法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

どうしてもサイゼリヤで満たされない人はいるし、トップバリュに助けられる人もいるのに、インターネット大喜利に不都合だと無視されがち

どちらにしても良くも悪くも営利企業なので、完全に利益を度外視することは期待できない。
特にサイゼリヤは、東北の青森、中国は島根、四国四県、九州の長崎大分熊本鹿児島、沖縄には店舗が存在しない。
shop.saizeriya.co.jp
対価に比べて良好な料理を提供するサイゼリヤの企業努力は、地方を切り捨てる計算もふくまれていると考えるべきだろう。
一方でイオンの大型店舗がない都道府県は福井だけ*1。それもマックスバリュならば複数ある。
withnews.jp
www.aeon.com
トップバリュにはプロの料理関係者が高評価するような商品もあるが、こういう時にかえりみられることはない*2

他にトップバリュでいえばグリーンアイのような挑戦的なブランドもあるわけだが、ひとくくりに低評価の対象になっていたりもする。
www.topvalu.net
このポテトチップスは他社でも似た趣向の商品を出してほしいくらいの良さがあると思うのだが。

*1:もちろん大規模小売店の地方進出それ自体への疑問も考えられるが、その観点ならばサイゼリヤに対しても適用するべきだろう。

*2:私自身はアルコールをまったく嗜まないので、よく悪口大喜利の対象になっているウィスキーともども評価はできないが。

『GANTZ:O』

 駅で通り魔にたちむかった青年が、刺された後に見知らぬアパートの一室で覚醒する。そこには謎の黒い球体があり、ガンツと呼ばれていた。青年は生き返ってたったひとりの家族に再会するため、ガンツの指示するサバイバルゲームを仲間とともに始めるが……


 2016年の3DCGアニメ。TVアニメや実写映画にもなった奥浩哉の漫画を、さとうけいいち総監督でデジタルフロンティアが映画化。原作の大阪エピソードを抽出して、ひとつの物語にまとめている。

 物語は完全にデスゲーム物の中盤をとりだしただけの作りだが、初参加の主人公に周囲が説明することで設定が追いやすい。次々に異常や危機が起きるなかで説明を求めるので、だらだら解説するだけの緊張感がない場面も存在しない。
 観客に開示したルールを最大限に活用しつつ意外性も足して、はてしなく戦いがつづくオチでありながらドラマとして納得感のある結末に落としこんだことも感心した。原作からの抽出とわずかな改変が見事。
 強力な大阪チームのトップ三人が傲慢なだけではない実力の違いを見せたり、現世で超常的なゲームがおこなわれることで乱入した自衛隊により怪物やアイテムの強力さを実感させたことも、デスゲーム物に必要な段取りを必要充分にやっている。


 映像は完全に3DCGで構成されているが、手描き作画のアクションアニメで卓越したアニメーターの寺岡巌や橋本敬史らが絵コンテとして参加。どのパートを誰が担当しているのかはわからないが、2Dアニメでは難しいカメラワークでいて、けして見づらくない映像で構成されていることに感心した。
 原作は部分的にしか読んでいないが、過去の映像化と比べて主観視点の多用も印象的。特にアパートの一室まわりの転送描写と、物陰に隠れて怪物たちを見るカットは出色だった。そうした難しいカットを成立させるにあたって3DCGの正確なパースが効果をあげているのだろうし、同時にカメラをなめさせるオブジェクトをていねいに用意する手間のかけかたもリソースのわりふりとして正解。


 日本の3DCG作品としては、頭部が露出している原作デザインのスーツから逃げずに、老若男女の多様な頭髪を自然に表現していることも良かった。
 同じさとうけいいち総監督が2014年に東映でつくった『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』の長髪は不自然で途中から短髪になるくらいだったし、別スタッフの『アップルシード アルファ』は最初から短髪キャラクターばかり。ようやく日本でもCG毛髪が自然に表現できるようになったのだと実感できた。
hokke-ookami.hatenablog.com
hokke-ookami.hatenablog.com
 大阪の道頓堀を中心とした、適度に狭くも立体的な舞台でのアクションも先述のようにそつなく見せ切っている。もう少し手間をかければそのまま実写作品のVFXにもつかえそう。集団戦も巨大な敵に罠をかける戦いも、巨大ロボットをつかったような怪獣映画のようなアクションまで楽しめた。

劇場版『モノノ怪』から橋本敬史氏が降板した経緯が、とにかくつらい

原型的な作品『怪~ayakashi~』「化猫」からキャラクターデザインをつとめ、発展したTVアニメでビジュアル全体を牽引した橋本氏が、劇場版から降板した経緯をツイートしていた。
togetter.com
製作側の説明としては、元ノイタミナプロデューサーで現ツインエンジン取締役の山本幸治氏により、降板させた視点でnote記事が発信されている。
note.com
togetter.com
今回は橋本氏側が以前から説明していたことだが、後から取り消すことができないアウティングになりかねない情報が書かれていること自体が、深刻さをうかがわせてつらい。
橋本氏が回復することをひとりの視聴者として祈っているし、きちんと投薬治療をつづけていたことも知っているし、それゆえ安易な楽観も悲観もつつしむべきだろうと思う。
ツイートやリプライで希死念慮をくりかえし公言していることも気にかかる。一種の脅迫のように受けとられがちだが、実行にうつしかねない危険性もある。
www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp
フリーランスが一般的な業界のありようが、症状を重くして福祉を遠ざけ治療を遅らせた可能性なども想像してしまうが、外部から安易な判断もできない。


