法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

「異世界転生・転移もの」を合わせた通称だけなら、「異世界転生」で充分ではないか?という提案

少し前、「小説家になろう」の代表のようにイメージされるジャンルカテゴライズについて、id:kazenotori氏が下記エントリを書かれていた*1
「異世界転生・転移もの」の略称というか通称を考える - WINDBIRD

異世界転生とは「現実世界で死んで異世界に生まれ変わる物語類型」、異世界転移とは「現実世界から異世界に移動する物語類型」のこととする。

「勇者として異世界に召喚されるもの」や「現実世界と異世界が接続されて行ったり来たりするもの」などもそこに含めることとする。

つまり現実世界とは遠くへだたれた異世界が存在する設定で、もともと現実世界にいた主人公が異世界に移動することからはじまる物語類型の考察だ。
もちろんそうした類型がかたまっていくことで、それを逆手にとった創作がおこなわれるのも世の常だ*2。そうしたジャンルカテゴライズは模倣と逸脱のグラデーションな境界線でおこなわれることは前提である。
そもそも転生と転移という狭義のカテゴライズも、不本意な死の補償としてもとの姿のまま転移をおこなう作品群を思えば、はっきり区分できないグラデーションがあるといえる。


そうしていくつかの通称を提案する上記エントリに対して、私は下記のような提案をコメントした。

固有の作品名のナルニア型とならんで、けっこう本気の提案としてダンバイン型なんてどうでしょうか。
本編は基本的に召喚型でありつつ、後半から異世界と現世を往来する展開もあり、外伝には転生主人公も登場する。つまり異世界と現世を主人公が移動するパターンの全てをシリーズとして押さえている。
そして日本の作品だからこそ、日本のブームを象徴する名称といえる……かもしれません。

海と陸の間にあるとされる異世界バイストン・ウェルと、現実の地上界を往来しながらつむがれるファンタジー作品群。
通常の手段では行けない文明も文化も異なる異世界がある設定が基礎にあり、そこへ地上人が行く過程はエピソードによって異なる。
だからこそ、多くのジャンルを包摂しつつ異世界と現実世界の対置を重視するファンタジーの象徴として適切ではないかと思ったわけだ。


もうひとつ、後から思い出したこととして、下記のようにもコメントした。

そういえば、貴種流離譚のような類型呼称のひとつに、異郷訪問譚という類型もあります。
https://researchmap.jp/jopu0j5t4-1928848/

訪問者は異郷を訪問する。その後、訪問者が再び故郷に戻ってくる物語もあるが、戻ってこないものもある。

地獄めぐりや天国めぐりをする物語が典型的ですね。
ただ、ここでいうようにわざわざ転生や召喚する異世界と比べて、すぐ隣の世界というか、歩いて移動できそうな不思議な距離感が、ちょっとイメージにそぐわないのかもしれません。
(神話の地獄めぐりは徒歩で向かうようなイメージがありますよね)


しかし、狭義のジャンル間でもグラデーションがあることを考えているうちに、広義の「異世界転生」という通称に、狭義の「転生」と「転移」をふくめても良いのではないか?と思うようになった。
異世界で産まれなおして幼少期から育っていく物語は、メディアミックス展開で念入りに描かれることは少ない。それゆえ「異世界転生」という呼称を、そのような狭義にとどめる見解は広まっていない印象がある。
そして、そもそも「転生」の語義は、生まれ変わるという意味だけではない。辞書を引けば、そのまま現実世界から異世界へ身をおきなおす物語すべてに適用できる語義がふくまれている。
転生(テンショウ)とは - コトバンク

生まれ変わること。転じて、環境や生活を一変させること。てんせい。「輪廻(りんね)転生」

この転じた語義を意識すると、「異世界転生」という通称は「転生」や「召喚」のイメージにもよくあった言葉とわかるし、むしろ「転生」を生まれ変わる作品のみに使うことの難しさを感じさせる。
かつて『ぼくの地球を守って』のような現実世界で過去から生まれ変わるような作品群を「転生物」と呼んでいたことが、「転生」の意味をせまく感じさせてしまったのかもしれない*3


いずれにせよ「異世界転生」が「転生」も「転移」も「召喚」もふくめた通称として問題がないとはいえるだろう*4。先述のように、生まれ変わる場合のみに使われていた狭義の「異世界転生」の通称こそが問題になる。
そこで転生よりも語義がせまく、イメージしやすい言葉として、「異世界輪廻」という通称はどうだろうか? もともと「転生」とセットで使われていた言葉であり、狭義と広義でかんちがいする要素も少ない。
もちろん言葉とは使う人々の意思疎通のためにあるのであって、思いつきで新たに提案しても定着した言葉にとってかわることは難しいが、厳密なジャンルわけをしたい時などに便利かもしれない、とここで提案しておく。

