法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『侍戦隊シンケンジャー』最終幕 侍戦隊永遠

文字通り作戦も何もなく、力押しで戦闘が終わったことだけ残念だった。これまで姫の代わりに憎まれ役を買っていた丹波にも見せ場があり、ロボも最強合体と初期合体がそれぞれ登場し、よく全体に配慮が行き届いていただけに、もう一押しほしかったかな。いや、ここまで物語が進んだ状態で、下手なひねりなど必要ないという意見もわかるつもりなので、もちろん好みの問題なのだが。
しっとりと各人の別れを描いていき、黒子が門前を掃く光景でしめたのは好印象。近年の戦隊シリーズは元気の良い陽気な作品が多く、対比されるように今作品独自の良さが現れていたと思う。