法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

『走れメロス』の結末をふりかえりながら妥当なビジュアル化を考える

太宰治 走れメロス|青空文庫

佳き友は、気をきかせて教えてやった。
「メロス、君は、まっぱだかじゃないか。早くそのマントを着るがいい。この可愛い娘さんは、メロスの裸体を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ。」
 勇者は、ひどく赤面した。

つまり上記の描写を想定して、登場人物の姿を想像してみる。

走れメロス 新装版 (講談社青い鳥文庫 137-2)

走れメロス 新装版 (講談社青い鳥文庫 137-2)

走れメロス/くもの糸 (10歳までに読みたい日本名作)

走れメロス/くもの糸 (10歳までに読みたい日本名作)

走れメロス 女生徒 (まんが日本の文学)

走れメロス 女生徒 (まんが日本の文学)

走れメロス 朗読CD付 (海王社文庫)

走れメロス 朗読CD付 (海王社文庫)

ならべてみると海王社文庫のガチムチっぷりが突出している……


実のところ、海王社文庫のみ高年齢女性向けに古典をパッケージングした作品のひとつであり、児童向けにアレンジした他と印象が異なるのは当然だったりする。
文章の印象をおぎなったり、異なる意味をつけくわえる挿絵の良し悪しは、パッケージのコンセプトと照合しながら評価すべきところだろう。


ちなみに私としては、おおすみ正秋監督*1によるアニメ映画が、独立した作品としても完璧だと考えている。

【映画チラシ】走れメロス

【映画チラシ】走れメロス

ずっとDVDかブルーレイで出してほしいと願っているのだが、いまだかなわない。数年後に『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』へ参加するような、そうそうたるアニメーターが参加した映像は、最新技術でリマスターする価値がある。
全体としてハードにアレンジされた物語も好ましい。特に、権力者が他人の献身ですぐ心変わりするような原作の甘さがなく、こまごまと時代の限界を描ききったところが良かった。

*1:TVアニメ『ルパン三世』第1期の前半を監督。

『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』森川智喜著

襟音ママエという少女が、探偵事務所をいとなんでいた。捜査も推理もせず、事務や広報は助手の小人に丸投げ。
しかも解決は魔法の鏡にたよっていた。あらゆる問いに回答して、必要であれば映像を見せるアイテムで、少女は一足飛びに真相をいいあてていく。
しかし出生の秘密にかかわる陰謀と、三途川理という名探偵の真意を指摘したことで、少女は困った事態に巻きこまれる……


デビュー作『キャットフード』*1に続くシリーズ2作目で、2014年度の本格ミステリ作家クラブ大賞を受けた*2
講談社BOX:森川智喜『キャットフード』『スノーホワイト』『踊る人形』|講談社BOX|講談社BOOK倶楽部
今回は連作短編形式で、襟音が鏡をつかって事件の謎を解いていく第一部と、襟音がつけねらわれる第二部にわかれる。
魔法の鏡という特殊条件がミステリの枠組みをゆがめていくのは当然として、第二部の展開は予想外の方向性だった。

続きを読む

「異世界転生・転移もの」を合わせた通称だけなら、「異世界転生」で充分ではないか?という提案

少し前、「小説家になろう」の代表のようにイメージされるジャンルカテゴライズについて、id:kazenotori氏が下記エントリを書かれていた*1
「異世界転生・転移もの」の略称というか通称を考える - WINDBIRD

異世界転生とは「現実世界で死んで異世界に生まれ変わる物語類型」、異世界転移とは「現実世界から異世界に移動する物語類型」のこととする。

「勇者として異世界に召喚されるもの」や「現実世界と異世界が接続されて行ったり来たりするもの」などもそこに含めることとする。

つまり現実世界とは遠くへだたれた異世界が存在する設定で、もともと現実世界にいた主人公が異世界に移動することからはじまる物語類型の考察だ。
もちろんそうした類型がかたまっていくことで、それを逆手にとった創作がおこなわれるのも世の常だ*2。そうしたジャンルカテゴライズは模倣と逸脱のグラデーションな境界線でおこなわれることは前提である。
そもそも転生と転移という狭義のカテゴライズも、不本意な死の補償としてもとの姿のまま転移をおこなう作品群を思えば、はっきり区分できないグラデーションがあるといえる。