*1:引用時、太字強調を排して、私のコメントの転載は引用符を引用枠へ変更した。

*2:私自身、これまであまり試みられていない構造の異世界転移をひとつ思いついてプロットを書きためている。さすがに検索すれば近い例がいくつか見つかりはするが、組みあわせる別ジャンルとの比重が思いつきとは異なるものばかり。完成までもっていくのが難しいのか、読者受けがよくないのかもしれない。

*3:あえていえば、「転生」を生まれ変わり以外の意味で使うことが誤用だという主張は、辞書的な説明ではそれこそ誤用になる。誤用ではないのに誤用とされてきた「汚名挽回」のようなパターンかもしれない、と疑っているが、くわしく調べていないのでわからない。

*4:ただし定期的に現実世界に戻る「往来」をふくめることは難しい。

はてなダイアリーの下書きが確認できるようになっていた

はてなダイアリーの下書きが移行できない - 法華狼の日記

下書き一覧ページまでは確認できるのだが、実際に個別の下書きを見ようとするとはてなブログへリダイレクトされてしまう。

上記の件について、他にも困ったユーザーが多かったのか、公式が2月28日の完全停止まで確認できるように変更してくれた。
日記の下書きを確認できるようにしました - はてなダイアリー日記

下書きはインポート・エクスポートに対応しておりません。このため、下書きの内容を確認する手段がなくなっておりました。お問い合わせ等でご報告いただいたユーザーの皆さま、ありがとうございました。

本機能は2月28日のはてなダイアリー全機能停止までご利用いただけます。

おかげで、いくつか完成した記事をはてなブログ内に保存しなおせた。

学校において「父」「母」ではなく「親1」「親2」といった表記をつかうよう変えたとして、異性婚家族から何の便益が失われる?

文春オンラインに掲載されている山本一郎氏のコラムを読んで、意味のとれなさに首をかしげた。
なんとなく優しくなりすぎて、どんどん壊れていく世界 | 文春オンライン

フランスでは同性婚カップルの心理的負担を考えて学校の書類において伝統的な「父」「母」ではなく「親1」「親2」といった表記にするという法律が可決され、こっちはこっちでどうなのよと感じる部分はあります。逆差別とまでは言わないけど、普通に異性婚して子どもを儲けている家庭の便益はどうなっちゃうの。


フランスでは「親1」「親2」と呼ぶのか、そして途方に暮れる - ネットロアをめぐる冒険
https://www.netlorechase.net/entry/2019/02/19/073000

はてなブックマークを見ると、やはり首をかしげるコメントがいくつかある。

id:haha64 学校への提出書類の親1親2表記で「普通に異性婚して子供を儲けている家庭の便益」なるものが損なわれる場面って具体的に何。 「保護者」って表記とどう違うの。

id:pinkyblue 「普通に異性婚して子どもを儲けている家庭の便益はどうなっちゃうの」←「同性愛者への配慮は、異性愛者であることのメリット感を損なわない程度にしてくれ」とでも言いたげな…まぁこの人らしい相変わらずの意識だ

異性愛の両親がいたとして、「父」「母」という表記を用意されてえられる便益とは何だろう。「親1」「親2」より増える情報量があるとして、男女どちらかの性別くらい。「普通」ならば文化的に名前で推測できるし、必要な局面はそう多くあるまい。
どうしても必要であれば、備考欄などを用意して記述すればいいだけだろう。その手間を省略するくらいのことが「どうなっちゃうの」と問いかけるほどの便益といえるだろうか。


ここで山本氏が紹介しているid:ibenzo氏のエントリへのはてなブックマークを見れば、「親1」「親2」といった表記による便益はLGBTに限らないという指摘が複数ある。一部を紹介しよう。
はてなブックマーク - フランスでは「親1」「親2」と呼ぶのか、そして途方に暮れる - ネットロアをめぐる冒険

id:tenkinkoguma 保護者1、保護者2のほうが祖父母やおじおば、後見人なんかも含めることができて違和感がない。できれば人数も何人でも選べるようにしてたらひとり親家庭も救われる

id:toakai 養育者の数が問題なだけの記入欄なら親1親2でもいいんでは。実際は各家庭で好きに呼べばいいんでしょ?うちは生後すぐ私が昼仕事で夜大学院だったんで息子は夫をママって言ったり混ざってパマって言ったりしてたわ。

id:palop 未成年者の法的保護者として、保護者1(実母)保護者2(継父)保護者3(実母の母)保護者4(実父)保護者5(実母の親友)…みたいに複数の大人が関わる権利を持てたら、虐待なんかも減りそうなのに、と思っている。

両親が異性愛者であっても、「父」「母」という表記におさまらない事例はあまた考えられるし、実際に存在している。保護者が親ではない状況も多数ある。
異性愛者の「父」「母」が両親の家庭でも、たとえば女性が収入をあげて男性が主夫を担当している場合を想定してみよう。そこで学校から家庭にいる親へ連絡しようとする時、「親1」「親2」といった表記は「父」「母」より情報量があると考えられないだろうか。


