法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『聖闘士星矢Ω』第 23 話 敵陣突入!若き聖闘士、再集結!

大塚健コンテ回。仲間が集結して敵地へ乗り込むという山場を、少ない作画リソースでうまく乗り切ったという印象。回想で止め絵を多用し、敵とにらみあって構えるカットでも静止画を利用。敵と組み合うようなアクションは流れるような殺陣で動かす。


物語上で重要なのは、成長した蒼摩がソニアと全力でぶつかって、復讐心にとらわれない自分を獲得するところ。ただし、作品における立場が光牙の当て馬に近かったから、復讐心を捨てるとキャラ立ちも捨てることになりかねない予感。今回はこれでもいいが、次回以降を考えるなら、仮面を壊して蒼摩がソニアの素顔を見る場面くらいは入れても良かったかも。隠していたアイテムを手に入れるだけでは、因縁が生まれるというより、因縁が解消される前振りと感じられる。
どちらかといえば邪武が馬を「純粋」と評して賞賛する場面や*1、蒼摩のファイトスタイルがボクサーになっているところ、メモをとる忍者が巻物に毛筆で記しているといった、ネタ描写ばかりが印象に残った。

*1:原作読者には馬がらみのシーンでのみ印象に残っているキャラクター。