そうしていくつかの通称を提案する上記エントリに対して、私は下記のような提案をコメントした。

固有の作品名のナルニア型とならんで、けっこう本気の提案としてダンバイン型なんてどうでしょうか。
本編は基本的に召喚型でありつつ、後半から異世界と現世を往来する展開もあり、外伝には転生主人公も登場する。つまり異世界と現世を主人公が移動するパターンの全てをシリーズとして押さえている。
そして日本の作品だからこそ、日本のブームを象徴する名称といえる……かもしれません。

海と陸の間にあるとされる異世界バイストン・ウェルと、現実の地上界を往来しながらつむがれるファンタジー作品群。
通常の手段では行けない文明も文化も異なる異世界がある設定が基礎にあり、そこへ地上人が行く過程はエピソードによって異なる。
だからこそ、多くのジャンルを包摂しつつ異世界と現実世界の対置を重視するファンタジーの象徴として適切ではないかと思ったわけだ。


もうひとつ、後から思い出したこととして、下記のようにもコメントした。

そういえば、貴種流離譚のような類型呼称のひとつに、異郷訪問譚という類型もあります。
https://researchmap.jp/jopu0j5t4-1928848/

訪問者は異郷を訪問する。その後、訪問者が再び故郷に戻ってくる物語もあるが、戻ってこないものもある。

地獄めぐりや天国めぐりをする物語が典型的ですね。
ただ、ここでいうようにわざわざ転生や召喚する異世界と比べて、すぐ隣の世界というか、歩いて移動できそうな不思議な距離感が、ちょっとイメージにそぐわないのかもしれません。
(神話の地獄めぐりは徒歩で向かうようなイメージがありますよね)


しかし、狭義のジャンル間でもグラデーションがあることを考えているうちに、広義の「異世界転生」という通称に、狭義の「転生」と「転移」をふくめても良いのではないか?と思うようになった。
異世界で産まれなおして幼少期から育っていく物語は、メディアミックス展開で念入りに描かれることは少ない。それゆえ「異世界転生」という呼称を、そのような狭義にとどめる見解は広まっていない印象がある。
そして、そもそも「転生」の語義は、生まれ変わるという意味だけではない。辞書を引けば、そのまま現実世界から異世界へ身をおきなおす物語すべてに適用できる語義がふくまれている。
転生(テンショウ)とは - コトバンク

生まれ変わること。転じて、環境や生活を一変させること。てんせい。「輪廻(りんね)転生」

この転じた語義を意識すると、「異世界転生」という通称は「転生」や「召喚」のイメージにもよくあった言葉とわかるし、むしろ「転生」を生まれ変わる作品のみに使うことの難しさを感じさせる。
かつて『ぼくの地球を守って』のような現実世界で過去から生まれ変わるような作品群を「転生物」と呼んでいたことが、「転生」の意味をせまく感じさせてしまったのかもしれない*3


いずれにせよ「異世界転生」が「転生」も「転移」も「召喚」もふくめた通称として問題がないとはいえるだろう*4。先述のように、生まれ変わる場合のみに使われていた狭義の「異世界転生」の通称こそが問題になる。
そこで転生よりも語義がせまく、イメージしやすい言葉として、「異世界輪廻」という通称はどうだろうか? もともと「転生」とセットで使われていた言葉であり、狭義と広義でかんちがいする要素も少ない。
もちろん言葉とは使う人々の意思疎通のためにあるのであって、思いつきで新たに提案しても定着した言葉にとってかわることは難しいが、厳密なジャンルわけをしたい時などに便利かもしれない、とここで提案しておく。

*1:引用時、太字強調を排して、私のコメントの転載は引用符を引用枠へ変更した。

*2:私自身、これまであまり試みられていない構造の異世界転移をひとつ思いついてプロットを書きためている。さすがに検索すれば近い例がいくつか見つかりはするが、組みあわせる別ジャンルとの比重が思いつきとは異なるものばかり。完成までもっていくのが難しいのか、読者受けがよくないのかもしれない。

*3:あえていえば、「転生」を生まれ変わり以外の意味で使うことが誤用だという主張は、辞書的な説明ではそれこそ誤用になる。誤用ではないのに誤用とされてきた「汚名挽回」のようなパターンかもしれない、と疑っているが、くわしく調べていないのでわからない。

