法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

マンガ

学生運動はガイナックスに似ている

……と比喩すれば、一部のアニメ愛好家には理解しやすいかもしれない。全体像の理解しにくさが。 庵野秀明監督が実写版『キューティーハニー』を撮っていたころ、山賀博之監督は『まほろまてぃっく』を作っていた - 法華狼の日記 一時代を築いたスタッフが抜け…

1話で連載が打ち切られた漫画『異世界転生者殺し チートスレイヤー』の、ありえた展開の指摘を読んで感心した

法的な規制だけでなく媒体の萎縮なども表現の自由への攻撃になるのであれば、『異世界転生者殺し チートスレイヤー』を除外することは難しい、といった議論があった。 チートスレイヤー、みんなしばらくは連載が続くんだろうという前提で批判してたら1話で逝…

『遊☆戯☆王』はたしかにTCGアニメの原作として重要だが、漫画そのものは『ブラック商会 変奇郎』の系譜と思って読んでいた

まさか藤子不二雄Aと同年*1、それもわずか三ヶ月後に事故のようなかたちで高橋和希が亡くなるとは思わなかった。 遊☆戯☆王 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)作者:高橋和希集英社Amazon ブラック商会 変奇郎(1) (藤子不二雄(A)デジタルセレクショ…

政党の姿勢でいえば、性的少数者を漫画などの悪影響とみなす支持団体は軽視され、表現の自由市場にまかせる表明が表現弾圧あつかいされることが不思議

まず神道政治連盟とは神道を背景にもち、自民党でも特に保守派の有力政治家への支持を表明している団体だ。その団体の国会議員懇談会において、性的少数者への差別がおこなわれていた。 「保守的キリスト教の価値観に基づくLGBTへの偏見に満ちている」と…

赤松健氏が「一切の表現の自由」を主張しているなら、アングレーム漫画祭や『国が燃える』への介入についての見解も当然に問われるのでは

「三毛招き@mikemaneki」氏の下記ツイートが注目を集めていた。 フランスで漫画といえば、レドマツ先生はアングレーム国際漫画祭で慰安婦をテーマにした漫画に日本大使館が抗議をして『外圧』をかける、というバリバリの表現の自由の侵害した件についてどう…

他者の関係を「尊い」と消費することを、当事者の痛みとして描いた百合漫画

6月25日が「百合の日」ということで、ブックウォーカーが百合ジャンルの定番セールを7月1日までおこなう。 bookwalker.jp そのセールに入っている女子大生の恋愛漫画『付き合ってあげてもいいかな』の、まだ単行本になっていない*1連載中のエピソードを記憶…

まさに『のび太のアニマル惑星』こそ、維新的な利己主義の追及を批判する物語だよ!

三角関数より金融経済を教育するべきだと主張して、先日から話題になっている衆院議員の藤巻健太氏。 「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」金融教育をテーマに、財務金融委員会で議論させて頂きました。 pic.twitter.com/aUmlrvSaKv— 藤巻健太 衆…

「日本の漫画は昔から進歩がないだなんて、とっても排泄物な考えですわ」

id:SIVAPROD氏のツイートを見かけて、タイトルのような台詞をエセ関西弁のアクセントで思い浮かべた。 赤松健氏の”自由な発想”で描かれたのがところどころカタカナ表記の日本語しゃべる”外国人”だからなあ。「アル」て。焼け跡闇市映画に出てくる中国人かっ…

藤子不二雄Ⓐ、死去

いつまでもトキワ荘の証人として生きつづけていきそうな印象があったため、頭では理解しているが心が納得できないでいる。 【訃報】漫画家・藤子不二雄Aさん(88)死去|TBS NEWS 代表作だろう『魔太郎がくる!!』『笑ゥせぇるすまん』のような不気味な連作…

タイトルに違和感が出るほど上映がのびた結果、民主化闘争を描いた『のび太の宇宙小戦争 2021』が重みを増して悩む

今年も余裕がなくて公開日での鑑賞はできていないが、新型コロナ過を考慮してもなお、可能なかぎり早めに観にいきたい。 doraeiga.com 最終的に3月4日公開と決定告知された時点で三一独立運動の三日後かと思っていたが、いまもつづくロシアのウクライナ侵攻…

