わい深さがある。 そのひとつとして、2006年の『週刊ダイヤモンド』に掲載されたオピニオン記事を紹介しよう。 「 はじける笑顔の雅子妃に複雑な思い 皇室はなんのために存在するの…

『ドラえもん』でも『クレヨンしんちゃん』でも映画版において死は描かれてるのでは

シリーズ映画の根幹設定を変化させない映画が面白くないという匿名記事があった。 アニメの映画が楽しめない ・ドラえもんジャイアンが死んだりしてくれたら面白いけれど、そういうのは絶対にないので面白くない。せめてのびたのバイオハザードみたいにママ…

ちゆ12歳は、吉見義明『従軍慰安婦』に対して「のちに否定された記述も多く」と評していた

ちゆ12歳はネトウヨだった ふつうに韓国ネタ、朝日新聞Disネタが屈託なく出てくる 当時は自分も何とも思ってなかったし、ふつうに人気コンテンツだったことを考えると当時の空気にゾッとする 「ネトウヨ」という言葉の選択はともかく*1、はてなブックマーク…

アニメの中の携帯電話(追補編)

非常に興味深いアニメ史エントリを読んだ。 初めてスマートフォンが登場したアニメは何か - カトゆー家断絶 アニメの中の携帯電話(平成編) - カトゆー家断絶 その参考リンク先では言及されつつも、エントリでは採用していない情報をいくつか紹介したい。 …

声優しか出ていないオーディオコメンタリーは面白くない確率が高い

面白いオーディオコメンタリーをつのる匿名記事が話題になっていた。 面白いオーディオコメンタリー教えて 解説としての情報量が少なかった悪例として、細田守作品のオーディオコメンタリーがあげられていた。 細田守作品→若い役者たちとおじさん監督がきゃ…

『世界まる見え!テレビ特捜部』世界は、まだまだ謎がいっぱい! ウソかマコトかスペシャル

「まなびウィーク」として、放送局の別番組とのちょっとしたコラボゲストも。 「ウソかマコトか!? 空から見た地球の不思議な光景」は、季節によって鍵十字が浮かびあがるドイツの松林や、南極の氷原にある謎の染みのような模様など。 前者は自然発生説など…