法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『烈車戦隊トッキュウジャー』第16駅 危険な臨時烈車

前回につづいて會川昇脚本。これまで戦隊の力になってきた「イマジネーション」が逆用され、敵が望む闇を作りだす。一方で「イマジネーション」を失っていた少女が、たまたま気絶していた戦隊二人と協力して、再び夢見る力を取りもどそうとする。サブタイトルが列車ではなく烈車になっているのも、戦隊の力を敵が使っていることを表現しているのだろう。
作品の根幹にすえられ、推奨されるべきとされてきた力の正しさを問い、まっすぐに謳いあげ直す。會川昇シリーズ構成で終盤よくやる展開を、一話完結でしっかりまとめあげていた。


戦闘で気絶したため弱い二人が逆に敵にとりこまれずにすんだとか、いったん車外に放り出されて再戦するとか、アクション物としての過程もていねい。
ただ、せっかく面白いロケーションなのだからレジャー空間でも敵と戦えば面白いのに、と感じたのは残念だった。もちろん大がかりなアクションをするにはさまざまな制約があることは理解しているし、完成品に不満があるわけではないのだが。