水木しげると矢口高雄が邂逅した時の、それぞれの視点での漫画化がおもしろい

切り出された短い頁だけでも漫画として完成度が高く、それぞれの作風と技術の違いが読める。 当時のガロ界隈は、漫画家同士の交流が盛んだったので、当然水木しげるとも関係を持ってます。それにしてもお互いの記憶違いもあるけど、両者の出会いにおける温度…

『ミステリと言う勿れ』のような作品はジャンルで区分するなら本格ミステリそのものだよ

念のため、あくまでジャンル分けするならばタイトルの自認に反してミステリらしいミステリだ、という話にすぎない。 ミステリとしての出来の良し悪しは、また違う話となる。 実写ドラマ化で再び話題になっている漫画だが、その評価を見ていると、良し悪しと…

アングレーム漫画祭で日本軍慰安所制度を正当化しようとした「論破プロジェクト」のひどさを思い返す

日本人の多くは、かつてアングレーム国際漫画祭で従軍慰安婦性奴隷否認論をマンガとして出典した事の愚かさを理解していない。日本側がスルメロックだかはすみとしこのような絵で、内容も韓国の悪口を描いただけの下劣なマンガを出す一方、韓国は丁寧なイラ…

表現や発言に攻撃を加えてきたのは一般人、と主張する漫画家の藤栄道彦氏は、単に権力による攻撃を除外しているだけ

政治家による漫画規制の動きにおいて、政治家の立場を誤認するように漫画の一頁が断片的に流れていることを紹介した。 『アニメ店長』の断片的な描写から、あたかも蓮舫氏が表現規制派のように受容されている違和感 - 法華狼の日記 それに対して、別の私のエ…

『ラブひな』ファンに會川昇シナリオが反発されたのは相性がもともと悪かったからかな、ということを思った

自民党の党議拘束の強さ、つまりは政治家となった場合は興味関心のうすい分野にも党にしたがって票を投じなければならないことを理解しているのだろうか、ということも思った。 自民「ラブひな」作者擁立へ 参院比例、若年層の集票狙い | 共同通信 自民党が…

『進撃の巨人』の被差別収容者を象徴する腕章グッズが批判され、販売中止を決定したとのこと

注目を集めたグッズ販売告知は、アニメ公式アカウントによるツイートだった。 【マーレの腕章】が登場!3色セット、完全受注生産にて発売いたします。キャラクター着用の腕章を忠実に再現いたしました。■受注期間:11/15 (月) 0:00 ~ 12/3 (金) 23:59 まで■…

白土三平、死去

www.asahi.com 最初に図書館で『サスケ』にふれ、途中の巻が抜けていたものの普通に楽しんだ。 『少年ジャンプ』作品などと比べれば古臭い印象だったが、シンプルで巧みな絵は時代を超えて魅力的で、荒涼としつつ前向きな結末は忘れがたい。 その後、何かの…

『アニメ店長』の断片的な描写から、あたかも蓮舫氏が表現規制派のように受容されている違和感

アニメのソフトやグッズ販売などを手がけるアニメイトの宣伝漫画『アニメ店長』。 www.animate.co.jp その「マンガアニメのヒーローを学んでしまった副作用」という迷台詞で知られる一頁が、あたかも表現規制の正体であるかのように語るツイートがあった。 …

公権力により性器描写が禁じられていることを、なぜか規制側を嘲笑できる根拠にしている一般漫画家の謎

漫画『コンシェルジュ』で知られる藤栄道彦氏が*1、下記のようにツイートしていた。 規制されてはいるが、表現者達の不断の努力によってそれは成功していない。だからフェミ議連は反撃を食らった。性表現の規制が成功していないから、次の暴力描写まで歩を進…

スーパーマンJr.の同性愛描写ひとつでキャラクターが壊れるなら、ジョーカーの恋人キャラクターはどうなの?

