法華狼の日記

他名義は“ほっけ”等。主な話題は、アニメやネットや歴史認識の感想。ときどき著名人は敬称略。

対象者があえて蔑称を自称的に用いることで表現の意味を変化させて蔑視に抗う事例のメモ

クイアとは - コトバンク

本来の語義は「奇妙な」で、かつては日本語の「変態」に近い否定的な意味で使われていたが、アメリカでは1980年代末ごろから、性的マイノリティがこの言葉を自らに対して肯定的に使い始めた。マイノリティが自分に投げつけられる侮蔑語を逆用して新たな意味に転じさせた注目すべき例である。

JAP(初回生産限定盤)(DVD付)

JAP(初回生産限定盤)(DVD付)

『スター☆トゥインクルプリキュア』第10話 キラッキラ☆惑星クマリンへようこそ!

スターペンを探す星奈たちは、今度は惑星クマリンへ到着した。その宝石のような星の住人は、期待と異なる姿をしつつも、異星人の突然のたのみに協力してくれたが……


第8話*1と同じく、異星のスコシフシギな人々と異文化コミュニケーションをはかる寓話。
今回はクマさんといっても可愛らしい擬人化動物ではない。マスコットのように背こそ低くても、髭の濃い中年オヤジのようなデザイン。そして手足の多さはクマムシに似ていて、実際にクマリンの過酷な環境に耐えていく。その過酷な環境が植物などを宝石のように進化させたとも説明される。
デザインはキモカワイイといえそうなポップな異星人だが、初登場の印象よりもその地で生きる存在として考証されていて、そのギャップがSFらしさを実質以上に強く感じさせる。
ありきたりな宇宙人像を使わず、ちょっとした理科的な豆知識を延長して、オリジナリティの高い異星人を設定できている。そしてそれが主人公がプリキュアとして一方的に優越するのではない、対等な他者との関係性をむすぶドラマへと密接にむすびつく。


1クール目の終盤とはいえ、敵幹部が集結してプリキュアへ総攻撃をしかける展開で、必殺技を止められるレベルまで追いつめられるのもいい。
そこから撤退するために宇宙船で脱出したのも、今作ならではの結末だ。過去シリーズでも敵に支配された異世界へ様子見にいくエピソードがあったが、今作の移動手段は地球人にも隠したいものであり、それゆえ新たなピンチを予感させて次回へつづく。

『歴史秘話 マクロスヒストリア』

BSで3月に放映された番組の地上波放送。5月4日にBSで放映される番組のための、投票企画の途中経過を広報するため番組。
www.nhk.or.jp
歴史秘話ヒストリア』の枠組みそのままに、パロディのようにアニメ劇中史と、シリーズ各作品の発展を紹介していくところが楽しい。元ネタ番組がドキュメンタリーとしてはデフォルメが強すぎるので、むしろフィクションを題材にした今回には適合している。

メインスタッフや氷川竜介氏が登場して各作品の情報を手際よくまとめ、歌とメカと三角関係というシリーズに共通するモチーフにそって特色を紹介。番組MCが変形玩具をほとんどカットを割らずに変形させてみたあたり、きちんと番組スタッフがリハーサルしていることもうかがえる。
ただ、時代ごとに先端を目指していた歌とメカはともかく、三角関係についてはあまり大仰に紹介せず、わかりやすいメロドラマの型として利用したというくらいの位置づけにしたほうが良かったと思う。紹介されている描写だけでも陳腐だと感じたし、実際に各作品でもその収拾は投げ出しがちで、その枠組みには力点を置いていない物語ほど最終的には完成度が高かったように思う。

『ドラえもん』ゆめの町、ノビタランド/ドラえもんをのぞいちゃえ!

テレビ朝日版のアニメ放送開始40周年を記念して、冒頭でドラえもんがあいさつ。OPも旧主題歌を現役声優が歌うバージョンになり、映像も名場面をダイジェストしたPVに。
前後ともに伊藤公志が脚本を担当し、絵コンテも大杉宜弘ディレクターが担当するという力の入れよう。スケールを表現する煽りを多用した前半の構図や、緻密な手描き作画が楽しめる。


「ゆめの町、ノビタランド」は、ローラースケートで遊べる広い場所を求めて、秘密道具で庭にミニチュアの街を作り、身体を縮小して遊びはじめる。友人たちも自由に遊び始めるが……
テレビ朝日版の第1回*1を再アニメ化。のび太をひきそうになる自動車の細かいメカ作画や、終盤で街を破壊する野比母の怪獣のようなコンテが印象的。
物語の大筋は原作から変わらないが、出木杉らが街を楽しむ場面を増やして、さらにジャイアンがリサイタルを開こうとする危機を追加。ちゃんと短編として楽しめる密度があった。
ガリバートンネルを通る描写で、アニメ第1回を意識したようなコンテを切っている。のび太たちが『ウエストサイド物語』のように踊るアニメオリジナル描写も、ミニチュアのテレビが使える説明で『ウエストサイド物語』を映す。細かなオマージュが楽しい。


ドラえもんをのぞいちゃえ!」は、のび太ドラえもんの仲の悪さをセワシが案じていたところ、ドラミの助言で観察することになった。モニターに映されるドラえもんの毎日は……
セワシとドラミちゃんがドラえもんを観察するエピソードは原作にもあるが、公式サイトのおはなしリストでは原作表記がない*2
「ゆめの町、ノビタランド」「ドラえもんをのぞいちゃえ!」|ドラえもん|テレビ朝日
実際、いくつかの描写が今回のアニメに反映されている原作短編の「ションボリ、ドラえもん」は、ドラミちゃんがドラえもんのかわりをする展開だ。のび太がいない時間帯でドラえもんが何をしているのかアニメオリジナル描写で見せる今回は、物語の構造が異なる。
いわば今回は、40周年記念でドラえもんの日々を総集編のように見せるエピソードだ。さまざまな恋の相手がいる描写や、ひまつぶしにスライムで遊ぼうとする描写なども、ちゃんと原作やアニメに元ネタがある。
いつもと違った視点からドラえもんのび太の日常を見ること自体が楽しいし、細かい元ネタの確認がまた楽しい。視点のコンセプトは原作から引いているので違和感もない。ファンサービスとして完璧な回だった。

*1:2010年のスペシャルで再放送もされた。『ドラえもん』町内突破大作戦/映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史/ゆめの町ノビタランド - 法華狼の日記

*2:ちなみに現在のWikipediaでは、カラー作品集の第1巻に原作があるかのような表記になっているが、読み返しても該当するエピソードが見当たらない。ドラえもんのアニメエピソード一覧 (2005年4月 - ) - Wikipedia

マッドハウスの制作進行がブラック企業ユニオンに参加したとの報

最初にツイートしている代表作は、生え抜きの監督によるものではなく、東映出身の監督による十年以上前の2作品だが、日テレとの関係の深さを象徴するタイトルでもある。



マッドハウスは日テレの子会社化もしているわけだが、ソニー傘下のアニプレックスが2005年に新興した制作会社A-1 Picturesも、2010年に制作進行が自殺して労災認定された。アニメ業界の外の大手企業の傘下になっても環境の改善ができないことは残念きわまりない。
しかし、業界全体が構造的に問題をかかえている時、問題が表面化するのは相対的にマシなところからという場合もある。あまりにも余裕がない労働者は、新たに労働組合に参加したり立ちあげたりすることが難しい。この事例も、良くも悪くもそうなのかもしれないという可能性を留意しておきたい。