法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『バトルスピリッツ ブレイヴ』第13話 セイバーシャーク、月光龍にブレイヴせよ!

今回は、敵組織内で手を組んだばかりの相手に不満を持った少年ルガインが、戦いをいどむ。相手のバローネは主人公に勝利したこともあるライバルキャラクターなので当然のように返り討ちになるわけだが、ルガインは戦いを通して成長しようとあがく。主人公らしい成長の伸びしろがなくなったダン*1と比べて、ずっとドラマへ感情移入しやすい。
そして、ルガインの父が息子を成長させるためバトルを受けてもらうようバローネに依頼していたという真相も語られ、他者に興味がなかったバローネも成長していたと示される。主人公チームとルガインが邂逅することで次なるバトルの予感もあり、変則的な回として充分に楽しめた。


カードバトルでは、ルガインの駆使する魔法デッキでバトルの終盤に連続攻撃コンボが生まれ、新たに特定のカードを出して回避することができなければ詰んでしまうとバローネが読みきる描写が面白い。問題の連続攻撃コンボは前シリーズから何度も登場しているため、実際にカードバトルしていない私でも長い詰み手順が理解できた。
その上でバローネは詰みを回避し逆転していくわけだが、ゲーム序盤の台詞で魔法デッキの特性を読んでいた台詞の伏線があるので、説得力がある。
これまで提示してきたカードとその特性をいかしてバトルを組み立て、真に思考が戦いを左右するゲームを描く。カードゲームとしては若く、まだカードの種類が多すぎないバトルスピリッツならではの構成だったと思う。面白い新アイテムを次々に登場させて興味を引くという一般的なカードバトルアニメが悪いとはいわないが、私は今回のパズルみたいな構成が好みだ。

*1:最近は新シリーズ当初のバトルジャンキーぶりが影をひそめてきているが、つまるところ前シリーズの終盤くらいに戻っただけにすぎず、成長とは少し違う。