ただ、一般的にこのような状況になった時、最も苦しんでいるのは橋本氏と考えるべきだが、周囲がそれにひきずられる必要もない。
小さな苦痛や不満に耐えられなくなるほど心身が過敏になった場合、被害者意識から周囲への攻撃的な言動にいたることがある。その苦痛をうったえる文章も、ツイートくらいの文字数なら説得力のある短文を書けても*1、相手の意向も考慮した客観的な長文を書く能力は弱まっている。
異論を受けつける心身の余裕も失われている。少し文脈のこみいった説明をされると、それを理解する努力そのものが苦痛になり、被害者意識を増大してしまう。どれほどていねいでも反論をおこなえば、それ自体が敵意を生みだしてしまうし、主張の矛盾をつきつけられたとしても間違いを認めるとは限らず、最初の主張に戻るだけで徒労に終わることもしばしばだ。どれほど親身になっても、実りのある議論や会話は難しい。
同時に注意したいのは、過敏ゆえに不満や苦痛に耐えられなくなったことは、その不満や苦痛が存在しないという意味ではないこと。周囲からは不当な主張に見えても、慣例として許容され無視されていた問題を過敏さゆえに気づけている場合もある。しかし同時に、その問題ひとつを解消して苦痛がいったん緩和されても、心身の過敏さはつづいているので、またすぐ別の苦痛や不満をうったえる。それが周囲の徒労感を生んだり、妥当なうったえまでふくめて不当なうったえであったかのような印象を生みだしてしまう。
いずれにしても、苦痛のうったえが妥当か不当かは個別に判断しなければならないし*2、その問題の解決とも独立して苦痛を解消しなければならないだろう。とにかく大変な話になるが。

*1:技術などの能力が完全に失われるわけではないので、職人としては過去と比べても悪くない成果を出せたりもする。橋本氏ほどのアニメーターなら、山本氏らの説明が事実でも、現在のアニメ業界では引く手あまただろう。

*2:ただ、あまりに膨大なうったえになると、その判断を個別におこなう負担も大きくなる。

『デリシャスパーティ♡プリキュア』第15話 ドキドキ!ここね、初めてのピクニック!

学校の食堂がつかえなくなり、担任教師がピクニックランチを提案する。イベント的にみんなで食べる計画にクラスはおおもりあがり。特に高嶺の花と思われていた芙羽との会食を願うクラスメイトが多く、それにこたえるように芙羽も全力をつくそうとする。しかし、華満らんはひとりで食事を楽しんでSNSに投稿している人物に憧れを感じていた……


東映でキャリアをつんできた伊藤睦美が脚本。一方で絵コンテの佐藤道拓はあまり見ない名前だが*1、多用されたデフォルメ表情もアクションのエフェクト作画も全体的に良好。
物語は前回*2とは逆に、正体を隠したヒーローとして和実に高評価されることを内心で期待している品田がかわいい。絶妙なふびんさで応援したくなる。和実が超然とした性格だけに、品田のようにサブキャラクター視点のほうが無理なく物語が進行する。
本筋では、いくらシェアをメインテーマにしている作品だからといって、料理を集団で楽しむことを前提にしすぎた語り口に違和感をもったら、それは意図的なものとわかる展開も良かった。クラスメイトとのランチを楽しもうと手いっぱいになって自身が楽しめない芙羽に、物語の序盤にあったコミュニケーション下手キャラクターとしての魅力を思い出させる。
それと対比するように、ひとりで食事を楽しむ初老の運転手をとおしてシェアするだけではない食事の楽しさを描いていく。『孤独のグルメ』が定着してひさしいが、実際に高齢の男性がブログやSNSで食事を楽しむ姿を発信する時代にもあっていて*3、まったく違和感がない。メインテーマを完全に否定するわけではないが、それと対立する考えも肯定していくエピソードを挿入することは基本的に連続ストーリーにおいて好ましいと思っている。
プリキュアが勝手にブラックペッパーの呼称をブラぺにしてしまったり、文字通りナルシストな敵幹部がブンドル団のかけ声の格好悪さをツッコミ入れたり、キャラクターのライトな行動もちりばめていて楽しい。メインキャラクターが自滅するように失敗するエピソードでありながら、ストレスがたまりすぎない。

*1:今作第8話の演出なので、スタジオぎゃろっぷ関係者だろうか。 hokke-ookami.hatenablog.com

*2:hokke-ookami.hatenablog.com

*3:インターネットにおける飲食店の情報発信が少なくレビュワーの絶対数も足りない田舎に在住していると、そういうアマチュアの美食ブログが外食先の選択にあたって貴重な情報源になっている。