*4:ただし定期的に現実世界に戻る「往来」をふくめることは難しい。

『浮世絵師の遊戯 新説 東洲斎写楽』高井忍著

海外で絶賛されるほどの存在でありながら、いまだ正体がはっきりしないとされる浮世絵師、東洲斎写楽
その正体をめぐる珍説奇説をさまざまな手法で物語化していく連作短編。商業作家なのに、なぜか文芸社から2016年に出版された。

浮世絵師の遊戯 新説 東洲斎写楽

浮世絵師の遊戯 新説 東洲斎写楽

自分たちが登場人物と自覚している偉人たちが写楽の正体あつかいされて困ったりするパロディ歴史小説もあれば、流布した珍説奇説が現代まで禍根を残している歴史作家八切止夫が登場する歴史小説もある。
同じ著者の『本能寺遊戯』*1の女子学生3人組が登場する一編もあり、あいからわず景品目当ての思いつきの珍説と真面目な通説を戦わせる。


そうして能役者が正体とされる通説の強固さを指摘していくわけだが、俎上にされる珍説奇説の紹介もけっこうバカバカしくて楽しい。以前に読んで好感触だった島田荘司写楽 閉じた国の幻』*2の真相も、いくつもの先例があったことを初めて知った。そうした珍説奇説を排除していく検討そのものも、よくできた消去法推理を読むような面白味があった。
さらに、検討のなかに情報や伏線をちりばめ、過去の珍説奇説と同じくらいには説得力があり、かつ意外性が増している新説を提示していく。オーソドックスな歴史ミステリとして成立しつつ、自覚的に砂上の楼閣をつくりあげる現代ミステリらしさがある。


やがて、東洲斎写楽の資料は同時代の浮世絵師と比べて少なくないことや、海外での高評価なるものが資料の歪曲によるものと指摘して、正体探しの枠組みそのものに異論をとなえていく。
つまり人々が通説を無視した正体探しに狂奔するのは、実態と乖離した高評価にふさわしい正体を求めているから。そこで批判されるのは、欧米の価値観で日本を高評価してもらいたがる国粋主義のねじれ。
日本文化の過大評価を求めて歴史をねじまげようとすることを、「歴史修正主義」という単語を使って正面から批判する小説はなかなか珍しい。
それと同時に、正体探しの枠組みを崩す展開からも、ちがった角度から意外な新説を成立させてみせる。偽史批判が、娯楽性を壊すどころか支えていく構成に感服した。

『綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)』

雑誌『メフィスト』で連載していた対談企画の完結編。テーマに合わせた短編やショートショートを選んで丸ごと掲載することで、ミステリでは難しい真相に言及したレビューがおこなえる。

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)

綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(3)

珍品を多く紹介する1巻目*1から、いったん変化球をおりまぜた2巻目*2をへて、本格ミステリの妙味に満ちた短編を紹介していく。


まずは新本格が始まる直前、パズラーが見くだされていた時期に女流作家が発表した2作品。
栗本薫『袋小路の死神』は、暴走族をぬけようとしていた男が、密室状況の袋小路で何者かに刺殺された謎が、名探偵のところに持ちこまれる。
ドラマを排した会話劇で、安楽椅子探偵に徹した語り口が面白い。推理は厳密ではないし、密室トリックそのものは大したことがないし、隠された動機も気づくことはできたが、犯人をさりげなく隠そうという技巧が全体にこらされていて、無駄のないパズルを解く愉しみが味わえる。それでいて社会派テーマへの目配せも無理なく入っている。
山村美紗『虹への疾走』は、高速道路をめぐるアリバイ崩し。これはまったく感心できなかった。アリバイ構築をひとつのトリックにたよりながら、古い作品ということを考慮してもトリックに新鮮さをまったく感じない。しかもそのトリックに使われる要素の伏線がまったくなく、それでいて劇中人物が調べれば一目瞭然な要素だ。
真相がわかった後でタイトルが示す情景が絵になることはわかるし、作者がA級ライセンス保持者ゆえの実体験ではないかと対談で指摘されて印象が少し変わりはしたが……