少数派が不便な状態から多数派と対等なくらい便益をえて、おかげで多数派もいくらか便益が増す。「父」「母」という表記をあらためることは、そういう事例だろう。情けは人のためならずとはよくいったものだ。
そこで多数派の便益はどうなっちゃうのと問うことは、既得権益を守る意味すらなく、便益の格差を維持するために多少の不便を我慢することになる。そのような狭量な考えより、優しさで世界を壊すほうが良くないだろうか。

はてなブログProにようやく登録

googleアドセンスの審査が2週間かけてようやく通ったので、あわせてはてなブログ側の広告を非表示化した。
最初はただ登録するだけでいいとかんちがいしていたが、わざわざ詳細設定しなければならないのが地味にめんどうくさい。
原因がわからないこととして、貼った記憶のない広告がブログのあちこちにランダムで表示される。自動広告というものがかかわっているらしいが、何をどう直せばいいのか、よくわからない*1


ついでに、余白が大きすぎたため、余白が少なくシンプルなデザインテーマを探して、サイドバーの位置を変えるなどした。
文章の読みやすさは格段にあがった気はするが、行頭一字下げがおこなわれないので、はてなダイアリー時代とは印象が異なる。

*1:追記。どうやらタイトル下に広告が自動で表示されるコードを実験的にはりつけてみたものの、審査がとおるまで空白表示すらされなかったため、それを忘れたまま急に表示されて驚いた、という情けない真相だったようだ。

反自虐史観として司馬史観が利用された時代も遠くなりにけり

少し前、truetomb氏による下記ツイートを見かけて、いささか驚くと同時に感慨深く思った。


司馬史観」って司馬遼の小説を史実だと思ってる人をバカにするときに使う言葉だと思っていたけど、崇めるときにも「司馬史観」って言うのか。

歴史修正主義」と同じように、自称が蔑称に転化しただけでなく、もともと自称であったことすら一般には忘れられていたわけだ。


かつて、新しい歴史教科書をつくる会と、その源流となった自由主義史観研究会は、司馬遼太郎作品の歴史認識を現実にとりこもうとしていた。司馬作品の明治観を批判する斎藤美奈子氏の記事を紹介しよう。
【第94回】明治150年にあたり、「司馬史観」を検証する|世の中ラボ|斎藤 美奈子|webちくま

私は忘れない。歴史修正主義の発火点ともいうべき藤岡信勝自由主義史観研究会『教科書が教えない歴史』が〈私たちの考えでは亡くなった司馬遼太郎さんの「司馬史観」も自由主義史観と同じ立場にあります〉と巻頭言で述べていたことを。

自称的に用いている実例として、ちょうど保守派に転向した時期の藤岡信勝氏が、そのまま司馬史観を賞揚するタイトルで授業改革案を編集している。


それでも上記ツイートだけならば一個人の認識にとどまるが、能川元一氏による下記ツイートには、新鮮な味わいがある。

よりによって、新しい歴史教科書をつくる会の公式アカウントが、史実よりの立場から司馬遼太郎作品の虚構ぶりを指摘している。


坂本龍馬亀山社中発足に立ち会っていない ・高杉晋作徳川家茂に「いよぉ征夷大将軍」と声をかけていない ・ドイツ軍人メッケルは関ヶ原布陣図を見て「西軍の勝ち」とは言っていない ・乃木希典への一面的な評価 などなど。 少しはご自身でも調べられたらどうかと思います。

反論されているnonbiriking氏のツイートへさかのぼると、作品映画化の報を受けて、つくる会アカウントが反応していたこともわかる。


こういうのは具体的に言って頂きたい。坂の上の雲ひとつとってもそうだが、明治=暗黒時代かのような史観全盛の時代に一石を投じたのは間違いなく司馬遼太郎。国民に歴史への関心を呼び起こすには貴会の百倍役立っていると思いますが。司馬のおかげで迷惑を被っていると言わんばかりの態度はどうかと。



『峠』に続いて『燃えよ剣』の映画化も決まり、平成の終わりとともに司馬遼太郎ブームが来てるのでしょうか?
司馬氏の小説の内容の全てを史実のように信じこんでいる方は未だ少なくなく、その国民への影響力は歴史教科書に関わる中で大きな壁のように感じることもあります。
司馬氏の存命時から比べ、歴史研究は進展しているわけですから、映画化に当たっては原作の魅力を生かしつつも最新の研究成果が一定程度反映されると良いなと思います。

念のため、司馬作品における明治像の明るさは、あくまで昭和の暗さをきわだたせて批判する演出であった*1。それゆえ戦前戦中の全体を美化しようとする自由主義史観といずれ衝突することは当時から予想されていた。
しかし、いくら内部対立をくりかえして教科書保守化運動においても傍流になったとはいえ、つくる会司馬史観を大きな壁と表現するようになるとは思わなかった。こうして歴史は「修正」されていくのだろうか。

*1:ノンフィクション的なエッセイ等で見せた現実の歴史認識の話はわきにおく。