『世にも奇妙な物語 '22夏の特別編』

恒例のオムニバスドラマで、今回はいくつかの原作がありつつ、ストーリーテラーを巻きこむ趣向で全体の統一感もある。
www.fujitv.co.jp


「オトドケモノ」は、やや高いがなんでも2秒で配達する宅配アプリを見つけた男が、在宅ワークをつづけながら恋人とともに活用するが……
ジャンプ+のルーキー賞で注目を集め、当時から『世にも奇妙な物語』の原作につかえると評価されていた短編を、その設定を活用するかたちで素直に映像化。
shonenjumpplus.com
異空間に閉じこめられた場面が原作のオチで、そこからの新展開はドラマオリジナル。はてなブックマークid:afunrupar氏をはじめとした複数コメントのアイデアがつかわれている。
[B! 漫画] オトドケモノ/2021年9月期ブロンズルーキー賞 - オクスツネハル | 少年ジャンプ+

afunrupar 一旦離婚して外の人と結婚してアプリ使ってもらうとか?

いずれにしてもアイデアには著作権が発生しないものの、スペシャルサンクスくらいはクレジットされても良さそうだと思った。
そして上記コメントからさらに発展させていくわけだが、そこで主人公の絶望感を強調するためだけに結婚せずに生涯年収を出して実世界へとりよせる展開には首をかしげた。いや、離婚届を提出しようがないのにネット越しの結婚が可能という主人公の思いつきが間違っていたと解釈するべきか。
あと、外国から移動の時間を無視して経費は800円だけで実費でとりよせられるなら、物価の安いところから食料や衣料を調達すれば、定収入でも生活費が安くなって楽になるのでは、と思った。さらに考えれば、輸出入を仕事にすれば、かなりの収入を叩きだせるのでは?といったことも思った。


「何だかんだ銀座」は、ある夏の日に少年が父につれられ、銀座の天然「ニホンオオカネモチ」を捕獲する。そして気難しいそれをペットとしてかわいがるが……
前エピソードはWEB漫画が原作だったが、今エピソードは「小説家になろう」で公開されたショートショートを商業書籍化したものが原作。
何だかんだ銀座
ベッタベタな感動ドラマの一部分だけ別の何かに置きかえるパターン。俳優としてのうまさなのか、それとも素人演技の活用がうまいのか、人間味を感じさせない有田哲平の「ニホンオオカネモチ」の描写は良かった。
しかし父がリストラをされて「ニホンオオカネモチ」を飼いつづけられなくなったなら、社長でもあると説明された「ニホンオオカネモチ」から何らかの利益を引きだせそうに思うのだが。現実のペットでも愛玩だけでなく経済動物として活用もできるわけだし。
オチはペットがメタ化される予想通りの展開。しかし主人公の男子が成長して就職活動している時に社長に呼ばれる展開で『釣りバカ日誌』的なオチかと一瞬思ったので、予想通りなのに意外性を感じられたのが面白い。ちなみに原作は再会した瞬間がオチ。


「メロディに乗せて」は、脳内に流れる音楽にあわせて行動しないと死に至る病にかかった女性の、同じ症状をかかえた男性との奇妙な出会いを描く……
今回の放送はこれのみ原作のないエピソード。『ドラえもん』の「ムードもりあげ楽団」を思い出させるが、個々人の脳内で鳴り響くBGMにあわせるしかないので周囲を巻きこめず、孤立感と結束感を深めていく。
これも脳内BGMが「チャンチャン♪」的な物語の終了をあらわす音楽からのメタオチを予想していたが、予想以上にメタなオチで、かつストーリーテラーが劇場にいる描写が伏線となっていて、その徹底ぶりは楽しかった。
同じ病気をもった人間が集まりすぎている御都合主義を感じたものの、逆に診断した医師の観測できる範囲に3人いたというだけで、その世界には他にも同じ症状の人がいると解釈するべきか。
しかしリニューアル前の『ドラえもん』BGMや『おジャ魔女どれみ』主題歌など、他局のアニメ音源を多用していたのはどういう理由だろう……


「電話をしてるふり」は、ナンパ男を撃退するため父親とスマホで会話しているふりをしていた女性が、ひょんなことから父親と間接的な通話をはじめる……
芸人が原作とアピールされていたが、別にドラマのために書きおろす企画があったわけでもなく、吉本芸人が発表したショートショートの1作にすぎないので、良くも悪くも特別なこととは思わなかった。

直接的には通話をできない設定はおもしろかったが、そこから原作は活用や発展を見せることをせず、オチも最後に通話できただけで納得感がない。ナンパ男の行動が出オチ的なおもしろさがあっただけ。
ドラマは最後に仏壇を見せる場面で、父親の遺影だけでなく女性の写真も見せて不穏な空気をただよわせているが、死ぬ直前だったから通話できたという説明がされたわけでもなく、やはりオチとしては弱い。