次世代のスーパーマンが日系人の青年記者*1と恋仲になると出版社が発表して、注目を集めていた。 www.afpbb.com www.asahi.com まだ広告的に情報が先出しされた段階だが、さまざまな場所で歓迎と反発がつづいている。 togetter.com 本編公開前の宣伝で新設定…

経済を回しているという理由で「オタク」を評価してもらおうとするべきではない

少し前、id:KoshianX氏が下記のようにツイートし、賛否両論を集めていた。 この30年の不景気でも消費を止めなかったのはオタクだけだからオタクコンテンツが日本中にあふれるようになったんですよ子供たちもそれを見て育ってるから、いまの10〜20代はアニメ…

漫画で描かれた精神疾患と盗用の記憶

漫画『ルックバック』が精神疾患への偏見を感じさせかねないという論争について、「東北ずん子」企画で知られる榊正宗氏がひとりの当事者として記事を書いていた。 note.com その本題たる漫画とその描写については当時に私なりの感想を書いたこともあり、特…

オタクって、まんだらけを『将太の寿司』の笹寿司みたいな店と思ってないんだ?!

あまり評判が良くないというか、距離をとって利用するべき古書店という印象だった。 togetter.com 女性向け雑貨店の真向かいテナントにポルノ専門店を出したという訴えで、けっこう中立的に見られているのが純粋に不思議。 着物ちゃんとロリータちゃん 1巻 (…

京極堂は女権拡張論を否認しない

hokke-ookami.hatenablog.com そもそも普通に読めば、主人公の発言が現実においても絶対的に正しいという作りの物語ではない。主人公は名探偵キャラクターとしては慎重すぎるほど発言に留保をつけるし、それでも反感を買うなどして追いこまれる。 上記エント…

『ミステリと言う勿れ』のそもそも正確性を担保していない発言に、正確性がないと批判するのは奇妙

ドラマ化も予定されている田村由美の推理漫画『ミステリと言う勿れ』。 ミステリと言う勿れ(1)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックスα)作者:田村由美小学館Amazon もう少し手がかりを描いてほしいと思うところはあるが*1、どんでん返しにいたる…

『僕のヒーローアカデミア』の峰田の性加害キャラクターって、そもそも機能していないことない?

『僕のヒーローアカデミア』という作品*1に、よく性加害をもくろむ峰田というキャラクターがいる。日本でも人気者という印象はないが、特に外国では嫌悪されているようだ。 連載の最新話で、翻訳された台詞がバイセクシャルのように読めてしまい、LGBT当事者…

『NHKスペシャル』東京ブラックホールⅡ 破壊と創造の1964年

オリンピック直前の混沌とした東京。記録映像と再現映像を組みあわせて、田舎の若き労働力を飲みこむブラックホールとして描きだす。 東京ブラックホールⅡ 破壊と創造の1964年|NHKスペシャル 1964年は、東京オリンピックが開催され、日本に“夢と希望があふ…

ぼくの考えた仮面ライダー

映画評論家の町山智浩氏*1が清廉潔白ではないヒーロー像を求め、仮面ライダーをネタにしていた。 正義を清廉潔白さから解放するため、不良の仮面ライダーを作って欲しい。敵の女幹部とドロドロの愛欲に溺れ、非番の戦闘員を脅してスパイにし、ノミ行為で稼ぐ…

『ルックバック』で「怪物」が顔を見せた描写は安易と思ったのが正直な感想

ジャンププラスで公開された藤本タツキ『ルックバック』。藤野と京本、学級新聞に4コマ漫画をのせる少女ふたりをとおして、さまざまな表現と表現者へのオマージュを感じさせる。 shonenjumpplus.com 技巧的でいて読みやすい。流し読みでも主人公の心情を追っ…

今さらながら漫画『ひめごう』の姫様の世の中をなめくさったような笑い声だが

「くっすくっす」が「屈す屈す」とかけてあることに気づいた。 shonenjumpplus.com 姫様が100回近くも拷問に屈した後で本当に今さらである。 姫様“拷問”の時間です 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)作者:春原ロビンソン,ひらけい集英社Amazon しかして漫画のタ…