次の章は人体切断トリックがテーマ。奇妙な論理という裏テーマもある。
G.K.チェスタトン『秘密の庭』は、パーティーから男が消えたり死体が発見されたりする短編。古めかしい文体の直木三十五訳版が青空文庫に収録されている*3。どこかの短編集に収録されていたのを読んだかもしれないが、内容は忘れていた。
ブラウン神父が謎を解く作品としてはトリックもプロットも突出した作品ではないし、思考の奇妙さも他の作品に比べると驚きが少ない。首を切る方法もトリックというにはフィクション性の高いスキルにたよっていてアンフェア。そもそも首切りトリックが現代の捜査技術では成立しないことも対談で指摘されるが、むしろそうした時代の変化を指摘するために選ばれたような印象がある。
山田風太郎『赤い靴』は、中国古典をパロディした連作短編ミステリ『妖異金瓶梅』の1話目。妻が夫の愛を競いあう一夫多妻の家で、謎の殺人事件が起きて、足が切断されて足フェチの使用人が姿を消す。
若いころに図書館で借りて序盤だけを読んで返した記憶があるが、内容はまったく記憶していなかった。とはいえ事件の根幹をなす奇妙な論理には見当がついたので、無意識に頭に残っていたのだと思う。その謎解きに中国の古い文化の知識が必要ではあるが、会話のなかに文化の片鱗がうかがえるし、それなりに有名な文化ではあるので印象はフェア。
回廊の見取り図が人間移動の絵解きで重要になっているところも興味深い。描写を挿絵に依存する手法がミステリジャンルではラノベに先行しているわけだ。


次の章は、怪奇描写とミステリの融合をテーマ。
倉阪鬼一郎『頭のなかの鐘』は、自己評価と他者評価の落差に苦しんだ男の顛末。善良な周囲のお世辞を真に受けて、とりかえしがつかなくなるさまで、共感性羞恥におそわれる。
しかし結末は陰惨だが、怖さというより乾いた笑いを生みだす。推理小説的に深読みされうる出来事を倒叙形式で描いたともいえるが、良くも悪くもブラックなパロディ小説以上のものではない。
島田荘司『発狂する重役』は、女性を凌辱しながら出世した男が過去に復讐される恐怖を描く。いかにも島田作品らしく非現実的な奇想を現実的に解釈する作品でありつつ、ミソジニーな印象がないところが読みやすい。
これは短編集で既読で、物語も真相も記憶していた。しかし改めて読むと、女性の幽霊を成立させる要素が、かなり大胆に記述されていることに驚かされる。幽霊の正体も、それが消えた謎も、ほぼ解答に直結する説明があるのに、小説のうまさが本筋の恐怖をもりあげて目くらましされてしまう。


最後の章は、今は古典となったミステリのルールと、理想といっていい実作の紹介。
ロナルド・A.ノックス「探偵小説十戒ヴァン・ダイン推理小説作法の二十則」ディクスン・カー「四つの黄金律」は、どれも有名だが無意味さが指摘されがちなルールの紹介。現在でも納得できるルールもあれば、当時でも無意味だったろうルールもある。対談のふたりが指摘するように、そのようなルールを意識しながらどのように逸脱するかのメルクマールと考えるべきなのだろう。
鮎川哲也『薔薇荘殺人事件』は、若者たちを支援する富豪の邸宅で起きた、ふたつの殺人事件の謎を解く。短編というには頁数が多いが、稚気にあふれ機知にとんだパズル小説として読みごたえがあった。
いくつものトリックが濃密にしかけられているが、すべてが真犯人につながる手がかりと目くらましで構成されていて、散漫な印象はない。対談で指摘されているように、3つの古典的なルールを守りながら、ちゃんと意外性を演出できていることがすごい。どこまでも軽妙な娯楽なのに、事件とは直接の関係がない結末の出来事によって、「偽物」というテーマが立ちあがったところが小説としても好印象。
ただ現代からすると、とある隠された身体的特徴を謎解きに使うあたりは、現実の症状とは必ずしも一致しない印象を受けた。この身体的特徴をミステリに用いること自体が今ではすたれている印象があり、この作品で時代の限界を感じさせる数少ない部分といえるだろうか。


最後に後書きで、直前に起こった東日本大震災を受けて、語りえない者の代弁者として名探偵がいるという推理小説の意義を語っていたのが印象に残った。
ミステリのパズル的な限界を、物語の意義としてとらえなおす試みは、いずれ実作で読んでみたいところだし、もし許されるならば書いてみたいところだ。